AGAというのは毛髪サイクルが見られる事によって発症する病気

[最終更新日]2017/07/01

11944654

AGAというのは毛髪サイクルが見られる事によって発症する病気になります。
髪の毛というのは一本一本寿命があって成長期から休止期までのサイクルを繰り返しています。
子供髪サイクルが成長する段階の時に髪の毛に対して贈られる栄養分が不十分の場合、弱くて細い髪の毛ばかりが作られ、次第に抜け落ちてしまうようになります。
ここでは毛髪サイクルの乱れが原因と言ったことについて考えてみましょう。

毛髪サイクルが見乱れてしまう原因は人によってそれぞれ異なりますが、治療を行うためにもサイクルについて十分に理解しておく必要があります。
毛髪サイクルが乱れる原因として最も多いのは男性ホルモンの影響です。

もちろん遺伝やストレスといったものもあげられますが全ては男性ホルモンの分泌量に関係します。

AGAの男性ホルモンによる影響

明治を引き起こしている主な原因となってるのテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。
このテストステロンは5アルファリダクターゼと結びつくジヒドロテストステロンに変換されます。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に影響を与え、髪の毛の成長サイクルを悪化させてしまいます。

ストレス

ストレスが蓄積してしまうと自立神経が緊張してしまい血管の収縮を引き起こします。
頭皮に送られる血行が悪くなると膀胱炎の栄養が十分に行き届かなくなってしまいますので、髪の毛の成長に必要な栄養分が届かない状態というのは薄毛につながってしまうわけです。

もちろん食事も髪の毛の成長に大きく影響します。
脂肪分が多く塩分濃度も高く、糖分を多く含んでいる食べ物をたくさん食べてしまうと薄毛の原因になります。
多く摂取しすぎてしまうと血行が悪くなってしまい髪の毛に届く栄養分が十分に気届かなくなってしまったり、結構が悪くなってしまうことによって頭皮の状態もどんどん悪くなります。

髪の毛の主成分でもあるたんぱく質が不足してしまうと髪の毛細くなってしまいますので摂取しすぎるというのも良くないのです。
そのため、AGA治療を行う場合には、専門クリニックに行く前にまずは治療前に生活習慣の改善などを心がける必要があるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*