女性の天敵「低体温」!改善して抜け毛を予防しよう

[最終更新日]2016/07/19

夏になるとエアコンが稼動していない時の方が少ない、なんてことにはなってませんか?

冷え性や低体温は実は夏に発生しやすいのは、なんらかの冷たい物に接触していることが多いからなんです。

「それでも別に良くない?」と放置していると抜け毛が増える危険性がありますよ。

低体温になる原因とは?

低体温は様々な病気の原因になるといわれていますが、自覚していない方も多く低体温を放置してしまう場合も少なくはありません。

女性に多い冷え性ですが、近年では平均体温が36度に満たない方も大変増えているようです。低体温になると婦人系の病気になるだけでなく、なんと薄毛にもなると言われていることをご存じでしたか?

この気になる低体温、いったい原因は何でしょうか。大きな原因の一つが食生活栄養バランスが悪い食事を続けると、熱を作り出すエネルギー不足となってしまいます。ミネラルやマグネシウムは糖質を体内でエネルギーに変える働きがありますが、低体温の方はこの栄養素が不足しているといわれています。

また食事の内容も最近では加工食品が大変に増えている為、添加物の摂取量も増加していますよね。すると脂質や糖質の過剰摂取となり、体内の血行不良になる原因でもあります。さらにタンパク質不足も同様にエネルギーが充分に作り出せない原因の一つです。

女性 抜け毛 予防

また若年層に多いのが薄着をする習慣。夏にエアコンで寒い部屋の中でも肌を出すような習慣は体が徐々に冷えてしまい、低体温になる要因となります。

生活習慣は毎日の積み重ねになりますので、自分では気が付かない些細な行動が健康を害する結果になってしまうのです。また暑い日に一日中部屋でエアコンをつけたまま生活をすることも体を冷やす原因となりますよね。手足が冷える、いつも疲れが取れない。そんな症状がある場合は血行不良になっているサインです。早く原因を改善しないと深刻な病気にもなりかねません。

特に女性はホルモンバランスも健康には欠かせません。冷え性により女性特有の病気や生理不順など体に与えるダメージは想像以上なのです。

なんとなく体が冷える時はすぐに厚着をするか、温かいものを飲むなど対処をしましょう。

低体温と抜け毛の関係

低体温は体に色々なダメージを与える原因になりますが、注意したいのが抜け毛との関係。女性は50代前後になると多くの方が更年期障害の症状を体験されています。更年期は女性ホルモンの分泌量が減少することが原因といわれていますが、血行不良もその一つ。低体温になったり動脈硬化が増えるのもこの年代です。

特に心配になる動脈硬化ですが、これは血管が細くなることで血流が悪くなることが原因ですが、血管が細くなると低体温を引き起こす原因にもつながるのです。

50代前後になると薄毛の悩みを持つ方も大変増えますよね、髪のコシやハリがなくなる、全体的なボリュームが減る、地肌が透けて見えるなど。このような髪の悩みを持つ女性は非常に多く、ストレスにもなってしまうほど。

とある研究では頭皮の温度が低い場所から抜け毛が始まると発表がされていますが、実は低体温と抜け毛は関連性があるのです。しかし薄毛になる原因は決して一つではなく色々なことが複雑に重なり合っていますよね。

低体温はこれらの原因をさらに悪化させて頭皮環境を悪くする原因なのです。

低体温になると血流が悪くなるため、全身に栄養がいきわたらなくなってしまいます。すると頭皮に必要な栄養も不足してしまうため、健康な髪が生えてこなくなってしまうのです。

女性にとても多い冷え性ですが、加齢だけでなく若い年齢層にも低体温の方はとても増えています。生活習慣などにちょっと注意をすれば改善できる場合がほとんど。

低体温をそのまま放置してしまうと、更年期障害の症状が悪化する場合もありますので十分に注意が必要ですね。女性の体はホルモンの働きに左右されるほどとても大切な点。低体温を改善することで、女性の薄毛や抜け毛は予防改善が可能です。早速生活習慣の見直しを始めてみましょう。

低体温を改善する方法

低体温がなぜ体にダメージとなるのか。その理由は免疫力の低下があります。体温が1度下がると免疫力が30%も低下するといわれています。逆に体温が1度上がるだけで、免疫力は500%以上も高くなりますので、健康な体にするには体温が大切なカギを握っていることになりますよね。

冷え性の悩みを抱えている女性は大変多いのですが、注意したいのは自覚していない方。低体温がずっと続くと婦人系の病気を始め、虚弱体質になり風邪や病気にもなりやすい体質へと変化してしまいます。

低体温を改善するには、汗をかくことがポイントです。一番即効性のある方法が入浴。最近ではシャワーだけで済ませてしまう方が増えていますが、シャワーは体を温める効果が少なく、低体温の方にはあまりオススメではありません。

浴槽にお湯をためてしっかり体を温め汗をかきましょう。お湯の温度は41度。この温度は実は副交感神経が活発になる温度でリラックス効果が高く、体のめぐりが良くなる温度。42度以上になると交感神経が優位になってしまうため、逆に興奮状態となりなかなか眠れない状態になってしまいます。

女性 抜け毛 予防

また低体温で薄毛が心配な方は頭皮マッサージもオススメ。低体温は頭皮に血液が充分に届かなくなるため、毛髪の成長にも影響してしまいます。

頭皮の血行を改善するには顔ヨガも効果的。顔の筋肉を使うとポンプの役目でさらに頭皮には栄養が循環しやすくなります。

また頭皮は体のてっぺんの為血行が悪くなりやすい場所。お昼寝で少し体を横にするのも効果的です。心臓と頭の位置が同じぐらいの高さになるように横に寝そべってみましょう。

お昼寝は長時間すると夜寝不足の原因になってしまいますので、15分~20分程度を目安に体の疲労回復として行うことがコツです。

また低体温を改善するには冷たい食べ物を避けて温かいお茶などで体温を上げる意識をつけましょう。

他の抜け毛予防方法

女性にとっては髪は命といわれるほどとても大切です。いつまでも美しくキレイでいる為には健康な髪が欠かせません。しかし加齢や生活習慣など色々なことが原因で薄毛や抜け毛が起こってしまいますよね。

気がついたら地肌が透けてみえるなんて状態になってしまうのです。髪のボリュームが少なくなると好きな髪型もできなくなり、精神的にもストレスになる原因です。

そこで抜け毛の予防にはどんな方法があるのか、早速ご紹介しましょう。

まず効果がある方法が育毛剤を使った頭皮マッサージ。育毛剤と聞くと男性が使うものというイメージがありますが、近年女性専用の育毛剤も大変種類が増え、天然成分の育毛剤や美髪効果があるタイプなど大変魅力的な商品も増えています。

育毛剤には頭皮の血行改善や美肌効果などの有効成分が配合されていますので、なにもつけずに頭皮マッサージをするよりも効果的です。

また抜け毛予防には食生活がポイント。女性の髪の悩みは中高年齢層になると急激にその数も増えています。その理由は加齢により女性ホルモンの分泌量が減少するため。

そこでオススメな食べ物が大豆食品。大豆の成分イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、毛髪の発育にも大変効果があります。

女性 抜け毛 予防

髪はたんぱく質が栄養源となっていますので、大豆食品の納豆や豆腐、豆乳などを心がけて食べるとよいでしょう。豆類は食物繊維も豊富なので便秘改善や美肌効果にもメリット。更年期障害の症状を軽減する働きもありますので、薄毛が不安になる50代前後の女性には特におすすめしたい食べ物です。

また抜け毛予防としては日頃使うシャンプーやヘアケア商品、そして白髪染やパーマにも十分注意しましょう。

頭皮は大変デリケートです。負担をかけないように毎日ケアをしましょうね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*