AGA(男性型脱毛症)の発症ってどうやったら予防できるの?

[最終更新日]2016/06/27

男性型脱毛症 予防

AGAはよく発症してから気に掛ける方が多いですが、実は予防もできることはご存じですか?

AGAは遺伝すると言いますが、それはあくまでも要因の一つにすぎません。

他の要因にさえ気を付けていれば予防は十分できるのです。

AGA(男性型脱毛症)は予防できるのか

AGA(男性型脱毛症)は予防ができます。原因は一つだけには特定できませんが、日頃の生活習慣などを改善することで頭皮の健康を保ち、薄毛、抜け毛を予防は可能です。

男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれる薄毛で悩んでいる方は大変多く、男性ならば誰にでも起こる可能性があります。若い時は髪のボリュームがたくさんあっても、年齢ともにホルモンの働きも変化し、さらに長年積み重なる頭皮に悪い習慣は、抜け毛の原因に。

また最近では若い年齢層の人にもAGAが増えていますが、その原因の一つがストレスです。ストレスは決して特定の人だけが対象ではないため、薄毛は他人事ではないのです。また遺伝も関係しているため、家族にはげている人がいる場合も注意です。

AGAは思春期を過ぎた男性に発症する病気ですが、早い人には10代の方でもみられるようです。一番多い世代が30代。30代以降になると男性ホルモンのテストステロンの分泌量も変わる為、さらに薄毛は起こりやすくなってしまいます。

男性型脱毛症 予防

では男性型脱毛症は予防せずに発症を待つしかないのでしょうか。その心配はありません。男性ホルモンの分泌量自体を変えることはできませんが、生活習慣などの改善によりホルモンの働きを安定させることが可能です。

またAGAは早期発見して治療をすれば必ず治る病気なので、日頃から頭皮や毛髪の状態を把握しておくことが男性型脱毛症の予防策の一つになります。またホルモン以外にも複雑な原因が重なる為、自分で注意できる点はなるべく日頃から意識して生活をしたいですね。食生活、睡眠、運動、など健康な体を維持することが薄毛予防にもメリットになります。

薄毛はある日突然起こるのでなく、気づかないところから始まっています。なので始まりのサインを見逃さないことが大切です。適切なタイミングで治療を開始すれば薄毛は克服できるのです。

AGAの前兆を紹介

AGAは男性ホルモンが関係しています。血液中の男性ホルモンテストステロンの量が増えると男性型脱毛症を発症すると考えられていますが、いまだにはっきりとした原因はわかっていません。

しかしAGAと呼ばれる男性型脱毛症は早期の対策が大変治療にも効果的になりますので、もしかしたら?という前兆を見逃さないことが重要です。そこでぜひ覚えておきたいAGAのサインについてご紹介しましょう。

  • シャンプー時の抜け毛が増える
  • 細い髪、短い髪が抜けるようになる
  • 頭皮がべたつく
  • 髪が細くなってきた
  • おでこが広がる
  • こめかみ部分が薄くなってくる
  • 地肌がすけて見えるようになる

このような症状を発見したらAGAの可能性が高い為、すぐに対処をとりましょう。髪や頭皮はできれば週に一度はチェックすること。またシャンプーの時に抜ける髪の量や質にも敏感になる生活習慣を心がけましょう。男性型脱毛症は予防ができる病気です。他人事だと思って油断をしていると、いつの間にか薄毛が進行していますよ。

髪が残っていればいるほど治療は簡単になります。しかし髪が完全にぬけて頭皮がつるつるの状態になってしまうと、AGAの治療も困難になってしまいます。早期発見するためにも、日頃の頭皮チェックは欠かせませんね。

前兆があるときは頭皮マッサージ、生活習慣の改善など、まずは自分でできる頭皮ケアから始めてみましょう

またAGAは遺伝すると諦めている方も少なくないのですが、あくまで「薄毛になりやすい体質」を受け継いでいるだけなのでしっかり対策していれば予防も可能です。将来が不安な方は今日からでも意識してみると良いでしょう。

こんな人はAGAになってしまうかも!

AGAはホルモン分泌が影響していますが、原因はそれだけでなく薄毛になりやすい頭皮環境は日頃の生活の中にも隠れています。AGAは誰にでも可能性がありますが、特になりやすい人がいることをご存じですか?

同年代の人でも髪の量は人それぞれ。薄毛になると実年齢よりも老けて見えるデメリットがありますし、とても精神的にストレスになりますよね。そこでAGAになりやすい人の特徴について知っておきましょう。

まず大きな原因になるのがストレス。ストレスは自律神経の働きを不安定にし、皮脂の分泌が正常にできなくなる原因。また男性ホルモンの働きも安定しない為薄毛になりやすいといわれています。仕事、人間関係、家庭などストレスに感じることは世の中たくさんありますよね。ストレスと上手に付き合うことが薄毛対策としても重要です。

また食生活も頭皮の栄養補給として重要なポイント。栄養バランスが悪い食事や暴飲暴食、また深夜の遅い食事などは胃腸機能に負担をかける原因。栄養の消化吸収が鈍ってしまうと、頭皮の栄養不足につながります。

また発毛には亜鉛やたんぱく質などの栄養が欠かせない為、偏食する人は薄毛になりやすい頭皮環境があるといえますね。

男性型脱毛症 予防

喫煙や飲酒も同様に血行の循環を悪くする原因。頭皮の血管が収縮すると十分な栄養が毛根に運ばれない為発毛機能にも影響が出てしまいます。AGAは家族に薄毛の人がいなくても発症することがよくあります。

遺伝とは全く関係なくても、このような頭皮に悪い生活習慣が長年蓄積されると薄毛になりやすくなってしまうのです。髪は体の一部。抜け毛増えたり、髪が細くなってしまうのは体の異常のサインですよ。気になる生活習慣やストレスなどを改善しないと、健康を害する原因にもなりますのでご注意くださいね。

AGAの予防方法!

AGAを予防するにはどんな方法があるでしょうか。現在のところ、AGA(男性型脱毛症)のはっきりとした原因は解明されていません。しかし薄毛を引き起こす要因は色々わかってきている為、頭皮の状態を把握しながら予防は可能です。

まず簡単に始められるのが育毛剤。育毛剤にはAGAの原因となるホルモンを抑制する有効成分や血行改善の成分も配合されていますので大変効果的な頭皮ケアができます。そして同時に注意したいのが頭皮に与えるダメージ。刺激の強いシャンプーも育毛シャンプーに変えるなど、栄養を補うケアが効果的です。

またAGAは生活習慣により発症しやすくなると考えられていますので、睡眠不足や運動不足を解消することも大切ですね。特に睡眠は薄毛原因となるホルモンを安定させるためにとても大切。紫外線のダメージから回復するにも、質のよい睡眠は欠かせません。

またAGAは頭皮に必要な栄養補給をすることも忘れてはいけませんね。将来薄毛になる不安がある方は、亜鉛やたんぱく質を心がけて摂取するようにしましょう。特に亜鉛は毛母細胞の働きに欠かせない栄養分で、ほとんどの男性が不足しているともいわれています。豚レバー、卵、乳製品などバランスよい食生活が髪にもメリットになりますよ。

食事が不規則な方はサプリメントで栄養補給するのも方法の一つ。偏食しがちな方には特におすすめですね。

男性型脱毛症 予防

このようにAGAの予防法は色々ありますが、あらゆる角度からアプローチしたほうが効果的です。生活習慣の改善は一日だけ行っても全く効果はありませんのでできる限り継続しましょう。

AGAは予防対策が大切ですが、もし薄毛の兆候が表れたときはすぐに医療機関で相談することも重要です。適切な治療を早い段階で行えば必ず症状は改善される病気です。そのためにも豊富な知識を持ち、日頃からの予防対策に力をいれましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*