発毛が期待出来る?ポラリスのAGAへの効果と副作用

[最終更新日]2016/10/27

ポラリス

AGA、男性型脱毛症は男性なら避けては通れない薄毛の症状となっています。実際医薬品売り場では数多くの育毛剤や発毛剤が売られています。

薄毛が目立ってきたから何か買おうと思ったけど、予想外に種類が多くてどれを買えば良いのか分からないと悩んでいる方もいるでしょう。

今回はそんな方のために、ポラリスシリーズという発毛剤をご紹介いたします。

AGAに効く?そもそもポラリスってどんな商品?

まずはポラリスという商品、ポラリスシリーズと言われているのは何故かという話から進めていきます。

まずポラリスはアメリカのポラリス社から発売されている発毛剤の事です。ポラリスに含まれている主成分は有名なミノキシジルで、このミノキシジルの濃度が5~16%と違う物が5種類あるため、ポラリスシリーズとまとめて扱われているわけです。AGAの進行具合によってミノキシジルの濃度を変えてポラリスを利用できると言うのがこのシリーズの強みの1つです。

それから育毛剤と言わず発毛剤と言うのは、その名の通り発毛効果が高いからです。薄くて短い髪の毛を太くて長い髪の毛にするのが育毛で、髪が生えてこない毛穴からもう1度髪の毛を生やすようにするのが発毛です。つまりAGAの対策としてより根本的な解決が見込める治療薬となっているのです。

まとめると、ポラリスはミノキシジルを主成分とした発毛剤であり、5~16%の濃度の中から自分のAGAの状態に合わせて使用できるシリーズになっている、という事になります。

ポラリスのAGAへの効果

それではここからは具体的にポラリスがAGAに対してどのように効果があるか、含まれている成分に合わせてご説明いたします。

まず発毛効果が1番見込まれるミノキシジル。これは古くから使われているAGA治療薬の1つでもあります。元々は血圧を下げるために利用されていた薬だったのですが、その副作用として髪の毛が濃くなるケースが多かったため発毛効果が期待できるとして、今では多くの育毛剤や発毛剤に配合されるようになったのです。なのでAGA対策としての成分としてはこれ以上ないくらいに確かな実績を持っているのです。

ポラリスにはミノキシジルが含まれているから、という理由だけではお勧めしません。ミノキシジル配合の育毛剤や発毛剤は数多く存在していますから。ではそれ以外の成分には何があるかというとりんごポリフェノールが挙げられます。

りんごポリフェノールには血行を促進して毛穴の活動を活性化させる効果があり、それに加えてさらに肌の炎症を抑える効果もあるんです。髪の毛は頭の皮膚、頭皮に生えているわけですから、頭皮の状態も髪の毛の健康には大きく関係しています。このりんごポリフェノールは頭皮の状態を良くしてくれる成分で、最近になって育毛剤でも配合される事が増えてきた成分なのです。

他にも発毛や育毛効果を期待できる成分が含まれていますが、ポラリスシリーズ毎にその成分が違ったりします。例えばミノキシジル濃度が1番薄い5%のポラリスNR-07には発毛を促進するアデノシンが含まれていますし、16%のポラリスNR-10には抜け毛予防として有名なフィナステリドが含まれています。

ポラリスにはAGA対策の有効成分としてミノキシジルが含まれていて、シリーズによってそこにさらなる発毛や抜け毛予防となる成分がいくつも含まれているのです。

ポラリスシリーズはNR-07から始まりそこから数字が増えてNR-11までの5種類が存在します。NR-07がミノキシジル配合5%で、08が7%、09が15%で、10で最大濃度の16%となります。NR-11はミノキシジルの濃度が12%と控えめになりますが、それに加えてフィナステリドなどの別のAGA対策の成分が含まれているため、発毛剤としての効果はしっかりと期待できます。

ポラリスシリーズは1つ1つ違いがありますので、自分のAGAの進行具合に合わせてどれを使うべきか医師の方と相談しつつ探していきましょう。

ポラリスの副作用は?

ポラリスがAGAに対してどのように効果を発揮してくれるか説明してきました。しかし効果が高ければ高いほど気を付けなければならないのが、副作用です。ミノキシジルはAGA対策の成分として有名ですが、一方で副作用もあるという点でも有名です。となると、そのミノキシジルを使っているポラリスではどのような副作用があるか気になってしまいますよね。

まずミノキシジルで起こる副作用としてかゆみやかぶれなどの肌荒れが存在します。塗布した幹部が赤くなって炎症を起こすケースも少なくないのですが、これはミノキシジルを溶かしているアルコールが原因となっています。ポラリスではその原因を分かっているため、アルコールの量を限界まで少なくした上でミノキシジルを配合しています。

また肌の炎症を抑えるりんごポリフェノールも配合する事で、このかゆみやかぶれといった副作用を解消しています。この点に関しては他の育毛剤に比べて安心できるでしょう。

1番注意すべきは高血圧や低血圧など、血圧に異常がある人です。ポラリスに含まれるミノキシジルは、元々血圧を下げるための薬だったと説明しましたよね。発毛剤として使う場合は、今度はその血圧の低下が副作用として起こります。なので血圧に異常がある人は使用を控えましょう。

ポラリス全体で気を付けるべき副作用としては血圧が1番ですが、シリーズによっては女性の方は使用できない物がありますポラリスNR-10ポラリスNR-11にはミノキシジルだけでなく、フィナステリドが配合されています。このフィナステリドは抜け毛予防として活躍している成分なのですが、男性ホルモンに影響を与える関係上、妊娠していると胎児に悪影響を及ぼす事にもなるのです。そのため女性の方はこの2つのシリーズは使わないよう気を付けましょう。

ポラリスはAGAに有効的な発毛剤ですが、副作用がないわけではありませんし、中には看過できない副作用も存在しますので、使用時には十分気を付けましょう。

AGAへの効果は個人差あり!根本的に治すなら?

ポラリスはAGAへの効果が高いとされていて、多くの患者さんの薄毛を改善してきました。しかしそんなポラリスでも全ての患者さんのAGAを治せるわけではなく、やはり個人差が出てしまいます。人によっては全く改善しなかったという事もあります。

確実にAGAを治したい、今後髪の毛で悩まされる事が無いようにしたいという方であれば、やはり専門のクリニックへ相談しに行くのがベストです。

薄毛やAGA専門のクリニックも最近は増えてきていて、そこでしか受けられない治療法もあります。基本的には薬の服用での治療となりますが、手術によって植毛するという解決策も存在します。

最近注目されているのはグロースファクター(成長因子)を注入するタイプの治療法です。AGAの治療となると今までは薬を服用して体の内側から治すか、患部に薬を塗布する外側から治すの2通りしかありませんでした。しかしこのグロースファクターでの治療法は、頭皮に直接注入するという、1番直接的な治療法になるのです。髪の毛の成長に必要な栄養を直接注入するため、発毛と育毛のどちらに対しても有効的であると考えられています。

このようにAGAの、薄毛の治療法というのは日々進化して増え続けています。しかしそれでも万人に対応できる治療法というのはまだ確立されていません。だからこそ様々な治療法が存在しているのです。まだAGAに対する治療法を何も始めてないと言う方は、是非この機会にポラリスシリーズから治療を始めてみてください。

まとめ

  • ポラリスはミノキシジルを主成分とした発毛剤であり、5~16%の濃度の中から自分のAGAの状態に合わせて使用できるシリーズになっている。
  • ポラリスにはミノキシジルだけではなく、りんごポリフェノールも配合されており、血行を促進して毛穴の活動を活性化させる効果があり、それに加えてさらに肌の炎症を抑える効果もある。
  • 血圧に異常がある人、妊娠中の女性は使用を控えましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*