AGAを20代で改善するために日常生活の中でできること

[最終更新日]2016/10/31

aga 20代

AGA(男性型脱毛症)は基本的に30代後半の男性に見られる脱毛症です。しかし遺伝的要因や生活習慣によってはAGAが20代から発症してしまうケースも近年増えてきているようです。

若い内からはげてきて恥ずかしい、早く治したいと考えている方のために、今回は20代のAGA治療法をご紹介します。

AGAになってしまう人の特徴、5つ

基本的にAGAは30代後半から40代に多いと言われていますが、最近では20代からAGAが発症するケースも増えてきています。では20代からAGAになる人にはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは5つご紹介します。

まず1つ目は遺伝です。薄毛は遺伝で受け継がれると良く言われていますが、実際に受け継がれる要素があるからこそ言われているのです。しかしAGAがそのまま受け継がれるという事はありません。両親が若いころからAGAだったとしても、子供も必ずAGAになるとは限りません。これは遺伝で受け継がれるのがAGAではなく、AGAになりやすい体質だからです。AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの生成から発症しますが、このDHTの生成が活発に行われるかどうかが遺伝で決まります。しかしこのDHTの生成というのは後天的に防ぐ方法があるため、両親がAGAだったとしても子供がAGAになるとは限らないわけです。もちろんなりやすい体質である事には変わりありませんが。

2つ目はストレスです。ストレスが原因で起こる抜け毛と言うと円形脱毛症が多いですが、AGAになる可能性も少なからずあります。ストレスが原因となって体調不調を引き起こし、そこからホルモンバランスが乱れる事もゼロではありません。仕事や勉強が思うようにいかない、趣味の時間後取れなくてストレスが発散できない状態が長く続いている人は注意しましょう

3つ目から5つ目は先にまとめておきますが、生活習慣が関係していると言われています。AGAはホルモンバランスの乱れから引き起こされる症状ですので、日常生活の過ごし方によってはAGAになりやすい環境になっている可能性が高いです。特に注意すべき点が飲酒と喫煙食事、そして睡眠の3つになります。

飲酒と喫煙はどちらも血行不良を引き起こします。髪の毛の健康状態は血行の良し悪しが関わっているので、血行不良になると髪の毛が薄くなりやすいです。これは髪の毛にとって必要な栄養を血液が送っているからです。

髪の毛がしっかりと生えていると言うのは当たり前のように感じられるかもしれませんが、髪の毛たちも生きているのです。そして生きている以上は栄養が必要です。その栄養の供給は基本的に食事からとなっています。そのため栄養の偏ったバランスの悪い食事をしていると若はげ、AGAの早期発症に繋がってしまうのです。特に甘いお菓子やインスタントラーメンばかりを食べている人は要注意です。

そして最後に睡眠です。髪の毛の成長を促す成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に最も分泌されていますこの時間帯に寝ていない人は髪の毛の健康状態が悪くなっているでしょう。最近になって若はげが多くなってきているのは、この睡眠時間の変化があるからではと言われています。また寝る前にパソコンやスマホの光を浴びていると熟睡できず、体の疲れが残ってしまいます。体の疲れが取れていないと血行も悪くなりますし、免疫力も低下してしまいます。

このように20代からAGAになってしまう人の大半は生活習慣に問題を抱えている事が多いのです。

AGAを20代で治すために日常できること

20代からAGAになってしまい、頭頂部が気になって仕方ない。みっともない頭髪で恥ずかしいと思っている人も多いでしょう。しかし先ほど原因を説明したように多くの方は日常生活が健康的でない事に由来しているのです。つまり日常生活の過ごし方を変えるだけで、AGAの治療ができるのです。これは20代のAGAだからこそできる治療法です。

では具体的にどのように改善していけばいいか、詳しくご説明いたします。

まず1つ目は飲酒と喫煙を止める事です。止められるなら当然止めるべきです。しかし普段から愛用している人からすればいきなり止めろと言われても止められませんよね。ましてタバコはストレス軽減として吸っている人も多いと思いますので、吸えなくなったら余計にストレスを感じてしまい、AGAの発症を早めてしまう事でしょう。なので少しずつ減らしていくようにしましょう。止める事にストレスを感じるようなら無理する必要はありません。AGAの対策は他にもありますので、大事なのは対策をしていてストレスを感じないようにする事です

2つ目は食事です。バランスの取れた食事をするのが理想的ですが、仕事が忙しいとやはり簡単に済ませたくなってしまいますよね。そういう時のためのサプリメントです。お勧めはビタミンとミネラルが多く含まれているサプリメントです。これらは髪の毛の生成に必要な栄養素なので、すでにAGAが発症して抜け毛が気になっている人は特にお勧めですよ。

3つ目は睡眠です。こちらは当然午後10時から午前2時の間に寝れるように早寝早起きの生活リズムを作るのが理想的です。しかしこちらも仕事の関係上で難しいという人が多い事でしょう。そういう人はとにかく寝る前にパソコンやスマホ、テレビやゲームなどの光を浴びないようにするところから始めましょう寝る30分前には見ないようにするのが理想です。紙媒体の本でも読んでから寝るようにしましょう。

ここまでは生活習慣を直すという対策でしたが、ここからはより育毛や発毛の効果を高める対策となります。

まず1つ目は育毛シャンプーや育毛剤を使う方法です。育毛剤は20代の方だと中々手が出しづらいでしょう。実家で暮らしていると親に薄毛だとバレて恥ずかしいと感じてしまう人もいるでしょうから、お勧めは育毛シャンプーです。普段使っているシャンプーを別の物に変えるだけですし、ほとんどの人は毎日お風呂で頭を洗っているはずですから、AGA治療用に新しい手間がかかるという事もありません。育毛シャンプーを利用しつつ頭皮のマッサージを行って血行も良くしていけば、意外と効果を発揮してくれますよ。

そして最後の5つ目がクリニックでの治療となります。これまでの治療法よりも非常に効果的で、確実にAGAを治したいと考えているのならまずクリニックで相談する事をお勧めします。

本気で治すならクリニックでの治療を検討しよう

クリニックでの治療法は非常に高い効果を発揮してくれます。というのもクリニックは薄毛を専門として治療している医師の方ばかりですから、個人ではできない治療法をいくつも用意しています。

特に近年注目されているのがHARG治療という物で、髪の毛に必要な栄養を頭皮に直接注入する治療法となっています。定期的に通院して注入してもらうだけなので、日々の生活では特別な事をしなくて済みますし、多くの方がAGAが改善したと言ってる治療法なのです。

他にも自毛植毛という自分の別の場所の髪の毛と脱毛部分に移植するという治療法もあり、こちらはAGA診療ガイドラインでも推奨されるほどに効果と安全性が確保されている治療法になっています。

このようにクリニックでできる治療法は自宅ではできない物ばかりで、そしてその効果も確かな物となっています。

もしも本気でAGAを治したいと考えているのなら、クリニックでの専門的な治療を受けつつ日常生活を健康的に過ごすよう対策してみてください。

おすすめのAGA&HARG治療クリニックの紹介はこちら

まとめ

  • 遺伝やストレス、生活習慣等によってAGAが発症されることが多い。
  • 多くの方は日常生活が健康的でない事に由来している。
  • 本気でAGAを改善・治療したいと考えているなら、クリニックで専門的な治療を受けることをおすすめします。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*