多種の薄毛に効果のあるHARG療法に副作用ってあるの?

[最終更新日]2016/07/25

HARG療法はどんな脱毛症にも効く万能の治療法として話題になっています。

しかし、そんなに効果があるのであれば副作用もすごいのでは?と思いますよね。

今回はそんなHARG治療について詳しくお話したいと思います。

HARG治療(ハーグ)とは?

現在日本に病院で使用されている薄毛の治療薬はほとんどが海外で開発されたものです。特にアメリカは薄毛治療の最先端の技術を持ち、薬剤でもあらゆる効果が発揮されています。

しかし日本でも独自の薄毛治療方法があることをご存じですか。それがHARG療法と呼ばれるもので、日本人医師が開発した薄毛治療方法です。現在は一部の医療機関で行われているHARG療法ですが、早速この特徴についてご説明しましょう。

HARG療法は、福岡大の医師が開発した薄毛治療方法で、幹細胞に含まれている脂肪由来幹細胞たんぱく質抽出物を配合した有効成分を頭皮に直接注入する方法です。薬の働きにより頭皮株で活動を休んでいる幹細胞が活発になり育毛、そして発毛が促進される仕組みになっています。

harg 副作用

HARG療法はまだまだ一般的には普及されていませんが、今後の薄毛治療にとても注目をされている方法の一つなんです。

従来の内服薬や頭皮に塗布する薬剤よりも、直接薬を注入するため大変効果が期待できる治療方法なのです。治療には費用がかかりますが、育毛剤を生涯使い続けるよりも、そしてミノキシジルなどの薬の治療をずっと受けるよりも長い目で見ると安上がりであるとも言われています。

薄毛治療は効果が一番気になる点ですが、もちろん薬を使う以上は副作用も心配になりますよね。

ミノキシジルやプロペシアなどは副作用がある為、個人輸入で使うのはとても危険だとも言われています。薄毛治療方法はこのように新しい方法も開発されていますので、どうやって有効的な治療を受けるかは医師と相談することが必要ですね。

また薄毛治療は少しでも早く開始したほうが効果が出やすいメリットもあります。家族が薄毛だった方は遺伝の不安もありますので、できるだけ頭皮のチェックはこまめに行いたいですね。

AGAの最新治療「HARG療法」の特徴は?

AGAの最新治療のHARG療法はとても注目されていますが、育毛剤の効果が感じられなかった人にはとても画期的な薄毛治療方法です。その特徴は唯一の毛髪再生医療として認められた方法である点。今までの薄毛治療では症状を遅らせ現状を維持することが目的だったり、血行を促進して発毛を促すなどの治療がメインでした。

しかしHARG療法は幹細胞と成長因子により毛髪の成長力を回復させる効果がある治療方法なのです。脱毛の一つに円形脱毛症がありますが、HARG療法はこの脱毛にも大変効果を発揮し、ほかの治療法に比べ大変早い時間で円形脱毛症改善の効果がでたという臨床結果もあります。

harg 副作用

薄毛治療はそれぞれの原因に適した治療方法が効果的であるとされていましたが、HARG療法の場合は軽度のものから重度の脱毛症まで幅広く効果を発揮できる特徴があります。

また今までの薄毛治療で使用されてきたプロペシアやミノキシジルは男性型脱毛症に効き目があるのに対して、HARG療法は女性の薄毛にも効果がある点が大変注目されています。

現在ではヨーロッパや韓国などの海外でもその効果が認められ、しかも副作用の報告もされていません。女性の薄毛治療は体への副作用が大変気になるところですが、HARG療法ならその心配もないのです。

脱毛は色々な原因によりそれぞれ症状も異なりますよね。手軽に使える育毛剤ではなかなか効果が実感できないことも多く、薄毛治療を断念してしまう人も少なくはありません。HARG療法はとても費用もかかりますが、確実に薄毛が改善できる為多少の出費は仕方がないと思う方も多いようです。

HARG療法が気になる方は一度医療機関で相談してみましょう。早めの対策をとることが薄毛治療への第一歩です。女性も男性もストレスとなる薄毛は確実な治療方法を始めたいですね。

HARG療法に副作用ってあるの?

AGAの最新治療として話題のHARG療法ですが、一番の魅力点は効果が高いことです。また副作用がない為従来のプロペシアやミノキシジルを使った治療方法よりも体に安全である点が人気になっています。

従来の脱毛症医療薬であるプロペシアやミノキシジルには様々な副作用が報告されており、特に内服薬のプロペシアは女性の薄毛には効果がないだけでなく、妊婦さんが使用すると胎児に障害がでてしまう場合もありました。

しかしHARG療法は現在のところ副作用の報告がなく、薄毛治療では画期的な方法なのです。HARG療法は日本医療毛髪再生研究会の認定院にて受けられる発毛治療で、認可されている一部の医療機関でしか施術できませんが、この治療方法を希望する方はとても増えているようです。

世界各地でも行われているこの治療方法は、日本人のために開発されたプロトコルを用いているため、男性だけでなく女性でも受けることができる治療方法なのです。

HARG療法は休止期にある毛根にビタミンや血行を促進する成分を配合したHARGカクテルと呼ばれる薬剤を頭皮に直接注入します。毛母細胞が細胞分裂を行い、発毛促進するという仕組みになっています。頭皮に薬を直接注入するため、効果がでやすく実際に実感するまでに3か月から半年と大変スピーディな薄毛治療である点も魅力的ですね。

harg治療 費用

治療は1か月ごとに半年6回のクールを受けることが最も効果的とされてます。費用面では多少高く感じる方もいると思いますが確実な効果があり、しかも一生続ける育毛剤などとは異なり、6回ほどの施術で治療は完了します。効果がでる速さは個人差がありますが、内服薬や外用薬を使用するよりも効き目が抜群でしかも副作用がない点は魅力ですね。

気になる方は一度医療機関で相談してみましょう。一部の病院で行っていますのでまずはカウンセリングで問い合わせることをおすすめします。

HARG療法と民間療法の違い

HARG療法と民間療法にはどのような違いがあるのか比較をしてみると、一番のメリットはHARG療法は確実に髪が生えるという点。そして費用面で比較してみると民間療法では200万円から300万円ほどかかり、車1台分とも言われています。かつらの場合は素材によっても値段が異なり、平均的には100万円前後とも言われています。

HARG療法はクリニックによって値段が異なりますが、民間療法よりもトータル的には若干安く受けることが可能です。

気になる効果ですがHARG療法は男女ともに確実に育毛効果がある点が特徴です。従来の育毛アイテムでは万人に効くとは言いがたい効果となっていましたが、HARG療法はその値段に見合った効果を実感できます

治療にかかる期間は、民間療法の場合は1年~3年程かかり、かつらの場合は2年ごとに買い替えが必要になります。その点HARG療法は治療期間は3か月~半年と大変短い点も魅力なのです。

さらに通院する頻度は民間療法の場合、週に1回、2回程度で通院が必要になり、かつらの場合は月に2回程度のメンテをする必要があります。

HARG療法は月に1回のクールを半年の間で6回行うだけ。人によって個人差がありますが、早い人では3回目のクールで効果を実感できる人もいるようです。

そして民間療法では食事療法や生活改善など、毎日自分で注意しないといけない点がいくつもあります。

かつらも同様にブラシングや散髪も必要になる為、購入しただけでは終わらないのです。

その点HARG療法では生活制限も一切なく、今までと変わらない生活が送れる為、治療中のストレスも少なく、忙しい方にも大変便利です。

薄毛治療は時代とともにどんどん進化しています。大切なことは自分に一番合った治療方法を受けること。まずは医療機関で相談をしてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*