育毛剤リアップは本当に効果があるの?その効果を口コミから検証!

[最終更新日]2017/03/03

育毛剤 リアップ

リアップといえば育毛に関心がない人でもその名は記憶に留まっているというほど広い認知度を誇ります。
事実、リアップは日本で唯一発毛効果があると厚生労働省に認められた育毛剤ですから、その効果のほどは簡単に予想が付きますよね。しかし、聞くと見るとでは大違いといいますが、実際のリアップの評判はいいものばかりではないのが実情です。それでは何でそんなことになっているのか、本当に評判通りの効果しかないのかを、リアップの様々な面から検証してその答えを出していきたいと思います。

育毛剤リアップとは?

このリアップは大正製薬から販売されている第一医薬品で、今は2015年にリニューアルしたアップx5プラスが後継シリーズとして販売されています。そしてメーカーの臨床試験結果では約7割の人に軽度以上の改善効果が認められている点もさすが国が認めた育毛剤というところでしょう。
メーカーの臨床試験なんて当てになるはずがないと勘ぐる方も多いかと思いますが、勘ぐってデータを2割増して考えても6割もの改善効果が認められることを考えれば、やはり育毛効果の高い製品であることに違いないでしょう。
しかもリアップには効果があってしかるべき理由があるのです

それは配合されている成分ミノキシジルの存在です
ミノキシジルはAGA治療薬としてその発毛効果を全世界が認めており、日本でも市販されているリアップのほかに、クリニックでもAGA治療薬の主戦力として処方されています。

ほとんどのクリニックで使用されていることを考えれば、ミノキシジルがいかに今のAGA治療になくてはならない存在なのかお分かりいただけるのではないでしょうか?
それではリアップの有効成分ミノキシジルの働きについて簡単に説明しておきましょう。

AGAの治療にも使われるミノキシジルって?

ミノキシジルはアメリカの製薬会社で創製された薬で、元々は高血圧患者向けの「血管を拡張させて血圧を下げる」血圧降下剤として誕生し販売されるようになりました。その後、使用者に多毛症の副作用が現れたことから、育毛に有効な成分であることが認められ、1980年代初頭に発毛外用薬として販売されるようになりました。
その後、さらに効果の高い内服薬としての研究も進められましたが、実験動物の心臓破裂という事故が起こり、内服薬としての研究は諦められることになりました。それによりミノキシジルの内服薬がAGA治療薬として販売されることはなくなりました。しかし、外用薬でさらに高い効果を求めて海外ではリアップの5%を大きく上回る最高15%含有の製品が販売されるなど、30年以上に渡ってAGA治療の第一線でエースを張り続けています
さらに2010年には日本皮膚科学会がAGA治療ガイドラインで高い推奨ランクを設けました

リアップ育毛、発毛のW効果で改善してく!

それではリアップにはどのような効果があるのかを説明しましょう。先ほども言いましたがリアップの育毛効果はミノキシジルの働きによるもので、下記のようなものが挙げられます。

  • 血管拡張作用
  • 毛包の発達
  • 血管拡張作用

先ほども言いましたがミノキシジルは元々血管を拡張させて血圧を下げる血圧下降剤として創製されました。
よってAGA治療薬として販売されるようになった今日もこの効果はミノキシジルに存在します。髪の毛が健康に成長するには十分な酸素と栄養が必要になり、これらを髪の毛を生成する毛母細胞まで運搬しているのが頭皮の下を流れる毛細血管です。しかし薄毛が進行した頭皮環境は決して良好なものではなく、下記のような状態にあります。

  • 頭皮が皮脂でべとべと
  • 毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすくなっている
  • 頭皮が固くなっている

これら頭皮環境はその下を流れる毛細血管を収縮させて、血行不良の状態にしてしまいます。
これでは髪の毛が成長するのに必要な酸素も栄養も十分に送り届けることはできませんよね。そして、この状態が長期間続くと髪の毛は細くなり、抜け毛が進み、脱毛は更に進行することになります。
ミノキシジルはこの血行不良によって阻害されているこれらを血管拡張作用で解消し、髪の毛の成長に必要な酸素と栄養を十分に供給できる体制へと変化させて発毛・育毛を促進します。

  • 毛包の発達

毛穴は正式名称を毛包といい肉眼では頭皮の穴しか見えませんが、表皮が内側へ筒状に入り込んだ部分を指します。
この毛包には髪の毛が成長する様々な幹細胞が在中しており、髪の毛の生成を行っています。
代表的なものを挙げると髪の毛の成分であるケラチンを蓄積して、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を成長させる毛母細胞です。しかし、この髪の毛の生成は毛包内の毛母細胞を始めとする幹細胞が活発に活動していなければ全く機能しません。

先ほどの血管拡張作用でいくら酸素と栄養を供給できたとしても、エンジンが故障した車のようなものですから、まったく働くことはないのです。ですが当初はまったく活動しなかった幹細胞も酸素と栄養を供給し続けることによって再び元気になり、発毛を再開するようになります。ここまでくれば元気な細胞が十分な酸素と栄養を受け取ってどんどん髪の毛を生成できる状態になるので、結果的に発毛と育毛を促進するようになります

つまりリアップは活動が低下していた髪の毛を生成する細胞を再び活性化させて、そこへ髪の毛を生成するのに必要な酸素を供給する2段構えの方法で発毛と育毛を促進しているのです。

実際に使った人の評価を見てみよう!

  • リアップX5を1年間使用してみたが全く効果がなかった。

所詮は遺伝によるものと諦めて、今では単発にして開き直っている。

 

  • リアップだけ使用しても意味はない。

フィナステリドが配合されたプロペシアと併用しなければ効果は期待できない。

 

  • リアップを10カ月くらい使用したが、その間に頭皮が炎症を起こしてしまい、2回縮毛をかけた。

とりあえず使用をやめてみたが、やめると脱毛が進んだように感じる

実際に統計を取ったわけではありませんからはっきりしたことは言えませんが、使用者のすべての方が満足しているわけではないようです。また、炎症が起こったという口コミもあり副作用も気になるところです。

リアップって副作用はないの?

残念ながらリアップには下記のような副作用が認められています。

  •  頭皮がかゆくなる
  • 頭皮がジンジンする
  • 頭皮が火照る
  • 血圧が低下する

よって購入する際にはこれら副作用についてシッカリと理解しておいた方がいいでしょう。
これら副作用はみなミノキシジルの持つ血管拡張作用から発症したものです。血管が拡張して血流が促進されるため、感じ方に個人差はありますが頭皮がジンジンしたり火照ったり、かゆくなったりします
ただこれ自体は体に悪影響を与えるものではありませんから、我慢できるのであれば気にするほどの副作用とは言えないでしょう。しかし、リアップ使用者の中にはかゆみが強すぎて我慢できず使用を中止したという方もいるくらいですから、こればかりは一度パッチテストをしてみるのがいいかもしれません。

ですが「血圧が低下する」という副作用には注意が必要です
ミノキシジルは元々血圧下降剤として創製された薬ですから、使用することで血圧の低下がみられるのは当然の話です。
平均的な血圧を維持している方が使用するのであれば立ちくらみやめまい位で済むでしょうが、血圧が低い方が使用すれば失神に至ることも考えられます。低血圧の方は使用時に十分の注意が必要です
しかも、現在のところリアップとの因果関係は明らかにされていませんが、リアップ使用者から下記のような届けが出ていることも確かです。

リアップを使用中に3名が循環器疾患で死亡

発売以降、2003年時点で循環器系の副作用が500例寄せられている

これは厚生労働省から正式に公表されたものですから、こういったことがあったことは事実です。
いくら因果関係が明らかになっていないからといっても、低血圧のほかに何かしらの既往症を持つ方は一度医師に相談してから購入した方が間違えないでしょう。

リアップはどこで購入できるの?

リアップは医薬品ではありますが医師の処方を必要としないので、ドラッグストア等で手軽の購入することが可能です。
しかし、1本が7000円以上もする決して安くないものですから、できるならなるべくお得に購入したいですよね。
ということで、ここではどうやって購入するのが一番お得なのかを探っていきましょう
それではリアップは公式サイト販売を行っていないため、ネット販売、店頭販売でのリアップの販売価格を比較していきます。

ネット販売

大手通販サイトで価格帯を調べたところ最低価格が6,500円前後で、7,500円前後が一番多い価格帯でした。

店頭販売

大手ドラッグストアで価格帯を調べたところ、最低価格が3本セットで単価が6,300円、7,200円前後が一番多い価格帯でした。

店頭販売では小売価格が決まっているのであまり値引きが期待できないため、ネット販売をしているドラッグストアの価格を調べましたが大手通販サイトで出品されているものと大した価格差はありませんでした。特典らしきものを用意しているところもなかったので、リアップに関してはどこで購入しても大差がないといえますね。

まとめ

  • 大正製薬の臨床試験では約7割の人が効果を認められた
  • ミノキシジルは髪の細胞を活性化、酸素の供給というW効果で育毛を促進
  • 副作用には、頭皮が火照る、かゆくなるという声がきかれる
  • ネット通販、店頭販売、共に大きな金額差はなく約7,000円前後

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*