AGAによる頭頂部はげに効果的な発毛剤の選び方と注意点

[最終更新日]2016/10/28

AGAの症状として良く表れる頭頂部のはげ。上から見ると非常にみっともない髪形という印象を受けてしまうので、それが気になってお辞儀を深くできなくて困っている社会人の方もいるのではないかと思います。

今回はそんな頭頂部はげに効果的な発毛剤の紹介をしていきます。

発毛剤はAGAによる頭頂部はげにどんな効果がある?

そもそも発毛剤と育毛剤の違いをご存知ですか。育毛剤は髪の毛の成長を促すための薬であるのに対して、発毛剤は直接毛根に働きかけて新しい髪の毛を生やすための薬です。つまりすでにAGAが発症して脱毛部分がある人は、育毛剤ではなく発毛剤を利用した方が効果的なのです。では具体的に頭頂部はげに対してどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

まず1つ目はフィナステリドによる効果です。こちらはAGA治療薬として有名なプロペシアの主成分であり、非常に高い治療効果をもたらしてくれます。こちらはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害してくれるので、これまでDHTによって髪の毛の生成を邪魔されていた毛母細胞が、正常な活動を始めて新しい髪の毛を生やしてくれるようになるのです。確かにこれを使って治療する事で髪の毛が生えるケースもありますが、こちらはどちらかと言えば抜け毛予防としての効果の方が高いです。直接的に発毛を促してくれるわけではないので注意してください。

2つ目はミノキシジルによる効果です。こちらもAGA治療薬として有名ですよね。こちらは先のフィナステリドと違ってより発毛に特化した効果を発揮してくれます。ミノキシジルは元々高血圧用の薬として使われていて、血管を拡張する効果を持っています。血行が良くなれば髪の毛に栄養が届きやすくなるので、毛母細胞がより活発に活動して新しい髪の毛を生やしてくれる事になるのです。フィナステリドで毛母細胞を守り、ミノキシジルで毛母細胞を手助けする、これが発毛剤が高い効果を発揮してくれる秘訣なのです。

そして3つ目に塩化カルプロニウムによる効果があります。こちらもミノキシジルと同様に血管を広げて血行を良くする効果があるため、発毛にも育毛にも効果があります。ミノキシジルに比べると効果が弱いと言われていますが、その分副作用の心配もほとんどないので、副作用がどうしても気になると言う方はこちらの方がお勧めです。

発毛剤の選び方って?

実際に頭頂部の薄毛が気になって、育毛剤ではなく発毛剤で治療をしてみようと考えて色々調べたかと思います。おそらく予想以上に発毛剤の種類が多くて困った事でしょう。ここではそういった発毛剤選びで困らないためのコツをご紹介します。

発毛剤を選ぶ際に重要なのは実は口コミです。多くの方が実際に使用していて、効果があったのかなかったのかと言うのをチェックした方が失敗しにくいです。特に発毛剤で治療しようと考えている人は病院での診察なども面倒だと感じていて、自分の頭頂部の薄毛が本当にAGAなのか確認もできていない事だと思います。そういう場合はできる限り自分の症状と似ている人の口コミを探して、効果があったのかなかったのかを確認するようにしましょう。

もちろん1番はクリニックへ1度相談し、医師の方と相談しながら発毛剤を探す方法です。それに抵抗が無い人はぜひ専門家の方の意見を聞きながら探してください。

発毛剤を選ぶ時は、何の成分を使っているかという事を確認すべきですが、素人ではどの成分が良くてどの成分が悪いか中々区別がつきません。だからこそ他の人が実際に使ってどうだったかという口コミが生きてくるのです。実際の治療経過を見た上で決められるので、口コミでの意見を聞きながら探すと言うのが重要になってきます。

途中でも話しましたが、発毛剤に含まれる成分は多いので、本当に危険性が無いかどうかと言うのは素人では判断できません。なので専門家の方に相談して、自分の頭頂部の薄毛に合った発毛剤を選んでもらうと言うのは1番問題のない選び方になりますので、ぜひ1度クリニックで相談しに行ってみてください。

AGAによる頭頂部はげに発毛剤を使用する際の注意点

さてとにかく遂に発毛剤を購入して、いよいよ患部へ塗布するという段階まで来ている人もいるでしょう。もしかしたらすでに治療を進めていると言う方もいるかもしれませんが、ここで1度発毛剤を使用する際の注意点をチェックしておきましょう。

まず1つ目は今更感がありますが、自己判断していませんか。先ほどクリニックで1度診断してもらった方が良いと話したように、AGAかどうかというのはちゃんとチェックしておくべきです。なぜなら頭頂部はげと言うのはAGA以外の原因でも起こるからです。ストレスによる円形脱毛症なんかは頭頂部にあるとAGAと見分けにくかったりします。もしもAGAではなく円形脱毛症だった場合は、原因が根本的に違うため、買ってきた発毛剤が効果を発揮しない事になります治療の前には必ず診察を受けるようにしましょう。

2つ目は副作用です。フィナステリドやミノキシジルはAGAに対して高い効果を発揮してくれる反面、実は副作用の危険性が含まれています。かゆみやかぶれと言った肌荒れの症状から低血圧などの症状が出る事もあります。酷い場合には肝機能に障害が生じたり、体が女性化するなどの副作用が発生する事もあるのです。もしも個人で海外製の発毛剤を購入しているのであれば、副作用の危険性がさらに高まりますので注意してください。

3つ目は用法と用量です。医薬品のCMでも用法用量を正しく守って使用してくださいと注意されますよね。そういう決まりがあるからという理由で言っているのではなく、守らないと体に多大なる悪影響を与えるから言っているのです。発毛剤は種類が多く、もしかしたらすでに色んな発毛剤を試している人もいるかもしれません。しかしそういう人こそ注意が必要なんです。発毛剤は1つ1つ成分が違うので、1日に使う量や塗布する時のやり方などが異なってきます。それを全く知らずにとりあえず塗っておけば良いんでしょと適当に使用しては効果が薄くなるどころか悪い影響を与える事もあるんです。

発毛剤は育毛剤よりも効果が高い分、気を付けるべき点が多くあるという事を覚えておきましょう。

AGAはクリニックでの治療が安心!

頭頂部のはげも例外ではなくAGAですので、やはりクリニックでの治療がお勧めです。発毛剤は効果が高い反面、副作用などの危険な要素も含まれているので、素人判断で手を出すにはリスクが高いです。

安心して治療を受けられる環境と作りたいと言う方なら、やはり専門家のいるクリニックが良いでしょう。薄毛の治療に関しては、クリニック毎に医師の質が変わってきますので、自分が信頼できると感じた医師の方に治療してもらうのが1番です。そのためにもまずは無料でカウンセリングを行っているクリニックへ行って、実際に医師の方と話すべきです。薄毛の悩みを相談するだけでもストレス軽減に繋がるので、多少の治療効果もあります。

クリニックで行っている治療方法は薬を使う物から、植毛、HARG治療といくつもあります。特にHARG治療は副作用の心配もなく、また日常的に薬を服用する必要がないため、定期的に通院するだけで良いので、非常に治療が楽に受けられます。

専門のクリニックが少し遠い場合でも1度はやはりカウンセリングを体験しておくべきだと思いますので、ぜひ足を運んでみてください。

まとめ

  • 発毛剤は直接毛根に働きかけて新しい髪の毛を生やすための薬で、すでにAGAが発症して脱毛部分がある人は、育毛剤ではなく発毛剤を利用した方が効果的。
  • 発毛剤を選ぶ際に重要なのは口コミ。
  • 自己判断せず、クリニックで一度きちんと診断してもらった方が良い。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*