AGAの高性能な新薬!アボルブの発毛効果はどれくらい?

[最終更新日]2016/07/19

AGAは世界中の男性の悩みの種であるせいか、次々と高性能な治療薬が出来てきています。

今回ご紹介するアボルブもその1つです。

しかし、効果的な薬ということは副作用もそれなりのものがあるということです。しっかりと熟知してから使用するかを考えましょう。

アボルブとは?

AGAの治療薬として有名なのがミノキシジルやプロペシア。しかしそれ以外にも大変効果的な薬が存在します。その一つがアボルブと呼ばれる薬。あまり馴染みがない方もいると思いますが、この薬は前立腺肥大症の治療薬として、そもそもイギリスの製薬会社が作ったもの。

アボルブ 発毛

イギリスの大手の製薬会社、グラクソスミスクラインが開発をし、前立腺肥大症の治療効果が高く、同時にAGAの薄毛にも効き目を発揮した為、現在では薄毛治療薬としても有効とされています。

アボルブの効果を知る前にまず理解しておきたいのがAGAの原因。色々な要因が重なることは皆さんご存じだと思いますが、AGAは男性ホルモンのテストステロンが5a-リダクターゼという酵素により、薄毛原因となるDHTと呼ばれるホルモンに変化することが原因といわれています。

アボルブにはデュタステリドと呼ばれる成分が含まれているのですが、この成分は原因となる男性ホルモンを活発にする酵素を抑制する働きがあるため、AGAの治療にとても有効なのです。

今までは薄毛治療といえばミノキシジルやプロペシアが大変有名ですが、人気のあるプロペシアと比較するとアボルブの薬の残存期間は長く、プロペシアが8時間程度に対して、アボルブは2週間あります。

このように薬の成分が血液中に残りやすい特徴があるため、効果が引き出しやすく、しかも長時間持続するメリットがあるのです。薄毛は人それぞれの原因があるため、同じ薬では効果を実感できない場合もありますよね。

アボルブは今までの薄毛治療薬以上に有効的であり、しかも効果を期待しやすい薬として注目されています。

前立腺肥大症でしかも薄毛の男性にとってはアボルブは一石二鳥となる薬。色々な治療薬が開発されている近年、大切なのは自分に一番合った治療方法を選ぶ事ですね。

AGA治療にアボルブが有効な理由

AGA治療にアボルブがとても有効であるといわれていますが、その理由は成分のデュタステリドにあります。この成分はAGAの原因になる酵素5a-リダクターゼのⅠ型とⅡ型に作用する特徴があります。

この2種類の酵素はどちらも男性ホルモンのテストステロンに結び付く働きがあり、薄毛を招くホルモンDHTと生成する原因になっています。すると薄毛が進行し、抜け毛の症状もさらに範囲を広げてしまいます。

アボルブはⅡ型の酵素を抑制する為、AGAには大変効果的です。これは治療の主流として使用されているプロペシアも同様の働きを持っていますが、アボルブはそれだけでなくⅠ型にも効き目があることが一番の違いでしょう。

アボルブ 発毛

プロペシアで治療をしても効果がそれほどないという方は酵素がⅠ型によることが原因かもしれません。そのようなAGAに効き目を発揮できるのがアボルブ。DHTの生成を抑制し薄毛の進行を予防してくれます。

プロペシアは抜け毛の予防をし、薄毛を現状維持する進行遅延の働きがあることで有名ですよね。しかしアボルブはそれだけでなく、発毛効果もあるため髪のボリュームもさらに出やすく、効果を実感しやすい治療薬なのです。

AGAは20代から50代の男性に見られる男性型脱毛症です。進行性の薄毛のため早めの対処が必要になります。

色々な方法を試しても、満足できる効果がない場合は根本的な原因ホルモンについても意識してみるとよいでしょう。薬が効かないのでなく、原因に合った薬を使っていないことが問題なのです。

男性ホルモンの過剰分泌を改善するためには、原因となる酵素の抑制が必要になりますよね。そこでアボルブは今後の薄毛治療にも大変期待されている薬です。

ミノキシジルやプロペシアでそれほど効果がなかった方は、ほかにどんな治療方法があるのか、まずは医師と相談してみましょう

アボルブの副作用とその症状とは?

AGAの治療薬として注目のアボルブですが、効果がある反面注意したいのが副作用。アボルブの副作用にはまず勃起機能不全があります。副作用はすべての人に起こるものではなく、しかも症状の度合いも異なります。薄毛治療薬はプロペシアも同様に、男性の性機能低下が良く報告されていますよね。

アボルブ 発毛

アボルブも同様に個人差はありますが、勃起機能に障害が出る場合があります。またプロペシアに比べると薬の成分が強い為、このような副作用はでやすいとも言われています。アボルブの副作用は他にも乳房障害があります。薬を服用する男性の乳房が女性のように膨らみだし、乳頭に痛みがあるなど。この症状は薬の働きにより、男性ホルモンが急激に低下してしまうことが原因といわれています。

薄毛治療における副作用は患者さんにとって治療を続けるか、それとも副作用のために治療を辞めるかの大変苦渋の選択にもなっていますよね。そんな場合は必ず医師と相談をして一番ベストな判断をしましょう。乳房障害はすべての人に起こるものではなくリスクとしては1.5%程度といわれています。

またアボルブの副作用は勃起機能低下するだけでなく、性欲自体が減退する症状もありますが、これもリスクとしては少なく、全体の1.7%程度といわれています。

さらに蕁麻疹やアレルギー反応などの副作用が起こってしまう可能性もあります。敏感肌やもともとアレルギー体質の方はこのような副作用もでやすく、いままでのアレルギー症状がさらに悪化にしてしまうケースもあります。

またアボルブは肝臓機能に負担をかける場合もあり、ごくまれに肝機能障害や慢性肝炎、急性肝炎を招く場合もあります。

AGAの治療薬を使用する際は、体調の異変を感じたらすぐに担当医師と相談をしましょう。体の負担を抑えた治療方法もたくさんありますので、検討しなおすことも必要ですね。

こんな人にアボルブは危険かも

アボルブの副作用は特に注意したい人がいます。どんなタイプの人が対象になるのか早速ご紹介しましょう。

まずはアレルギー体質の方。アボルブは過敏症になる特徴がありますので、すでにアレルギーの方は症状が悪化する可能性があります。もともとアレルギー症の場合はアボルブの使用を避けたほうが安全ですね。

そして車の運転をする方や車で仕事をする方もアボルブは注意しましょう。薬の副作用でめまいを起こす場合があり、運転中には大変危険な症状です。自分ひとりだけで車に乗っているならまだしも、家族が一緒の場合は他の人も危険にさらすことになりますよね、アボルブを服用した場合は車に乗らない事。運転中にめまいなどの症状を感じたらすぐに運転を辞めるか、他の人に変わって運転をしてもらいましょう。

車だけでなく危険な機械操作や作業を行う人も同様です。アボルブの副作用により、作業に集中できなくなると大変危険です。

またアボルブがおすすめできない人は肝機能障害を持っている方。薬は肝臓に負担を与える場合がありますので、どうしてもアボルブを使用した場合には必ず医師と相談をしましょう。

また子供が欲しいと願う方もこの薬は悪影響になる可能性があります。アボルブは男性型脱毛症の治療薬ですが、女性が使用すると胎児に影響ができるなど、とても深刻な副作用があります。妊娠後はもちろんですが、妊娠計画中から使用を控えて胎児の発達に影響がないように慎重になりましょう。

とても話題になっているアボルブですが、手に入れるには個人輸入という方法があります。値段も安く手に入るため、長時間続く薄毛治療には費用の節約になるメリットがありますよね。

現在は医療機関でアボルブが処方されることはなく、個人輸入で入手するしかありませんこの経路で薬を手に入れるのが抵抗を感じる方も使用を避けましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*