若年性脱毛症は病院で治す!治療ができる病院はどこ?

[最終更新日]2016/07/14

若年性脱毛症治療

病院で行う若年性脱毛症の治療とは

若ハゲは近年では珍しくない病気となっていて、病院やクリニックにおいてもその影響が出ていて、様々な治療法を確立し始めています。若い内からみっともない頭髪になって中々相談しにくいと考える人もいるかもしれませんが、最近では珍しいことではありません。

恥ずかしがらずに病院やクリニックで診察や治療をしてもらうことで改善する可能性がかなり高くなっています。そこで今回は病院で行われている若年性脱毛症、通称若ハゲの治療法や治療の流れをご紹介します。まずはどんな治療法があるかをご説明します。

まず1つ目は最も有名なプロペシアという飲み薬です。フィナステリドを主成分にしていて、AGA治療薬として世界的に認められています。若ハゲにはAGAも含まれることがあるので、このプロペシアは若ハゲの治療でも利用されます。

2つ目はHARG治療です。毛髪再生治療という言葉からきている治療法ですが、医学的な根拠はまだ明確にされていません。プロペシアに比べると一般に知られていないのはこれが理由です。

若年性脱毛症治療1

そのため治療に関しても、日本医療毛髪再生研究会に認められた医師の方にしか行えません。治療法は発毛に必要な成分を凝縮して頭皮に流入して発毛を促すというものです。植毛に近い治療法ですね。

3つ目は植毛です。現代医学においては、薄毛の部分を確実に隠すことができる唯一の方法になっています。抜け毛の原因が複数あって特定しにくいため、根本から改善するよりも外側から髪の毛を増やすのが最も確実な治療法になっているわけです。

こちらも医学の進歩によって大掛かりな手術が必ずしも必要ではなくなっています。メスを使わなくても薄毛の気になる部分に植毛できるようになっているわけです。

4つ目はミノキシジルです。こちらは血管拡張作用のある薬で、頭皮の血行を改善する目的で利用されます。薄毛の原因の1つとして血行不良が考えられているために、こちらの治療も薄毛の治療として役立つわけです。ミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類が存在しますが、効果が高いとされているのは内服薬の方です。

5つ目は育毛メソセラピーです。こちらもHARG治療と同じで医学的根拠は解明されていません。薄毛が気になる部分に育毛効果があるとされている薬剤を注入し、その成分をより浸透させるためにレーザーを照射する治療法です。

病院やクリニックで受けられる治療法が意外と多いと思った方も多いと思います。しかしこれらの治療を全てやったからと言って必ず若ハゲが改善されるわけではありません。若ハゲの原因は多数存在するので、まずはそれらを突き止めるのも治療には大事なことなのです。

治療の流れ

若ハゲの治療として病院やクリニックを利用しようと考えている人は、実際にどのようにして治療していくのかが気になりませんか。ここではどのような流れで治療していくかをご説明します。

まず最初はカウンセリングから始まります。病院に薄毛の治療がしたいとお願いしても、いきなり植毛したり薬を処方してもらえるわけではありません。

それに若ハゲになって精神的にも不安を感じている人も多いでしょうから、具体的な治療の方法と金額、それからどれくらいで改善されるのかなど、患者さんの疑問や不安を取り除くためにもカウンセリングは行われます。

医師の方はこれまでにも多くの薄毛に悩んでいる方のカウンセリングをしてきましたから、安心して質問をして疑問点や不安を解消しておきましょう。カウンセリングが終わってから初診に入ります。今後治療を行っていくわけですから、薬の効果が頭皮に出ているかをチェックするためにも頭部の写真撮影を行います。

若年性脱毛症治療画像

それから先ほども申したようにまずは薄毛の原因を突き止めるところから始まりますので、頭皮の状態と一緒に体の健康状態も診察します。血行不良による薄毛なのか、AGAによる薄毛なのかを調べるためにも体の健康状態もしっかりとチェックしてくれます。

そして1度診察を受けて薬をもらってそれで治療が終わるわけがありません。定期的に通院して経過を報告することになります。最初に行った治療法でどれくらい効果が出ているのかをチェックしつつ、今後も同じようにしていくのか、はたまた別の治療法に変えるのかを患者さんと一緒に相談しながら進めていくことになります。

植毛以外の薬などによる治療法の場合、基本的に効果がはっきりと目に見えるのは3ヶ月は先と言われています。薄毛の治療には時間がかかることを念頭に置いて、治療していきましょう。

どうしても人の目が気になってしまうという方は医師の方に相談して、植毛による改善も考えていきましょう。ストレスは血行不良を招くとされていますので、治療に不満がある時も抱え込まずに医師の方に必ず相談するようにしてください。

若年性脱毛症治療のクリニックをご紹介

それでは具体的に若ハゲの治療ができるクリニックをいくつかご紹介します。

まず1つ目は中央クリニックです。関東圏にいくつかクリニックを持っているこのグループは、先ほど説明したHARG治療が認められているクリニックです。マイクロスコープで患者さんの頭皮の状態をしっかりとチェックした上で、それぞれの頭皮状態や予算に要望に合わせて治療を行っていく体制を整えています。

男女関係なく薄毛に悩む方の味方となってくれます。通院頻度も月に1回程度と患者さんの負担にならないように配慮されていますので、関東圏に在住の方は是非1度相談してみてください。

2つ目はヘアメディカルです。日本で初めての発毛治療専門病院を開院したところで、現在は600種類以上もの処方を持っています。これまでに135万人の薄毛を治療してきた実績は本物です。

無料カウンセリングも行っているので薄毛が気になり始めた方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみてください。東京や大阪、名古屋に福岡などに病院を構えています。

3つ目はAGAスキンクリニックです。東京や札幌、横浜など全国に39院存在するこちらのクリニックでは、他と比較して安価な治療プランがあるのが特徴です。毎月4200円の治療費はかなり安価です。

しかし治療費が安いからと言って効果が弱いということはありません。4~6ヶ月治療を継続した患者様の満足度は99.4%と非常に高い数値を叩き出しています。実際の患者さんの声なので効果がかなり期待できますよね。フィナステリドとミノキシジルを主成分に構成したオリジナルの発毛剤がその満足度を生み出した秘訣です。

こちらでご紹介したクリニックはあくまでもごく一部です。全国には他にも多数の薄毛治療を専門としているクリニックがあります。近くにいくつかクリニックがあってどこに行こうか迷っている人は、まずは無料カウンセリングを受けることをお勧めします。

薄毛に関する悩みや疑問点などを解消してくれますし、そのカウンセリングの応対の仕方に安心できればそのクリニックに通うのがベストです。薄毛や若ハゲの原因にはストレスがかなり注目されています。

担当医師の対応が悪くて治療中にストレスを感じていては意味がありません。心から信頼できる医師がいるクリニックを見付けて、そこで治療を進めていくのが若ハゲには最も効果的な治療と言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*