あなたの薄毛はどのタイプ?自分にあった育毛剤の選び方

[最終更新日]2016/06/21

薄毛に悩んでいる人が、まず考えるのは育毛剤の使用ではないでしょうか。

しかし育毛剤といってもいまやドラッグストアなどで簡単に手に入るだけでなく、様々なタイプがあるため選ぶのも悩んでしまいますよね。

実は薄毛にも様々なタイプがあって自分のタイプに合った育毛剤を使用しないと効果は発揮されません。

今回は自分の薄毛タイプにあった育毛剤はどのように選へばよいのかコツとポイントをみていくことにしましょう。

育毛剤の違いって?

まずあなたは、自分の髪にどのような悩みをかかえていますか。育毛剤、養毛剤、発毛剤の違いを理解できているでしょうか。

育毛剤とは髪の毛の細胞に影響を与えて毛を育てる。頭皮の血行をよくする、頭皮環境を改善するものです。特に血行を良くする効果が期待でき、これらは、男性にも女性にも適しています

養毛剤は、毛髪を保護したり、脱毛を抑える効果があり、男女ともに深刻ではない薄毛に対して気軽に使用することができます。

発毛剤は、男性型脱毛症に効果があり、血行不良を改善する効果があります。フィナステリドという男性型脱毛症に対しての成分が配合されているため、成年以上で男性にしか使用はできません

育毛剤 選び方

性別や自分の髪をどうしたいのかによって使用する薬剤が変わってくるというポイントを押さえましょう。また、自分の薄毛の状態についてもきちんと知っておく必要がありますよ。

男性に多く部分的な薄毛が特徴で、主な原因が遺伝の方には、男性ホルモンを抑制するタイプがいいでしょう。また、煙草を吸う方や運動不足な方には、血行を促進するタイプがお勧めです。

コンビ二やファーストフードばかりたべて食事が偏っている方には頭皮に栄養を与えるタイプのものがお勧めです。頭が脂っぽい方には、皮脂の抑制や老廃物を除去するタイプのものがおすすめです。また、最近髪が細くなって元気がない方には毛母細胞を活性化するタイプが良いといえるでしょう。

このように種類や違いを知った上で自分の目的に合った育毛剤は何なのかよく考えて購入するようにしましょうね。

育毛剤の選び方・基準

自分の髪のタイプと目的に合った育毛剤を選ぶことが大事だということは分かったと思いますが、育毛剤を選ぶ上で他にもいくつかのポイントがあります。

厚生労働省の認可した製品である

実はほとんどの商品が認可を受けた商品ではありません。厚生労働省認可を受けている育毛剤は効果が認められている成分が配合されています。よってなんらかの効果は期待できる可能性が高いです。

認められている成分には、ミノキシジル(医薬成分)オウゴンエキスセンブリエキスエビネランエキスM-034などがあります。国で効果が認められているのであれば使用してみる価値はありそうですよね。

天然成分由来の肌に優しいものを選ぶ

天然由来とは植物や動物から抽出した成分を配合しているということを指します。実は、残念ながら育毛剤には副作用があります。例えば、かゆみやただれ、性欲減退、体毛が濃くなる、消化不良などです。副作用には個人差があり中には副作用がまったくない方もいますが、せっかく薄毛が解消されてもこれらの副作用が出て毎日の生活に支障が出てきては意味がありません。

育毛剤 選び方

育毛剤を選ぶ時には、できれば安心な天然成分由来のものを選ぶとよいでしょう。天然成分のものは比較的副作用も少ないといわれています。できれば肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

返金保証がある商品を選ぶ

最近、テレビショッピングなどをみていると効果がなければ返金OKなんてものをよくみかけますが、実は育毛剤にも同じことがいえます。ドラッグストアなどに売っているものではなかなかみかけないことも多いでしょうが、例えばネットなどで販売している商品には返金OKというものもあります。育毛剤は使用してみないと効果はわかりません。使ってみたけど自分には合わなかったという場合も多いと思いますのでこういった保障があるとありがたいですよね。

その際、返金保証の期間をしっかりチェックしておきましょう。育毛剤の効果はだいたい3ヶ月で実感できるといわれています。ですからそれより短い期間が保障されていても意味がありませんので注意してくださいね。

口コミを確認してみる

商品を購入する前にネットなどで商品の情報や口コミを確認してみましょう。実際に使用した人たちの情報を得ることでより自分に合った育毛剤を選ぶことができます。しかしながら、口コミサイトなどでは、信憑性の低いものがあるのもまた事実です。企業側に頼まれて書いているケースもあります。ネットの情報はあくまでも参考程度にして選ぶようにしましょう。

最低でも3ヶ月は使用する

上記で説明したように商品の情報収集は大切です。しかし、他の人が効果があらわれたとしても、育毛剤の特徴や成分が自分自身の薄毛のタイプにあてはまっていたとしても、自分の髪に合って効果がでるかどうかは使用してみないとわかりません。

また育毛剤は、使用したからといってすぐに効果が出るものでもありません。1回で大量につけたり、焦って育毛剤を複数使う、短い期間で効果がないと使用をやめてしまうことなどはせず、最低でも1つの商品に3ヶ月は使用することをおすすめします。

育毛剤 選び方

3ヶ月たっても効果が得られなければ違う商品を試してみるのも良いといえるでしょう。根気よく続けること育毛剤は個人差があること、また育毛剤は、髪を育て元気にするもので、けっして薄毛の改善や治療ができるものではないということを頭に入れておくことが薄毛ケアの重要なポイントになります。

育毛剤選びのポイントとNGな選び方

育毛剤を選ぶ上で注意点があります。それは、男性は男性用を女性は女性用を選ぶようにするということ。夫の育毛剤があるからちょっと借りようなんてとっても危険なんです。

育毛剤 選び方

実は、男性と女性では薄毛の原因が違います。

男性は、遺伝によるものが多く、部分的に薄毛になるのが特徴です。女性は老化や生活習慣の乱れなどから髪全体がボリュームダウンするなどの薄毛になる人が多いといわれています。そうなると、当然、育毛剤に含まれている成分も異なってきます。

男性用育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分が多く含まれているため中には、女性の妊娠や出産に影響を及ぼすものもあります。また、男性は、頭皮にこびりついた老廃物や余分な皮脂を落とす目的で作られているものが多く、女性は頭皮に潤いを与えて保湿する目的で作られるものが多いです。このように男性用と女性用ではその目的が違いますので、特に女性の方は間違っても男性用を使用しないように注意しましょう。

育毛剤は、その人の髪の状態で必要とする育毛剤も変わってきます。有名だから、売れているからという理由で使用するのではなく、しっかり自分の目で見極めながら使用していきましょう。時には、育毛の状態を今の自分に合っているかどうか見直し、変えていくことも必要です。薄毛ケアは根気が必要です。自分に合った良い育毛剤に出合えるまで決して諦めないようにしましょう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*