安さで決めるのは危険?女性の薄毛治療に皮膚科がダメな理由

[最終更新日]2017/10/07

薄毛治療や脱毛治療は広い意味では「皮膚科」の担当分野となっています。しかし、薄毛や脱毛という症状はその原因を1つとってみても本当にたくさんあります。

そのため薄毛治療や脱毛治療専門の医療機関が増えているのです。もちろん専門クリニックよりも皮膚科の方が治療費は安く済むことが多いのですが、女性に関しては皮膚科での治療をお勧めできないと考えています。

今回は「女性の薄毛治療に皮膚科がNGな理由」を詳しくご説明していきたいと思います。

女性の薄毛治療に皮膚科がおすすめできない理由

薄毛治療は皮膚科の治療分野であるにも関わらず、それをお勧めできない、特に女性にはお勧めできない理由があるのです。ここでは主な理由を3つご紹介します。

専門医ではない

単純に皮膚科に通院している患者のことを想像してみましょう。その患者はどのような症状に悩んでいますか?「ケガをして皮膚が傷ついている」「皮膚が炎症を起こしてしまった」こんな感じではないでしょうか。皮膚はつるつるで美しく、頭が薄毛なだけの患者がいるイメージは沸いていないのではないでしょうか。つまり、皮膚科の医師も得意分野があって、その中に薄毛治療が専門であるという医師が少ないのです。実際の治療の多くは一般的に広く利用されている内服薬を処方し様子をみる程度に留まっていることが多いようです。

女性の薄毛治療の適切な治療法を把握していない

「医者なのに?」と驚くかもしれませんが、これは仕方のないことだと言えます。例えば、女性の薄毛治療薬は毎年新しいものが開発されています。そのすべてを把握し、臨床試験結果や新しい治療技術を勉強することがいかに大変であるかということです。先ほどイメージしたように、一般的な皮膚科に薄毛だけで通院する患者の割合は、皮膚の炎症を起こした患者に比べて圧倒的に低いでしょう。患者や症状に差を付けるわけではありませんが、やはりその病院における優先順位というものがあり、どうしても女性の薄毛治療は後回しになってしまっているのが現状です。

検査体制が整っていない

薄毛に限った話ではありませんが、ある症状を正しく治療するには、その症状がどのようになっているのか、その原因は何なのか、そういったことを細かく把握して治療に入らなければなりません。その方法が「検査」なのですが、この検査体制すら皮膚科では整っていないことがあります。「粘膜採取からのAGA診断」「血液検査」「遺伝子検査」「毛髪検査」「毛髪ミネラル検査」などたくさんあるのですが、これらを複数行い、総合的に診断を下すところまで求めると一般の皮膚科では対応できないことが多くなります

こんな女性は特に皮膚科での薄毛治療を控えるべき!

それでも治療費が安いなどの理由で皮膚科でもいいと考える女性もいるのではないでしょうか。医療機関を選択する自由はみなさんにありますが、それでも薄毛に悩む女性のことを考えれば、絶対に皮膚科での治療をしない方がよい女性のタイプというものがあります。

薄毛の症状の原因がはっきりしない人

薄毛になるには様々な原因があります。ただ、基本的に女性は薄毛になりにくいはずなので、それでもなってしまった場合の原因究明は難しい場合があります。「ホルモンバランス」「ストレス」「頭皮へのダメージ」「他の病気からの併発」など本当にたくさんの原因があります、だからこそ、徹底的に検査をし、原因を究明しなければ、本当に正しい治療などできるはずもないのです。

女性 薄毛 皮膚科

AGAが進行している人

本来は男性に多いはずのAGAですが、これが進みすぎていると薄毛治療というレベルでの対応は不可能です。専門の医療機関で徹底的に発毛治療を受ける必要があります。それも早急に。同じように見える薄毛でも専門家が見れば細かな違いを見抜き、最善の治療法を導いてくれるわけですが、薄毛症状にそこまで詳しくない医師では一般的な治療をするに留まってしまうでしょう。

できるだけ早く発毛効果が欲しい人

早く発毛効果が欲しいという思いに男女差はないでしょうが、やはり薄毛であることの精神的なダメージはどう考えても女性の方が大きいと言えそうです。だからこそ、できるだけ早く発毛して欲しいと強く願う女性は多いのではないでしょうか。その方法は単純明快、次の治療法を実践できる医療機関に早く通院することです。

  1. 複数の検査を総合的に判断し、薄毛の原因を正しく究明すること
  2. 最新治療、最新開発薬などに精通し、最も効果的な治療法を選択できること
  3. 日々の生活におけるアドバイスなどのサポートが充実していること
  4. 女性スタッフが多く、安心して通院できること

さて、この4つの条件を満たすものが一般病院の皮膚科なのか、薄毛治療専門の医療機関か、それはもう明白なのではないでしょうか。

女性の薄毛治療に特化したおすすめクリニック

薄毛治療専門の医療機関が一般皮膚科よりも薄毛治療に向いているということを散々訴えてきたわけですが、実は”女性”の薄毛治療に特化した医療機関も多く整備されてきているのです。ここではそんな女性の薄毛治療に特化したクリニックをご紹介します。

中央クリニック

日本全国に展開している大手美容外科といえば「中央クリニック」ですよね。20年以上もの実績に加え、全国随所にクリニックが存在しているのでクリニック選びに迷っているならおすすめです。無料カウンセリングも受け付けており、豊富な治療法から自分にあった治療法が選べますよ。

ヘアメディカル

どうしても外せないクリニックがこの「ヘアメディカル」です。「東京・大阪・名古屋・福岡」と主要都市4ヶ所にクリニックを構えています。女性スタッフが多く、女性の薄毛治療実績は月間15,700人以上という驚異的な数値です。無料カウンセリングも随時受け付けているので気軽に足を運べそうですね。

銀座総合美容クリニック

ここでは女性のAGA治療を積極的に行っており、内服療法や外用薬塗布、育毛メソセラピーなど複数の治療を組み合わせ、相乗効果を期待できる治療を施してくれます。薄毛の症状の進行は環境や体調などによっても大きく左右されるので、メンタルまでしっかりとサポートしてくれる銀座総合美容クリニックは定評があるのです。

東京ビューティクリニック&東京美容外科

この2つのクリニックは姉妹店です。東京ビューティクリニックが薄毛治療専門ですが、東京美容外科も姉妹店として同等の治療を受けることができます。もちろん、女性の薄毛治療の実績もさることながら、7,000円代から薄毛治療を受けられるというお手ごろ感が女性の心をしっかりとつかんでいるようです。

日頃からできる薄毛対策

薄毛治療、特に女性における薄毛治療がいかに難しいかということは十分お分かりいただけたのではないでしょうか。もちろん、薬などを使った治療は素人がどうにかできるようなことではありません。しかし、日頃の生活の中で薄毛の症状が進行しないように、せっかく始めた治療をより効果的に受けられるようにする努力は素人でもできることがたくさんあります。

スタイリング剤などを使わない

髪が抜けやすくなったり、細くなって薄毛の症状となったりしてしまうにはいくつか原因があります。その1つが毛穴の汚れです。これによって栄養が十分髪に行き渡らないことで症状が進行してしまうことがあります。汚れや皮脂は避けられないものですが、そこにワックスやムース、スプレー、カラーリングなども同様に毛穴に余計な汚れを詰めてしまうことになります。

頭皮へのダメージを避ける

頭皮がダメージを受けると炎症を起こしやすく、そのような状態で健康な髪が発毛したり、成長したりすることは考えられません。だからこそ、頭皮へのダメージを最小限にしておく努力が必要です。爪を立ててガシガシとシャンプーすることや、直射日光に当たり続けることも頭皮に相当なダメージを蓄積してしまうことになります。

女性 薄毛 皮膚科

ストレスを溜め込まない

現代社会で避けて通れないものの1つが「ストレス」です。これによって脱毛が始まることは少なくありません。自分なりのリラックス法や、ストレス発散法をしっかりと把握しておくことも重要な薄毛対策だといえるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*