女性は一番頭頂部が薄毛になる?原因とお勧めの対策法

[最終更新日]2016/06/27

頭頂部 薄毛 女性

女性の薄毛症状は様々な進行が見られますが、その中でも圧倒的に多いのが「分け目が広くなった」というものです。

これはいわゆる「頭頂部」と言われる部分で、つむじや分け目付近で脱毛が始まり、薄毛になってしまうというものです。

この最も症例が多いと言われる「頭頂部の薄毛」について詳しく見ていきましょう。

女性の頭頂部の薄毛の原因は?

女性の頭頂部の薄毛の原因はいくつか考えられます。ここでは、その中でも比較的よく挙げられる原因をいくつかご紹介します。

[原因1:正しいシャンプーと乾燥]

頭皮にダメージがあると髪が抜けやすくなったり、成長が阻害されたりすることは当然のことです。女性の中には爪が伸びている人も多く、そのままシャンプーをすると頭皮を傷つけてしまうこともあります。そこに細菌が繁殖し、炎症、脱毛と負の連鎖反応が起こるのです。

また、正しくシャンプーできていたとしても、その後ドライヤーなどでできるだけ早く乾燥させてしまった方がよいようです。髪が湿った状態では、頭皮も湿った状態なため、衛生的に好ましくなく、髪に良い影響は与えないためです。

[原因2:不規則な生活~食事~]

髪に限った話ではありませんが、不規則な生活は髪にも悪影響を与えます。特に髪が成長するためには栄養が必要ですが、この栄養は食事によって摂取したものを中心に合成され、血液に乗って頭皮まで運ばれます。つまり、この大元である食事が乱れれば、髪に十分な栄養が行き渡らないことになってしまうため、薄毛の原因につながってしまうのです。

[原因3:不規則な生活~睡眠不足~]

不規則な生活の中でも忘れがちなのが「睡眠不足」です。髪が成長するには成長ホルモンが欠かせませんが、この成長ホルモンが多く生成、分泌される時間帯が22時~翌2時だと言われています。この時間帯に起きている女性、または睡眠時間そのものが不足していたり、不規則だったりする女性は薄毛になってしまう可能性が高まってしまいます

頭頂部 薄毛 女性

仕事などの関係で、夜の時間帯に寝ることができない女性は、しっかりと睡眠時間を確保したり、寝具などにこだわったりして量より質の睡眠にこだわりましょう。

[原因4:不規則な生活~運動不足~]

不規則な生活として挙げられる要素が「運動不足」です。やはり運動をして健康的な体になることはホルモンバランスを整え、体の調子を正常に戻すことができます。ホルモンが髪に与える影響は大きいので、適度な運動はとても重要です。運動をすることで血流量がアップし、これに伴い血管も鍛えられるので、効率良く栄養を運ぶことができるようになります。

[原因5:女性ホルモンのバランス]

男性ホルモンと違って女性ホルモンは脱毛とは縁がありませんが、それでも女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと脱毛を引き起こす可能性があります。例えば40代、50代といった更年期に入ったり、出産を経験したりすると、女性ホルモンのバランスが崩れて脱毛になってしまった例はたくさんあります。

頭頂部が薄毛になりやすい女性の特徴

それではどのような女性が頭頂部の薄毛になりやすいのでしょうか。それにはやはり共通点があるようです。ここではそんな頭頂部の薄毛になりやすい女性の特徴をご紹介します。

[特徴1:仕事と家事と育児に大忙しの女性]

とにかく忙しい女性は様々な症状を引き起こす可能性があります。男女平等といいながら面倒なことは女性がすべてカバーする風潮は未だ根強く残っています。このように疲れが溜まることはストレス要因にもなりますし、それは髪へのダメージにもつながります。

頭頂部 薄毛 女性

家族の協力がなければ実現は難しいかもしれませんが、少しは1人でゆっくりする時間も必要ですよね。そういうメリハリが心身を健康にし、髪も健康にしていくのです。

[特徴2:妊娠や出産をした女性]

妊娠や出産は女性にとってかなり大きな出来事です。女性にしかできない素晴らしい出来事ではありますが、これが女性の体に与える影響はかなり大きなものとなります。妊娠や出産によって女性ホルモンのバランスが崩れ、髪が細くなったり、抜けてしまったりするようです。「何か最近、髪に元気がなくなったな」と感じたら、初期症状の表れなのかもしれません。

[特徴3:ストレスや悩みが多い女性]

現代社会で生きていく上で避けては通れないのが「ストレス」です。このストレスや悩みは髪に強い影響を与えることが分かっています。これまでは、専業主婦や家事手伝いなど外に出る機会の少ない女性には縁のないものと思われてきましたが、決してそんなことはありませんね。むしろ、
「私は働いていない」
「他にもがんばっている人はたくさんいる」
この事実が重くのし掛かる女性は、外でバリバリ働く男性よりも強いストレスや悩みを抱えているかもしれません。

[特徴4:暴飲暴食が多い女性]

結婚をした余裕なのか、ストレス発散なのか、元々食べるのが好きなのか、どれにしても暴飲暴食はよくありません。食事で摂取した栄養で髪は成長するわけですが、それもバランスが重要です。特に菓子類などを多く食べる女性は、髪への栄養は十分ですが、皮脂などの分泌も多くなり、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まることで髪に栄養が行きにくくなり、脱毛へとつながってしまうのです。

頭頂部 薄毛 女性

女性の頭頂部の薄毛の対策方法

もし、頭頂部の髪が気になり始めたら、家でどんなことをすればいいのでしょうか。ここではそんな薄毛対策をご紹介します。

[対策1:正しいシャンプー]

髪の土台である毛穴を清潔に保つことはとても重要です。汗や皮脂、汚れなどが詰まることで毛穴は炎症を起こしてしまいます。炎症を起こすと頭がかゆくなり、爪を立てて掻くことで、傷が付いて余計ひどいことになります。そのためにも正しいシャンプー方法を実践し、頭皮を傷つけないで毛穴の汚れを取り除きましょう

[対策2:魚と海草]

髪が成長するにはケラチンと呼ばれる成分から生まれた特殊なタンパク質が必要です。このタンパク質は魚から得られる良質なタンパク質と、海草などから得られるミネラルやビタミンで生成されます。肉ばかりでもダメ、魚ばかりでもダメ、野菜ばかりでもダメなのです。すべてはバランスが重要です。

[対策3:ストレス発散]

ストレスは髪に良くないことはお伝えしましたが、だったらそのストレスをなくせばいいわけです。ストレス発散の方法は人それぞれです。カラオケで大声をだすことがストレス発散になる人もいれば、1人で静かに本を読むことがストレス発散になる人もいます。自分だけのストレス発散方法を確立しましょう

[対策4:頭皮マッサージ]

髪が成長するには栄養が欠かせません。その栄養は血液に乗って運ばれてきます。頭皮付近の血流量が多ければ、髪に十分な栄養が行き渡ります。血流量を増やす方法もたくさんありますが、頭皮マッサージをするだけでもだいぶ違うようです。

クリニックで治療する方法も効果的

誰よりも優秀で有名大学に進学し、エリートと呼ばれる道を歩む先にある職業の1つに「医師」があります。そんな医師の中でも皮膚科を専門とする医師でなければ薄毛治療はできず、その中でも薄毛治療専門の医師も増えてきています。それだけ難しい症状であり、本当にいい治療をするためには専門のクリニックなど医療機関に頼るのが一番です。

頭頂部 薄毛 女性

正しい治療は正しい診断があってこそ実現するわけですが、その正しい診断をするために必要になるのが「検査」です。簡易的なものではなく「遺伝子検査・血液検査・毛髪検査など」複数の検査を行い、総合的に判断しなければなりません。そういうことを素人ができるはずがありません。こうやって悩む時間も症状は進行しているかもしれません。だからこそ、少しでも早く専門のクリニックなどで治療することで大きな効果が期待できるわけです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*