髪の生え際がどんどん後退していく…、原因はなに?

[最終更新日]2016/06/27

髪の生え際

1言で抜け毛や薄毛と言ってもその種類は実は様々です。

円形脱毛症のように局所的に抜け毛が目立つこともあれば、生え際がゆっくりと後退していく薄毛もあります。

今回はそんな前頭部の生え際が後退していく薄毛に関してご説明します。

①前頭部・生え際の薄毛の原因は?

まず初めに生え際の薄毛の種類と原因をご紹介します。

前頭部の生え際から薄毛が進行していくタイプはM字型とU字型の2種類が存在します。M字型は前頭部の左右から生え際が後退していく薄毛で、前から見た時の髪の毛の形がアルファベットのMに見える薄毛です。U字型は前頭部の中心から生え際が後退していく薄毛です。薄毛の進行の仕方としてはM字型の方が多いようですが、この2つによる原因に違いは基本的にはありません。

髪の生え際

それでは前頭部から薄毛が進行していく場合の原因をご紹介します。抜け毛や薄毛はいくつか種類がありますが基本的にはどれも原因が一緒です。しかし前頭部から薄毛が進行していく場合は男性型脱毛症、通称AGAの可能性が高くなります

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが分泌された時に発症しますが、このDHTが頭頂部よりも先頭部の方が多く分泌されるということが確認されています。このDHTは非常に強力な男性ホルモンで、抜け毛や薄毛の理由の1つとして特に名前が挙げられます。前頭部からの薄毛はかなりの高確率でこの男性ホルモンが原因とされています。

基本的にはAGA、男性型脱毛症が原因となりますが、脱毛症自体の原因は他にもいくつかあります。その中でも特に問題視されているのが血行不良です。髪の毛は活動を維持していくために栄養を必要としていますが、この栄養を送っているのは血液です。なので血行が悪いと十分な栄養が髪の毛に行き渡らず、抜け毛となってしまうというのが一般に知られる抜け毛の仕組みです。

この血行不良の理由が非常に多くあり、有名なのはストレスです。ストレスが溜まると抜け毛が増えるというのは誰しも1度は聞いたことがあると思いますが、ストレスによって血行が悪くなるから、結果的に抜け毛が増えているわけです。血行不良の理由は他にも喫煙や生活習慣の乱れなど非常に多くあります。血行不良も前頭部の生え際からの薄毛に関わっているとされていますから、薄毛が気になってきたら日々の生活習慣を1度見直すようにしましょう。

こんな人は生え際(前頭部)に要注意!

それではここからは生え際(前頭部)からの薄毛に気を付けるべき人物の特徴をご紹介します。1つでも当てはまったら要注意です。例え今は大丈夫だとしても数年後には薄毛や抜け毛に悩まされる可能性が高いですよ。

1人目はストレスを感じやすい人、溜めやすい人です。原因のところでも説明しましたが、ストレスによって血行が悪くなると薄毛や抜け毛の原因になりやすいです。最近結婚や転勤で生活環境がガラッと変わったという人は特に要注意です。日ごろからストレスを溜めないように行動しましょう。

2人目は喫煙している人です。タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させる効果があります。こちらも結果的に血行不良を引き起こすので、髪の毛や頭皮に栄養が行き渡らなくなるわけです。長年喫煙している人は特に要注意ですよ。

髪の生え際

3人目は生活リズムが不規則な人です。特に食事と睡眠は薄毛や抜け毛に深く関わりがあります。食事で取れる栄養素には薄毛に関係があって、脂っこい物や甘い物ばかりの食事は薄毛と抜け毛を促進すると言われています。また髪の毛に必要な栄養素が食事で摂取できていない可能性もあるので、栄養バランスが偏った食事をしている人は要注意です。また睡眠も日によって不規則だとホルモンバランスが乱れて薄毛の原因になりやすいです。特に午後10時から午前2時の間は毛母細胞と呼ばれる細胞が活発に活動する時間で、これが髪の毛の健康に深く関わっています。この時間に睡眠を取れていない人は要注意ですよ。

4人目は血液がドロドロの人です。仮にストレスを溜めないようにして、タバコも吸っていないとしても、元々の血液がドロドロでは意味がありません。高血圧や高脂血症などは動脈硬化も引き起こすので、最終的に血行が悪くなってしまいます。正常な血圧かどうかも日ごろからチェックしましょう。

5人目は遺伝的に薄毛になりやすい人です。AGAはDHTという男性ホルモンが関係しているという話をしましたよね。実はそのDHTは5αリダクターゼから生成されるのですが、これは遺伝によって量が変化します。この遺伝子は母親から遺伝するので、母方の祖父が薄毛の方はかなりの高確率で薄毛になります。あらかじめ確認しておきましょう。

髪の生え際

前頭部・生え際の薄毛の対策方法

さてこれまでに前頭部、特に生え際の薄毛の原因となりやすい人の特徴を述べてきましたが、最後はその対策についてご紹介します。基本的に薄毛や抜け毛の対策は一緒ですので、生え際からの薄毛じゃない人もこれから紹介する対策方法を試してみてください。

1つ目はストレスをとにかく溜めない事です。言うのは簡単ですがこれが意外と難しいもので、ストレスと気づかずに溜め込んでしまっている人もいますし、一般にストレスが原因で抜け毛や薄毛が進行するのは3ヶ月経った後からとも言われています。特に問題なのがこれから紹介する他の薄毛対策を実行するのがストレスに感じてしまう場合です。対策方法はいくつかあるので、必ずストレスを感じない方法を実践するようにしましょう。

2つ目は生活習慣を改善する事です。喫煙を習慣的にしている人はできる限り禁煙する事、睡眠時間が不規則な人は寝る時間を決めておくなど改善方法は人それぞれになります。自分の生活を1度見直して、どこに薄毛の原因があるか特定した上で、その部分を改善するようにしましょう。1番効果的なのは食事です。食べ物から取れる栄養素は髪の毛に良い物もあれば、悪い物も存在するからです。色んな薄毛対策を試したのに効果がまるでないという人は食事で髪の毛に悪影響を及ぼす食べ物を食べていたというケースも存在するので、脂っこい物や甘い物がメインの人は控えるようにしましょう。逆に髪の毛に良い食べ物としては大豆が有名です。朝食に豆腐の味噌汁や納豆を加えるだけでもかなり変わってきますよ。

髪の生え際

3つ目は頭皮の血行促進です。血行を良くすることは薄毛対策として重要なのは重々わかってもらえているかと思いますが、では具体的によくするにはどうすれば良いかというと頭皮マッサージがお勧めです。特に入浴中やお風呂上りは体温が上がって血行もよくなっているので、このタイミングで頭皮マッサージを行うとより効果的です。指の腹で揉むように頭皮をマッサージしていきましょう。頭頂部付近や首の後ろには薄毛や抜け毛対策となるツボもありますので、そちらも日ごろから刺激するようにしておきましょう。

4つ目は育毛剤です。育毛剤と言われるとすでに薄毛や抜け毛が発症してからじゃないと意味がないと思われそうですが、予防としても効果的な対策です。そもそも育毛剤は頭皮環境や髪の毛の健康状態を良くして、発毛と育毛を促す薬です。頭皮ケアとして使ったとしても全く問題ないのです。他の薄毛対策と一緒に利用することでより効果を発揮するので、積極的に利用しておきましょう。注意が必要なのは薬なので副作用の危険性がある点です。必ず医師の方と相談した上で使用しましょう。

髪の生え際

薄毛対策はいくつもあります。先ほども説明したようにストレスを感じない方法でやるのが1番ですから、自分に合った対策で、薄毛を治療してきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*