前髪の薄毛が気になる女性は生活習慣が乱れてる?!

[最終更新日]2016/09/07

女性 前髪 薄毛

見せ方によって、女性の顔の印象をガラッと変えてしまうほど前髪の存在感は大きいものです。
それゆえに、ボリュームが減ってきたり、生え際が目立ってきたりと薄毛を感じさせるような変化に気がつくと不安になりますよね。

ここでは、そのような異変が起こる原因から対策法までを解説していきます。

女性の前髪が薄毛になってしまう原因

女性 前髪 薄毛

前髪が徐々に薄くなり始めるのには必ずきっかけがあります。
それは、加齢や栄養不足など年齢や体調によるものと、前髪や頭皮へのダメージ等、外的要因によるものとがあります。
前者の方で言えば、「FAGA(女性男性型脱毛症)」が挙げられます。これは、女性の中にある男性ホルモンが毛母細胞を刺激することで、健康な髪の毛の成長を妨げるというものです。
正常であれば、女性ホルモンが男性ホルモンよりも優位に立っているので、このような現象は起こりません。しかし、女性がストレス生活習慣の乱れ等で女性ホルモンのバランスを崩すと、こうした男性ホルモンの働きを抑制することができなくなります。
その薄毛の特徴は男性のものとは異なり、髪のボリュームが全体的に減ったり、地肌が透けて見えたりすることが多いようです。しかし、稀にこの影響が前髪に出てしまうケースがあるのです。
その場合は、生え際や前頭部に抜け毛が集中している可能性があります。

次に外的要因については、「牽引性脱毛症」の可能性が考えられます。これは、前髪を巻き込んだまとめ髪等で、強い力で引っ張られている状態が続いた場合に、その部分から薄毛になっていくというものです。
この行為が長期間続くと、前髪にダメージが蓄積されていき、生え際が徐々に後退していきます。

また、「ヘアカラーやスタイリング剤の影響」も考えられます。度重なるヘアカラーや、スタイリング剤の使い過ぎは、頭皮を傷め、新陳代謝が弱まることによってヘアサイクルを乱してしまいます。

前髪が薄毛になりやすいのはこんな女性!

女性 前髪 薄毛

それでは、そのような原因を作り出している女性の特徴を見ていきましょう。

まず「FAGA」を発症する女性というのは、「生活習慣の乱れ」や「過度のストレス」等で女性ホルモンのバランスが崩れています。
睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、過度のダイエット等を続けていると、体の隅々まで栄養が行き渡らなくなります。
現代女性は特に生活が不規則になりがちです。若くても健康的な生活を送っていなければ、それが薄毛への引き金になり、その結果老けた印象に見られるようになってしまうのです。

また、ストレスを抱え込んでうまく発散できていない人も増えています。
女性の社会進出が著しくなり、男性と同様に扱われることで、多くの女性が仕事でもプライベートでも新たなストレスを感じるようになってきています。
抱えるストレスが多くても、自分なりの解消方法を見いだせず、次々に新たなストレスを抱え込むという悪循環が起こると、ホルモンバランスが崩れ、血流も悪くなり、頭皮にも悪い影響を与えるようになります。

前髪が薄毛になりやすい女性は、このように「ホルモンバランスを崩す要因を多く持っている人」であると言えます。

また、牽引性脱毛症を引き起こすようなヘアスタイルを続けている人も要注意です。
前髪をアップにする等、同じ部分にダメージが蓄積されると、そこから薄毛が進行していきます。
また、いつも分け目を同じ位置にしているために、薄毛のラインができている女性もよく見られます。

そして、ヘアカラーやパーマを頻繁に施している人や、洗髪をしっかり行っていない人等、髪の毛を清潔な状態に保てていない人も、前髪の薄毛に繋がります
ヘアカラーやパーマには薬剤を使用します。それが度重なると、その分前髪にも薬剤が多く付着するので、ダメージを与えることになるのです。
また、前髪は特にスタイリング剤を多く使用する部分です。その洗髪が不十分であると、毛穴に汚れが溜まり、健康な髪の毛の成長を阻害してしまいます。

前髪が薄毛になってしまった女性が取るべき3つの対策方法

女性の薄毛は自分の意識次第で改善できます。
できるだけ早い段階で、効果的な対策をとるための3つの方法をご紹介します。

栄養バランスのとれた食事

女性 前髪 薄毛

髪の毛の主成分であるケラチンというたんぱく質を補うために、これまでの食事内容を見直してみましょう
良質なたんぱく質は魚や大豆などから摂取できます。
また、レバーなどはビタミンB群が豊富に含まれており、たんぱく質からアミノ酸に分解してくれます。
他にも、そのアミノ酸をケラチンに変えてくれる亜鉛や、女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンなども積極的に取り入れると効果的です。

髪の毛に負担をかけない

女性 前髪 薄毛

度重なるヘアカラーやパーマは髪の毛に負担となってきます。それらを施すのであれば、間隔を2ヵ月以上開けるなどして、休ませることが必要です。
また、朝シャンなどの過度な洗髪頭皮にダメージを与えます
そして、スタイリング剤の使用もほどほどにしましょう。
髪の毛を美しく見せることや、清潔に保っておきたい気持ちは大切ですが、そのやり方や頻度を誤ると逆効果になってしまいます。そうならないためにも、自分の髪の毛の状態をよく理解し、適度に調整しなければならないのです。

ヘアスタイルを工夫する

女性 前髪 薄毛

牽引性脱毛症を引き起こす、前髪を引っ張り上げるような髪型を続けないこと、また前髪の分け目を変えることを意識しましょう。
髪の毛や頭皮に無理な力を加えず、休ませてあげることで徐々に前髪は元の姿に戻っていきます。
以上、3つの方法を見てきましたが、これらは全て、先述したように今すぐにでも自分の意識次第で実践できることです。
女性の場合、そもそもの原因を作ってしまったのは自分自身である場合が多いので、薄毛を治そうという意識を高く持てば、自ずと効果が上がってくるものです。

クリニックの治療が効果的

女性 前髪 薄毛

自分でできる対策をとっていても、なかなか効果が上がらない場合は、専門家に相談してみることをお薦めします
効果が上がらない理由は、そもそもの原因を理解していないがために誤った対策をとっているからなのかもしれません。
専門家のカウンセリングや検査を受けることで、まずは薄毛の原因がはっきりします。そして、個人個人で異なる原因に合わせて、それぞれに最適な対策法を紹介してくれるのです。
このように薄毛改善への方向性が定まれば、不安も取り除かれ、前向きに治療に取り組むこともできます。

また、その他にもクリニックでの治療がお薦めであるのは、治療の際に医療機関でしか取り扱いができない、効果の高い薬を処方してもらえるからです。
自分の力で薄毛を治そうと思えば、利用できるのは育毛剤やサプリメント等に限られます。
もちろん、それらにも効果はあるのですが、ある程度続けていかないと目に見えてこないケースが多いのです。
一方で、クリニックでは内服薬、外用薬共に種類も豊富にあり、検査の結果を見て最も効果的な薬を処方されるので、その分結果もついてきます。
そして、計画的な治療が受けられるので、自分一人ではくじけてしまいそうでも、途中で挫折することなく続けられることは大きなメリットであると言えます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*