円形脱毛症になってもカラーリングは出来る?頭皮への影響は?

[最終更新日]2016/09/26

人によっては髪形は重要視する部分になって、円形脱毛症で10円禿げができたことに大きなショックを受ける方もいると思います。中には普段からカラーリングで髪色を変えてオシャレを楽しんでいた人もいるかもしれません。そういう方々はおそらく円形脱毛症の時にカラーはしても大丈夫なのかと疑問を抱いていることでしょう。

そんなわけで今回は円形脱毛症が発症している時にカラーリングしても大丈夫なのかという点を重点的にご説明いたします。

カラーリングによる頭皮へのダメージとは?

まず先に知っておいてほしいのが、カラーリングによる頭皮へのダメージです。カラーリングを頻繁にしていると薄毛や禿げになってしまうという話をよく聞くと思います。これは事実で場合によっては頭皮に関わらず別の疾患を引き起こす原因にもなり得ると考えられています。

頭皮に与えるダメージはかなり大きく、人によっては使用時にすでにヒリヒリとした痛みやかゆみを感じる人もいると思います。これはカラーリングの成分がアルカリ性主体であることに由来し、頭皮へのダメージの原因でもあります。

痛みやかゆみがないからと安心している人も要注意です。カラーリングによる頭皮のダメージはすぐに症状として発生しません。何度もカラーリングを使用して蓄積されたダメージが、薄毛や脱毛症に繋がって表れる事が多いです。
円形脱毛症に限らず基本的にカラーリングは頭皮にとっては良いものではありません。だからこそ使い方や使う頻度が重要な要素になってくるわけです。

知っておきたいカラーリングの種類と頭皮への影響

カラーリングは頭皮に悪影響を与えやすいという話をしましたが、もちろんこれは利用するカラーリングの種類によって差があります。ただ基本的には良いものではないと言うことを念頭においてください。

それではカラーリングにはどのような種類があるか、髪と頭皮に与える影響の小さい方から順にご説明いたします。

まず1つ目は一時着色剤です。その名の通り一時的に髪の表面に顔料などで色を付ける方法で、シャンプーで簡単に洗い流せるカラーリングです。髪の毛の表面に色を付けるだけなので髪に対するダメージも、頭皮に与えるダメージもほとんどありません。ただ毎日カラーリングする手間があるので、長期的に色を変えておきたい場合には不向きです。

2つ目はヘアマニキュアです。こちらも髪の表面を染める方法ですが、1ヶ月ほど色が保たれるので持続性に違いがあります。髪の毛に与えるダメージはこちらも少ないですが、頭皮に付いた場合にはその持続力が仇となって、頭皮にヘアマニキュアの成分が残ってダメージを与えることになります。頭皮に付かないように細心の注意を払えば、ダメージの危険性も少なく持続力もある優秀なカラーリング方法と言えるでしょう。

3つ目はヘアカラーです。一般的なカラーリング方法で2か月から3ヶ月は色が持続されるため定期的に利用する方も多いと思います。しかしながらこのヘアカラーでは髪の毛のキューティクルを開いて内部から色を変えています。先に説明した2つとは色の染め方に違いがあるのです。このキューティクルを開くアルカリ性の成分が、頭皮にとってはダメージの元となります。頭皮に与えるダメージはかなりあると思ってください。

4つ目はブリーチです。こちらは脱色剤と言われているように、髪色を脱色して明るくさせるカラーリングになります。使用すればほぼその髪色が維持された状態で過ごせるようになりますが、もちろん頭皮や髪の毛に与えるダメージも大きいので注意しましょう。

このようにカラーリングの種類によって頭皮に与える影響度は大きく異なります。頭皮が弱い人はヘアマニキュア、強い人はヘアカラーという風に自分の肌の性質に合わせて、利用するカラーリングを決めるようにしましょう。

こんな円形脱毛症の人は特に要注意!

さてここまではカラーリングと頭皮の関係性の基本的な部分をご説明してきました。当然ながら円形脱毛症もカラーリングと関係性があり、より注意しておくべき点があります。それは円形脱毛症の原因と治療法に関係しています。

まず円形脱毛症の原因ですが、これにはストレスだけでなくアレルギー皮膚疾患なども含まれています。カラーリングで使用するカラー剤の中にアレルギーの原因となる成分が含まれていると、円形脱毛症がさらに悪化する可能性があるというわけです。またカラー剤は頭皮にダメージを与えることがあるので、皮膚疾患を持っている方はそれがさらに悪化する可能性があります。どちらにしてもカラー剤によってさらに円形脱毛症が酷くなる可能性が高いため、使用は控えるべきとされています。

次に円形脱毛症の治療法との関係性です。円形脱毛症の治療法はいくつもありますが、その中でも有名なのがステロイドを利用した治療法です。このステロイドは皮膚の炎症を抑えるt効果と、体内の自己免疫の活動を抑制する効果の2つを持っています。円形脱毛症の原因の中には自己免疫疾患という物もあるので、ステロイドはこちらが原因の円形脱毛症の治療に役立つというわけです。問題なのはこのステロイドによって自己免疫の活動が抑制されている点です。基本的に自己免疫というのは、体の中に侵入してきたウィルスや悪い細胞などを攻撃して人体を守るための細胞です。これが正常な細胞に対してまで攻撃してしまう状態を自己免疫疾患と呼ぶわけですが、ステロイドによって自己免疫の活動が弱まると抵抗力が弱まることに繋がるわけです。その状態でカラー剤などの頭皮に悪影響を及ぼすものを使ったら、よりカラー剤から受けるダメージが増えるというわけです。単純にダメージが増えるだけでなく、場合によってはアレルギー反応を起こして炎症に繋がることもあります。ステロイドを利用した治療法を受けている時もカラーリングは控えましょう

この2つの特徴のどちらかを持っている場合はカラーリングを避けましょう。ヘアマニキュアやヘアカラーといった種類に関係なく避けるべきです。これらの円形脱毛症の方は素直に治すことを優先させましょう。

カラーリングのダメージを出来るだけ抑える方法とは?

カラーリングが頭皮に与える影響はよく分かってもらえたかと思います。しかしもしかしたら中には頭皮にカラー剤が付かなければ大丈夫なのではと考える人もいるかもしれません。この考え自体は間違っていません。実際に頭皮に付かない限りはカラー剤も悪影響を与えるのは難しいです。そのためにも、美容院やヘアサロンなどのプロの力を借りてカラーリングすることが重要なわけです。

カラー剤は最近では市販でも多くの種類が発売され、予約したり少し遠出して美容院に行く手間を減らせるため、多くの方が利用していることでしょう。しかし頭皮へのダメージを減らしたいのであれば、やはり手間を惜しまず美容院でやってもらいましょう。プロの方々はカラー剤が与える頭皮へのダメージも熟知していますので、頭皮に触れないよう細心の注意を払ってカラーリングしてくれます。頭部は自分の目では見れないので、人にやってもらった方が間違いなく上手くいきます。

それから間隔をなるべく空けることも大事です。カラー剤をどれだけ注意して使用したとしても、多少は頭皮にダメージが入ってしまいます。髪の毛には必ずカラー剤が付着するわけですから。なのでそのダメージを回復するための時間を取るようにしましょう。カラー剤を使ってから最低でも3ヶ月は間を空けるようにすればいいですが、これも人によって差がありますので心配な方は4ヶ月間を空けるようにしてみましょう。

円形脱毛症になったとしてもカラーリングは可能です。しかしながらやり方やカラーリングの種類にはいつも以上に注意が必要であるということを良く覚えておいてください。

まとめ

  • カラーリングによるダメージはすぐには表に現れず、蓄積されたダメージが薄毛・抜け毛の原因になる事が多い。
  • カラーリングの種類によって頭皮に与える影響度は大きく異なる。
  • 皮膚疾患やステロイド治療を行っている場合は、カラーリングの使用は避けるべき。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*