無関心は進行を早める?AGA(男性型脱毛症)進行速度の特徴

[最終更新日]2016/09/29

AGA 進行

男性なら誰しも発症する可能性のある脱毛症、AGA(男性型脱毛症)。

円形脱毛症と違っていきなり頭皮が露出するほど髪の毛が抜けるわけではなく、少しずつ髪の毛が薄くなっていくため中々AGAに気付きにくいものです。

今回はそんなAGAがどのように進行していくのか、またどんな人がAGAの進行を早めやすいのかをご説明いたします。AGAに有効な治療法もご紹介しますよ。

AGAの進行速度の特徴

まずはAGAの進行具合に関する情報をお届けします。

AGAの特徴として、進行速度が非常にゆっくりというのがあります。個人差はありますが、1ヶ月や2か月程度では中々気づけないほどにゆっくりです。その上薄毛に1度気づいてしまうと髪の毛の変化に敏感になってしまって、そこからはAGAの進行にもすぐに気づけるようになります。そのため急激にAGAが進んでいると感じる方も多いですが、それはすでにAGAがある程度進行しているからこその変化です。本来の進行速度は非常にゆっくりなのが、AGAの症状の進み方になります。

進行速度に関して個人差があると説明しましたが、これは生活習慣が関係していると言われています。シャンプーでの洗い方などの頭皮のケアから、食生活睡眠時間などで頭皮と髪の毛の健康状態は大きく変わってきます。AGAになったとしてもこれらのケアをしっかりとしていれば、その進行速度をより遅くすることも可能です。逆を言えば、不規則な生活をしている人はAGAの進行が早くなりやすいということに注意が必要です。

ではそのAGA自体はいつから進行し始めるのかという始まりが気になる方もいるかと思いますが、これは人によってかなり個人差があります。10代から進行が始まることもありますし、30代半ばになると半数くらいの人が脱毛や薄毛の気配を感じていると言われています。個人差の違いに関しては後ほど詳しくご説明しますので、10代からゆっくりと進行し始めていくこともあるということを覚えておいてください。

AGAの進行速度を早める要因

AGAの進行速度は人によって個人差があり、その原因は生活習慣にあるというお話をしましたよね。ここではその原因をより具体的にご説明いたします。

まず1つ目は間違った頭皮ケアです。ほとんどの人が毎日シャンプーで頭を洗っていると思いますが、正しい手順で洗わないとむしろ頭皮に悪影響を及ぼすことになります。爪でガリガリと痒い所を引っ掻くような洗い方はダメです。また洗浄力の強いシャンプーだと皮脂を落とし過ぎてしまい、頭皮の状態を悪化させる原因になります。頭皮の状態が悪くなれば髪の毛も成長しづらくなり、AGAの進行を早めることに繋がるので注意が必要です。

2つ目は偏った食生活です。髪の毛は血液から栄養を受け取って成長していくので、血行が悪くなれば当然成長しづらくなります。脂っこいもの糖分の多い食べ物は血行を悪化させることになりますので、これらの食べ物に偏った食事をしている人はAGAの進行が早くなりやすいです。飲酒喫煙も血行を悪くする原因として考えられているので、生活習慣には気を使いましょう。

最後は薄毛の原因としてよく挙げられるストレスです。これはストレスによって血行が悪くなるばかりか、成長ホルモンなどのホルモンバランスの乱れも誘発すると考えられています。多いのが薄毛が気になって、そればかりを気にしてストレスに感じて余計にAGAが悪化するという悪循環です。AGAは男性なら誰にでも起こりうる脱毛症なので、あまり深刻に捉えないようにしましょう。

こんな人は注意が必要!

AGA 進行

では具体的にどんな人がAGAの進行が早くなりやすいのかご紹介します。

まず1人目は習慣的にお風呂に入って頭を洗っていない人です。当てはまる人はそんなにいないとは思いますが、頭皮ケアの大前提はやはりシャンプーですので、これを日常的に行っていない場合はかなりAGAの進行が早くなります。逆に1日に何回も洗う人も注意が必要なことを覚えておいてください。目安は1日1回ですよ。

2人目はメタボ傾向にある人です。先ほど脂っこいものや糖分の多い物を食べているとAGAが早く進みやすいという話をしましたよね。これらの食べ物ばかりを食べていれば太りやすいというのはある程度予想できると思います。それに加えて十分な運動をしていない人も当てはまります。適度な運動は血行を良くする効果だけでなく、ストレス発散にも繋がります。平均体重との差が大きい人は十分注意しましょう。

3人目は心配性な人です。薄毛の事に限らず日常的に不安を感じやすいということは、精神的なストレスを増やしていることに繋がります。ストレスの原因を無くすか、発散することでストレスを溜め過ぎないようにしましょう。

4人目は夜型の人です。人間の成長ホルモンは午後10時から午前2時に多く分泌されているという話を聞いたことはありませんか。この時間に寝ることでより体の成長を促進させることができると言われているわけですが、これは髪の毛にとっても例外ではありません。この時間に寝ていない人は髪の毛の成長を阻害していることになりますので注意しましょう。

AGAの進行速度を遅めるための対策方法

ここまでにAGAの進行速度を早める原因とその傾向が強い人の特徴をご紹介しました。ではどのように対策すれば進行を遅らせることができるのかをここでご説明いたします。といっても原因がはっきりと分かっているので、基本的にはそれらを改善していくだけです。

まずは毎日ちゃんとお風呂に入ってシャンプーで頭を洗うことです。シャンプーは頭皮に優しい弱酸性にしたり、洗う時は指で揉むように洗ったり、洗い終わった後は必ずドライヤーで乾かすなど、ここだけでも対策方法はいくつもありますので、この機会に正しいシャンプーの洗い方を覚えてしまいましょう。

次に規則正しい生活を心がける事です。特に睡眠食事の2点に関しては改善していきましょう。睡眠は午後10時から午前2時の間に寝るのが理想的ですが、それが難しい場合でも就寝時間と起床時間は毎日同じになるようにしましょう。不規則な生活リズムは体の健康にも悪影響を及ぼしますよ。

そして食事に関してはとにかくバランス良く栄養を摂るようにしましょう。いきなり脂っこいものや甘いものを控えてもストレスになるだけなので、少しずつ量を減らしてバランスを整えましょう。

デスクワークなどで体を動かす機会の少ない人は運動も心がけましょう。電車で通勤している人は一駅分歩いてみるのをお勧めしますよ。

AGAの進行速度を遅くするための対策は日常生活の中に多くあるので、今日からぜひ試してみてください。

AGAの進行を止めるにはHARG治療がおすすめ

AGAの進行を遅らせる対策をご紹介しましたが、あくまでも遅らせるだけで根本的な解決はほとんどできません。もしも根本からAGAの治療を行いたいという場合にはHARG治療がお勧めです。

AGA 進行

HARG治療というのは髪の毛の成長を促す成分を注入するという治療法で、多くの薄毛や脱毛症で悩まされている患者さんを救ってきた治療法です。この治療法が他の育毛や増毛といった対策と違うのは、活動休止した毛根も復活できる点にあります。

1度禿げた部分からはもう髪の毛が生えてこないと思いがちですが、実は毛根自体は存在していて活動していないだけのことが多いのです。その活動をもう1度復活させることができるのがHARG治療の強みです。なので例えばAGAがすでにかなり進行していて誰から見ても薄毛であるという状態でも、髪の毛を若い時のように生やすことも不可能ではないのです。

HARG治療は薄毛に悩む方の強い味方になりますので、ぜひAGAの治療として役立ててみてください。

まとめ

  • AGAは進行速度が非常にゆっくりで気付く頃にはある程度症状が進行している事が多い。
  • 間違った頭皮ケアや脂っこいもの中心の食事等が進行を早めてしまう。
  • 進行速度を遅くするための対策は日常生活の中にある。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*