長い目で見れば安い?HARG治療の費用事情

[最終更新日]2016/07/14

harg治療 費用

安全性の確立や効果が表れやすいなどの多数の利点を有している「HARG療法」。

しかし、これだけ良いこと尽くめだと費用も当然高いのでは…?と気になりますよね。

今回はそんなHARG療法の費用などを施術内容とともにご紹介させていただきます。

HARG療法の施術内容

薄毛治療として近年とても話題になっているHARG治療。効果が高い為人気がありますが、どのような施術を行うのでしょうか。HARG治療では成長因子を頭皮に直接注入して発毛を促します。効果は9割以上あるともいわれ、大変話題になっていますよね。

この成長因子、ハーグカクテルと呼ばれる成分を注入する方法は大きく分けて3通りあります。

頭皮の表皮部分に注射を細かく打って皮下組織に成分を浸透させるナパージュ法。そして頭皮の真皮と表皮の間に有効成分を浸透させるパピュール法。またステンレス製の極細の針がついたダーマローラーと呼ばれるローラーを頭皮に転がして成分を浸透させるダーマローラー法があります。

harg治療 費用

一般的な施術までの流れですが、HARG治療を希望する方は専門の医療機関でまずカウンセリングを受けます。ほとんどの医療機関では無料でカウンセリング、問診を行っています

施術当日ですが、痛み止めの麻酔クリームを頭皮に塗り、施術中はさほど強い痛みを感じることはありません。治療時間は約15分程度と大変短く、消毒やアフターケアなどを入れると1回の施術は約トータルで1時間ほどとなっています。

HARG治療は効果を実感しやすい薄毛治療ですが、たった1度の施術で効果を実感できるのは稀なケース。一般的には4週間に1度の割合で施術を合計6回受けることがほとんどです。

なかには6回を10回に増やして通院される方もいるようですが、期待する効果によっても施術回数はそれぞれ異なります。

6回の治療が終了した後、毛髪の再生効果がある場合には育毛環境を維持するために2か月に1度の割合でフォローアップ治療としてさらに通院が必要になります。発毛と育毛を同時にできる画期的な最新の薄毛治療として注目されています。

効果や期間は?

HARG治療は医学的根拠により効果が実証されている最近の薄毛治療方法。実際に施術を受けた9割以上の患者さんが効果があったと評価をしています。

HARG治療は多種類の成長因子を頭皮に注入することで、様々な効果が期待できます。頭皮の血行が悪くなると栄養がいきわたらない為、薄毛の改善が難しいといわれていますがHARG治療で使用する成長因子にはPDGFと呼ばれる血管を作る働きがある成長因子があります。

発毛効果、抜け毛予防の働きもありますので、薄毛の根本的な原因から改善ができます。またほかの成長因子には毛周期を安定させる成分や、髪のケラチン細胞を活性化するもの、休止期の毛包を成長期に促す成長因子なども含まれています。

harg治療 費用

実際に発毛を実感するまでにかかる時間ですが、HARG治療の効果の速さは人それぞれ。一般的には3か月~半年ほどで効果を実感できるといわれています。ごく稀に初回の施術だけでも発毛を実感できたいという方もいるようです。

民間療法に比べると確実な効果があり、しかも発毛までにかかる時間も大変スピーディ。いつまでも市販の育毛剤を使い薄毛に悩んでいる方には大変画期的な治療方法です。

髪はご存じのように毛周期と呼ばれるサイクルがありますよね。薄毛になる毛周期の成長期は数か月~約1年、そして退行期は2~3週間程度。そのあとに休止期が2~3か月。このサイクルを改善して成長期を2年から6年、退行期が2~3週間、そして休止期が2~3か月と正常に改善するのがHARG治療の目的の一つです。

施術を受けると3回目ぐらいで抜け毛が減少したり、髪が太くなるなどの改善効果が表れてきます。しかしこれだけでは根本的に正常な頭皮環境ができたとは言えないため、さらに数回の施術が必要になります。発毛に必要な栄養分をダイレクトに注入することで、従来の薄毛治療よりも抜群に発毛効果がよいのです。

副作用はあるの?

HARG治療は効果が高く注目の薄毛治療の一つ。海外では数千の症例数がすでにあり、ヨーロッパやアメリカ、またアジアでは韓国をはじめ大変人気になっている治療方法です。効果がある為不安になるのがHARG治療の副作用ですよね。薄毛治療に使われる市販の育毛剤をはじめ、刺激が強い成分を使用タイプも多く頭皮が炎症を起こしたり乾燥してしまうなどの副作用も聞かれます。

HARG治療は日本で施術が開始されて以来、まったく副作用の報告はされていません。施術を行うのが医療機関の為、医師の技術と実績により安心して治療を受けられる魅力がありますよね。医療機関で使用する薄毛の薬としてミノキシジルやプロペシアがあります。外用薬のミノキシジルの場合は、皮膚のかゆみや血圧低下、体毛が濃くなってしまうなどの副作用があります。また内服薬のプロペシアには、胎児への影響があるとして女性には使用ができません。

このような副作用がある薬とは逆に、HARG治療で使用する成長因子は脂肪幹細胞を培養して抽出している為、安全性が非常に高い点がメリットになっています。

抽出した成分はたんぱく質を濾過した後にウイルスや細菌検査を徹底して行っていますので、体に与える害は全くありません。なお感染症のチェックなども行い、アレルギー起因物質を含まない為、ほかの薄毛治療ができなかったアレルギー体質の方にも安心なのです。

またHARG治療を始める半年前ほどから治療中にかけてミノキシジルを使用している場合は、増毛効果がさらにアップすることがありますが、使用を中止するとHARG治療中であっても脱毛が起こる場合もあります。このようにHARG治療に併用する薬によっては効果に影響を与えることがありますが、それはHARG治療の副作用でなくほかの薬の服用が原因になります。

「HARG療法」の最安値と最高値と平均値

HARG治療は効果が高く、薄毛に悩む方にとってとても魅力的な最新治療方法です。しかし費用が高いデメリットもあり、手軽に受けられる施術ではありませんよね。そこで気になるHARG治療にかかる費用について知っておきましょう。

治療費用は各医療機関によって異なり、また施術回数によっても費用には差があります。1回の施術では満足できる効果がない為、数回の施術が必要になりますが、一般的には6回を1クールとして行う場合がほとんどです。

平均すると1回の施術にかかるが10万円前後といわれ、1クールではトータルで80万円近くの費用が必要になります。最安値のクリニックでは1回の施術費用が7万5千円程度。またトライアル料金を設定している医療機関もありますので、費用面ではいくつかのクリニックを比較することも大切ですね。

harg治療 費用

費用が高い医療機関では1クールで120万円ほどコストが必要になる場合もあり、継続治療をした場合、5年間で192万円など高額になるケースもあります。AGAの治療として行う育毛メソセラピーやプロペシアの薬の服用は、ほぼ継続することが必要になる為、毎月通院すると600万円程度も費用がかかる場合もあります。

HARG治療はその点、一度に必要になるコストは高めですが、長い目で見ると薄毛治療としては安いと思う方も多いですよね。発毛、育毛効果が持続するメリットがある為、多少の出費は仕方ないのでしょうね。

なかにはHARG治療が極端に安いクリニックもあります。しかしこのような場合は、有効成分の含有量が少ないケースや効果が少ない違う薬剤を使用している場合もありますので、十分に注意して病院選びが必要ですね。またHARG治療では併用する薬の内容によってもコストが変わることを覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*