生活習慣を見直せば治る?20代の抜け毛の原因

[最終更新日]2016/06/21

抜け毛、薄毛と聞くと中年の男性に多い悩みと思う人が多いかもしれません。

しかし最近は若ハゲ、若年性脱毛症という言葉もあるように、20代から抜け毛が多くなるというケースも増えてきています。

と言うわけで今回は20代から発生する抜け毛の特徴と原因、その対策をご紹介します。

20代の抜け毛の特徴

まずは20代の抜け毛は、30代や40代の抜け毛と違いはないのかという話をします。

抜け毛は中年の男性に多いイメージがあるのは、AGA(男性型脱毛症)が存在するからです。これは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れて、脱毛効果のある男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることで発症します。このホルモンバランスの乱れが起こりやすいのが30代後半から40代なので、この時期の男性は抜け毛が増えてくるわけです。

なので20代の抜け毛がAGAからくる抜け毛であるという可能性はかなり低いです。もちろん0ではないのですが、20代の抜け毛の原因として主に取り上げられるのは生活習慣の方です。ストレスの溜めこみ、過剰な飲酒や喫煙、不規則な生活リズムなど様々な要因から若ハゲは発症します。20代の抜け毛の特徴としては、この生活習慣が原因というのが挙げられます。

抜け毛 原因 20代

もう1つの特徴としては、生活習慣を直すことで、抜け毛の進行を止めることができるという点です。AGAになると抜けた毛を元に戻すのが難しいケースが多いですが、若ハゲの場合ならまだ間に合います。早めに原因を突き止めて対策をすることで、抜け毛が進行しないようにしていきましょう。

20代の抜け毛の原因とは?

20代の抜け毛の原因はAGAよりも生活習慣の方が可能性が高いです。ここではどんな生活習慣が抜け毛に繋がるかを具体的にご説明します。

まず1つ目はストレスです。ストレスを溜めこむと何が起きるかと言うと、自律神経が乱れます。この自律神経は体の活動を調整してくれるのですが、これが乱れると血管の収縮がおかしくなります。つまりストレスを溜めると血行が悪くなるんです。髪の毛に栄養を送っているのは血液なので、血行が悪くなると栄養をもらえなくなり、抜け毛になってしまうというわけです。

2つ目は過剰な飲酒や喫煙です。少量であればお酒は血行を促進する効果があるので問題ありませんが、過剰に摂取すると髪の毛に必要な栄養であるアミノ酸がアルコールの分解のために使われてしまいます。喫煙はタバコに含まれているニコチンが血行不良を引き起こす成分なので、こちらも髪の毛の健康に悪影響を及ぼすことになります。

3つ目は食生活です。髪の毛に必要な栄養は血液から送られるわけですが、この栄養には食べ物から摂取した栄養も含まれます。問題なのは髪の毛にとって悪影響を与える栄養も送られるという点です。良い栄養だけを送るなんて器用なことは血液にはできません。脂っこいものや甘いものは髪の毛にとってあまり良い栄養を含んでいません。コンビニやファーストフードなどでいつも同じものばかり食べていると抜け毛を進行させる原因になってしまいます。

抜け毛 原因 20代

4つ目は睡眠です。睡眠不足によってホルモンバランスや自律神経が乱れることになります。結果的に血行不良を招くので十分な睡眠を取りましょう。特に午後10時から午前2時の間に寝ていない場合に抜け毛の危険性が高まります。

20代の抜け毛の原因は主にこれらになりますが、基本的に血行不良になってしまうと抜け毛の可能性も高まるということを覚えておきましょう。

こんな人は抜け毛が起こりやすい!

それではここからは抜け毛が起こりやすい人の特徴をご紹介します。自分もこの中に含まれていないかチェックしてみてください。

まず1人目は飲み会に参加しまくっている人です。先ほども説明したように過度の飲酒は抜け毛の原因になります。20歳になってようやくお酒が飲めるようになると、やはりドンドン飲みたくなりますよね。しかも大学のサークルなどで飲み会に何度も出席しているとなると、かなり抜け毛の危険性が増えてきます。過度の飲酒による抜け毛はアルコールの分解が原因なので、もちろんアルコールの分解力が強い人は問題ないです。しかし日本人の半数は分解力が弱いと言われているので注意しましょう。

抜け毛 原因 20代

2人目は慢性的に寝不足の人です。睡眠は自律神経の安定にも関わってきますし、髪の毛の成長を促すためにも早めに寝ておく必要があります。寝不足かつ寝るのが深夜2時過ぎの人は特に注意が必要です。

3人目はストレスを溜めやすい人です。ストレスを発散する方法や趣味を持っていない人はかなり危険です。我慢のしすぎは体に悪いので、どこかで必ずストレスを発散しておきましょう。

4人目はヘビースモーカーの人です。喫煙自体が髪の毛の健康には良くないですが、1日に1箱吸いきってしまうようなヘビースモーカーは特に注意が必要でしょう。

5人目は眼精疲労の人です。これはかなり意外だと思いますが、理由はアルコールの時と一緒です。眼精疲労によって目が乾燥すると網膜に傷が付きます。この網膜の修復にはシスチンというアミノ酸が使われています。このアミノ酸はアルコールの分解の時にも使われていますが、髪の毛の生成にも使われているアミノ酸です。網膜の修復にこれを使うと髪の毛を生成する分が無くなって抜け毛になりやすくなってしまいます

抜け毛 原因 20代

抜け毛になりやす人の特徴は分かりましたか。結構意外な特徴もあったかと思いますが、このどれかに当てはまっていると抜け毛の可能性が非常に高まりますので、よく自分の生活を照らし合わせて確認してみてください。

20代の抜け毛の対策方法

さてこれまでに20代の抜け毛の特徴や原因、なりやすい人をご紹介してきましたが、ここからはいよいよ対策についてご説明します。基本的に生活習慣を改善することが大事ですから、自分の生活を見直してどこに問題があるかを確認した上で対策を取るようにしてください。

まず1つ目の対策はバランスの良い食事です。髪の毛の健康に大事な栄養と言えば、タンパク質、亜鉛、ビタミン(特にB群)と言われています。しかしこれに偏っても体の健康としては全く良くないです。自分の食事を振り返って、これらの栄養素を摂取できているか、不足していないかチェックしてから食べ物を考えましょう。豆腐などの大豆食品や、チーズなどの乳製品がこれらの栄養を取るのに適していますよ。

抜け毛 原因 20代

2つ目は禁酒、禁煙です。タバコに関しては抜け毛以外にも内臓系の病気にも関わってくることもあるので、止められるなら止めるべきですし、吸ってみたいと思っている人は何かしらの代案を考えましょう。禁酒に関しては厳密にする必要はありません。休肝日を作ったり、1日の摂取量を減らしたりすることで対策していきましょう。

3つ目は早寝早起きです。髪の毛の元とも言える毛母細胞は午後10時から午前2時の間に活発に活動します。この時間に寝ておくことで、睡眠時に分泌される成長ホルモンを毛母細胞に送ることができます。髪の毛の発育にはこの時間の睡眠は欠かせないので、生活リズムを改善しておきましょう

4つ目はストレス発散です。趣味があればそれに興じる時間を増やすなどでも良いですが、もしもインドアな趣味であれば体を動かすことも考えておきましょう。20代であればそこまで極端な運動不足の人も少ないとは思いますが、ストレッチ程度の軽い運動だけでも定期的にしておきましょう

20代の抜け毛は生活習慣が主な原因です。体の健康を維持するためにも、若い内から規則正しい生活を心がけていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*