これって抜けすぎ?抜け毛って一日平均何本なの?

[最終更新日]2016/08/30

抜け毛 何本

最近抜け毛が多くなってきた!これってやばいのかなと思っている方!ちょっと待ってください!

実は髪の毛って本来よく抜けるものなんですよ!

今回は、皆さんが気にされている抜け毛がいつの時間に多いのか、1日の平均はどのくらいなのか、抜け毛が多い時期など抜け毛について詳しくみていくことにしましょう。

髪の毛は1日何本抜ける?

実は人の髪の本数はお腹の中にいる胎児のときにすでに決まっていて約7万本~10万本とされています。この数は増やすことはできません。このうち、85%が成長期の髪15%が退行期や休止期の髪で成り立っているといわれています。

髪にはヘアサイクルがあり、ある程度まで成長した髪は2~6年の周期で抜け、また新しい髪に生まれ変わります。
髪は1日に0.3㎜~0.5㎜。1ヶ月に約1.2㎝。1年で約15㎝伸びます。
このヘアサイクルは、1本1本時期がずれていて本来は1度にまとめて抜けることはありません

まとめて抜けることはありませんが、人は1日に50本から100本の髪が抜けています。びっくりですよね!
特に季節の変わり目や生活習慣の乱れ、ストレス、シャンプーしない日が続いたときには200本から300本抜けることも。
ですからこのような場合は正常の抜け毛ということになります。

抜け毛が細かったり短かったりする方が心配です。成長期に十分成長できないまま髪がぬけてしまっているからです。
このような抜け毛が多いあなたはヘアサイクルが乱れているので注意が必要ですよ!

1日のうち「シャンプーの時間」が一番抜けている

1日の中で抜け毛が一番多いのは何をしているときだと思いますか??
そう、シャンプーを行っている時です。シャンプーの時間に20~50本もの髪の毛が抜けているんです。
これは、正常な抜け毛なので心配する必要はありませんが器具を使ったりしてゴシゴシ洗うのはあまりおすすめできません。強い刺激でシャンプーすると本来抜けなくてもよい髪まで抜けてしまう可能性があるからです。
シャンプーは十分に手で泡立ててから髪につけるようにし、指の腹を使ってやさしく洗うようにしましょう。

一番抜け毛の本数が増えるのは、「秋」

1年の中でもっとも抜け毛が増える時期は実は秋なんです。ちょっと意外ですよね。
150~200本という通常の2倍ほどの量が抜けます。
これは夏の紫外線や直接日光を浴びることでその分抜け毛が増えるのではないかと言われています。また、冬の寒さに耐える髪に変わるために秋に生え換わるという説もあるようです。

秋をこえるとまた通常通りの本数に戻りますので心配しないでくださいね。

1日の抜け毛が増える時は、こんな時

上記で説明した時以外にも一時的に抜け毛が多くなる時期があります。どんな時なのでしょうか。具体的にみていくことにしましょう。

産後

女性ホルモンの影響で一時的に増えるといわれています。妊娠中は女性ホルモンが増えるため髪が抜けにくくなります。
産後どんどん女性ホルモンが減少し妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けていくのです。
また、産後は、3時間おきの授乳で睡眠不足になったり、慣れない子育てへのストレス食事がしっかりとれないなどの生活の変化も起こり抜け毛を助長させることもあります。個人差はありますが、生後6ヶ月ごろ~1年くらいで抜け毛が治まるといわれています。

頭皮ケアができていない

頭皮の状態を清潔に保つことは非常に大切です。その日の汚れは、その日のうちにしっかり洗い流しましょう。けっして次の日の朝まで持ち越さないようにしましょう。

抜け毛 何本
シャンプーの仕方ですが、まずはシャンプーする前に十分髪の汚れを洗い流します。
その後、液体を手のひらでよく泡立ててから髪の毛につけるようにしましょう。指の腹で優しくシャンプーするようにしてください。ゴシゴシ洗うと頭皮が傷つき薄毛の原因となります。
また、十分に洗い流すことも大切です。短髪でも2~3分。38℃くらいのお湯で洗い流すのがベターです。
洗髪は夜の1回にしておきましょう。朝、どうしても洗いたい人はお湯で流す程度にしてください。

また、浴槽にしっかり浸かることでストレス解消や血行が良くなり薄毛対策にもなります。シャワーだけで済まさずに湯船に浸かるようにしましょう。

毛穴が汚れると、髪の毛に十分栄養が行き届きません。髪のゴールデンタイムは22時から2時です。この時間に髪が清潔でないと髪がうまく成長できませんよ!

ストレス

誰でもストレスは抱えていると思われるでしょうが、ストレスを受けると自律神経が緊張し、血管が収縮されます。
血行が悪くなると十分な栄養が行き届かなくなり抜け毛が増えるといわれています。上手にストレス解消していくことが大切です。

また、ストレスがたまると、十分な睡眠がとれなくなり髪が成長する時間に眠れなかったり、男性ホルモンやアドレナリンの増加にもつながります。男性ホルモンの影響で薄毛になる、男性型脱毛症(AGA)の方は特に注意が必要です。

アドレナリンは活性酸素を急増させる作用があるため、頭皮の皮脂汚れを過酸化脂質に変えてしまいます。この過酸化脂質は、毛穴のつまりの原因になったり頭皮が炎症を起こす原因になるともいわれています。

さらにストレスは内臓機能も低下していくといわれています。内臓機能が低下するとタンパク質の吸収率が低下します。タンパク質は髪の約99パーセントを構成しています。タンパク質の中でもケラチンという成分です。
発毛育毛の促進には、タンパク質の摂取が大変重要だと言われています。ストレスでタンパク質の吸収率が低下すると、毛髪に必要な栄養素が髪の毛まで十分に行き届かなくなるといわれており結果薄毛に悩むことになります。

1日何本以上抜けるとヤバい??

1日に抜ける髪の数や時期や体調の変化でも抜け毛の数が増減することが分かりましたね。でもそれだと自分の抜け毛が多いのか好きないのかの判断が難しい……。
それでは、具体的に1日何本くらい抜けると危険なサインなのでしょうか。

先程も説明したように、1日の抜け毛の平均は約50~100本です。季節や体調の変化によってその数は左右されます。
ですから、今日はとても良く抜けたという日があってもそれは許容範囲内であって過剰に心配する必要はありませんので安心してください。
このことを踏まえた上で1日どれくらい抜けると危険信号かということを考えていきましょう。

あくまでも目安ですが300本以上ということがいえるのではないでしょうか。

1日の抜け毛が多く心配な方は、まずあなたの生活習慣を振り返ってください。

栄養はきちんと摂れていますか?
早寝早起きできていますか?
ストレス溜まっていませんか?
頭皮を清潔に保てていますか?

それでも改善されない場合は専門のクリニック受診もお勧めです。
日々の生活を振り返りながら改善できることはしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*