若ハゲ改善!抜け毛予防に効果的な食べ物

[最終更新日]2016/06/27

抜け毛予防食べ物画像

男性にとって永遠の悩みとも言える「若ハゲ」

仮に歳を重ねたとしても、男性としては「ハゲ」は避けたいところです。今回はそんな悩める男性のために、「若ハゲ」を改善できると言われている食べ物に注目してみました。

抜け毛対策のために良い食べ物とは

一般的にはワカメなど海草が良いと言われていますが、最近の研究で実は食べ物として効果があるとは言えないという結果が公表されました。ただ、これはワカメを大量に食べるだけでは効果がないということらしいですが・・・

それでは食べる(摂取する)ことで効果がある食べ物とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

そもそも髪は頭皮の栄養のおかげで成長し続けています。そして、その栄養は血液によって運ばれるわけです。さらに、髪は「ケラチン」というタンパク質でできています。これらのことから、抜け毛に効果のある食べ物には、次のような条件が必要であることが分かります。

血液をサラサラにする
ケラチンを作り出すことができる

以上の条件から次のような食べ物が抜け毛対策としては効果的だと言えるでしょう。

[青魚]
青魚に含まれる「DHA」という成分は血液をサラサラにすると言われています。昔から青魚を多く食べてきた日本人は血液がサラサラで長生きすると世界から注目されているほどなのです。栄養を髪に送るためにも、その運搬役である血液をサラサラにすることが第一です。

[大豆製品&海草類]
先ほど髪の成分はケラチンというタンパク質だとお伝えしました。実は、大豆などに含まれる「植物性タンパク質」と海草類に含まれる「ミネラル成分」を一緒に摂取することで、体内で「ケラチン」を生成することができるのです。

[牡蠣]
海のミルクとも呼ばれる牡蠣は栄養豊富な食べ物です。牡蠣の成分として押さえておきたいものは「亜鉛」ですね。男性ホルモンを活発にさせるとともに、髪を作る役割もあるのだそうです。

[緑黄色野菜]
ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜は、カロテンなど健康に必要な成分を多く含んでいます。しかし、髪ということで考えれば「ビタミン」は特筆すべき成分だと言えます。ビタミンは血流量を増やすので、頭皮も栄養価の高い血液を多く運搬することができるようになります。

抜け毛予防食べ物画像1

薄毛対策に効くメニュー例

それでは先ほどの食べ物をどのようにして調理すればよいのでしょうか。
より効率良く摂取できるメニューをご紹介します。

[イワシ定食]
主菜:焼きイワシ
副菜:豆腐、オクラのおひたし、ほうれん草のゴマ和え
汁物:ワカメの味噌汁

イワシや大豆の良質なタンパク質は髪の主成分であるケラチンを生成する元となります。そこにワカメに含まれるミネラルが加わることで、より効率的に生成することができます。さらに、イワシに含まれているDHAが血液をサラサラにし、頭皮の血流量をアップさせてくれます。いわゆる「和食」そのもので、髪以外にも健康によいバランスの取れたメニューです。

[親子丼&牡蠣とほうれん草のソテー]
親子丼には低カロリー高タンパクな鶏肉(ささみ)を使いましょう。それらを綴じる卵もまた、栄養価の高い優れた食材です。また、牡蠣とほうれん草のソテーでは、牡蠣に含まれた亜鉛とほうれん草に含まれたビタミンを同時に調理することで、髪によい成分を効率良く摂取することができます。

[ちょっと一品]
髪によい成分を効率良く摂取しようとすれば、どうしてもかなり手の込んだ和食を準備しなければならなくなります。そこで、食事そのものはいつもと同じでも、そこに一品加えるだけで抜け毛対策に効果のあるものをご紹介しましょう。

「納豆」
納豆に含まれる良質な植物性タンパク質が髪の成分であるケラチンへと変化します。

「ひじき」
ひじきは海草からできているので、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

「キムチ」
キムチにはカプサイシンが含まれており、これが血流量をアップさせます。

食事だけで効果が出ない人も

これまで抜け毛対策に効果のある食べ物や調理法をいくつかご紹介してきましたが、残念ながらそれでも効果が出ないという人もいるのではないでしょうか。しかし、それは今回ご紹介した食べ物や料理が問題なのではなく、自分自身で対策を非効率的にしてしまったのかもしれません。そうなんです・・・実はこういう対策が向いていない人もいるのです。

[睡眠不足の人]
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌しています。髪に与える影響だって計り知れません。睡眠不足の人はどうしてもそういう抜け毛対策の効果を非効率化してしまうのです。

[深夜に食事を摂る人]
先ほど髪には成長ホルモンが重要だとお伝えしましたが、同時に髪には良質なタンパク質が欠かせません。ただ、問題は「タンパク質の分解には時間がかかる」ということです。深夜、または就寝直前に食事を摂ってしまう人は、タンパク質の分解が間に合わず、そのまま朝を迎えてしまう、とてももったいないことが起きているのです。

[毛根が死んでしまった人]
今回ご紹介したのは髪にとって効果のある食べ物や料理です。髪に効果のあるものとは、血液を通じて運ばれ、髪の根元である毛根に注入され、それが髪に伝わっていくわけです。そのため、完全にハゲてしまった、毛根が死んでいる(詰まっている)場合は、いくら効率的な食事をしても効果はないわけです。

抜け毛を加速させる食事もある?

ここまで抜け毛に効果のある食べ物や調理法をご紹介してきました。髪に効果のある成分を多くあることが分かっています。と言うことは、その逆もあるのではないでしょうか。つまり、抜け毛を加速させる禁断の食事もあるかもしれません。

結論を言うと・・・「あります!」
抜け毛を加速させてしまう食事は確かに存在します。そしてそれらには共通点があるのでしっかりと押さえておきましょう。

抜け毛予防食べ物画像2

[激辛料理]
先ほど辛い物に含まれるカプサイシンは、血流量をアップさせるので髪にも良いという話をしました。しかし、そのカプサイシンが多すぎると逆効果なのです。カプサイシンを大量に摂取すると体が熱くなり、汗が出ますよね。

それは頭皮の毛穴でも同じことなのです。頭皮では、大量の汗と共に皮脂も多く分泌されています。だからと言って、激辛料理を食べた後、すぐにシャワーでも浴びて頭皮を清潔にするわけではないでしょう。つまり、あえて頭皮を不潔な状態にしてしまったというわけです。これが髪にいいわけがありませんよね。

[油物]
唐揚げや天ぷらなど、油を使った料理は要注意です。まったく食べないようにするのではなく、量を考えるようにしなければなりません。油物は採りすぎると太るだけでなく、毛穴から分泌される皮脂の量も大幅に増加させてしまうのです。これは頭皮でも同じことが言えます。そこに汗や垢などが交じり、毛穴をふさいでしまうわけです。

毛穴や毛根は呼吸をしていますが、こういう不純物が詰まってしまうことで、元気だった毛穴や髪を死なせてしまうことにつながるのです。
抜け毛対策として効果的な食べ物や逆効果を及ぼす食べ物があることも分かりました。

中には、カプサイシンのように、少量は効果的でも大量は逆効果となる、慎重に扱わなければならない成分があることも分かりましたね。何事も適量が大切だと言うことです。

最近では便利なサプリメントも多く開発されているので、これを利用するのが手軽で良いという人も増えています。しかし、手軽ゆえに軽く考えてしまい、生活習慣が乱れていては元も子もありません。

そういう意味でも、食べ物をきっかけにすべてのものを正常化するように見直すと、抜け毛対策の効果はどんどん高まるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*