育毛サロンと育毛クリニックは何がどう違うの?

[最終更新日]2016/12/21

育毛サロン クリニック

発毛や脱毛症対策、そして育毛を目的としたサービスを提供するお店は近年増加傾向にあります。

そんな中、育毛サロンと育毛クリニックと言われて、その違いを明確に答える事ができますか。

今回はこの育毛サロンと育毛クリニックの違いを詳しくご説明し、育毛により効果的なのはどっちなのかもご説明いたします。

育毛サロンの特徴とは?

それではまず育毛サロンの特徴についてご説明いたします。育毛サロンと言うのは美容サロンに近いサービス形態で、主に頭皮の環境を改善、整える事を目的とした施術を行います。

髪の毛の成長を促すために頭皮の環境を良くすると言うのはもちろん理にかなっています。実際皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まって薄毛に繋がると言われていますから。

育毛サロンはその頭皮環境のチェックに重点を置いていて、洗髪や頭皮のマッサージ方法に関しては非常に専門的であり、特にマッサージで得られる心地よさや気持ち良さと言うのは育毛サロンならではの良さに違いありません。

サロンによっては独自の研究データを用いたサービスを行っている場所もありますが、基本的にはやはり頭皮環境を良くするという事に注目して施術を行っています。

しかし育毛サロンにもデメリットはあります。まずそもそも育毛や脱毛症対策の効果がはっきりとしていない点です。頭皮環境を整えて発毛を促すと言うのは理にはかなっていても、科学的根拠はまだまだ乏しいのが現状です。特にAGA(男性型脱毛症)はホルモンバランスの乱れが原因とされているため、頭皮環境をいくら変えても体内のホルモンバランスが変わらない限りは一向に改善しません

そのためマッサージなどの治療に加えて、かつらやウィッグなどの対策を勧めてくるサロンもあると言う点です。有名なところですとアデランスなどが挙げられます。

育毛の効果が出てこない事に患者さんが不満を持たないように別の対策を用意しているわけですが、結果的に治療費+かつら代の2つを要求されるため、総合的な治療費が高額になりやすいのも育毛サロンのデメリットです。単独の治療費だけでも最新設備の維持費やマッサージをする医師の人件費などもあってかなり高額になっている事が多いです。

育毛サロンの特徴をまとめると、頭皮環境を良くするためのマッサージや洗髪を行ってくれる場所であり、育毛や発毛の効果が確実に現れる場所としては少し信頼性に欠ける場所でもあると言う事になります。

もちろん頭皮環境が悪いせいで髪の毛が薄くなっている人もいるので、そういった人には効果的であるのも間違いないですし、頭皮マッサージの気持ち良さはここでしか味わえないほどとも言われています。金銭的に余裕があり、気分転換やリフレッシュ目的で利用するのがベストでしょう。

育毛クリニックの特徴とは?

続いて育毛クリニックの特徴をご紹介します。育毛サロンとの差別化としては医療機関であると言うのが1番の違いになります。

育毛サロンは頭皮マッサージを主な治療法としているため医療の専門知識や資格は必要ではありません。しかし育毛クリニックでは薄毛や脱毛症の治療を医療行為として行うため、医師の資格やクリニック自体が医療機関であると認められている必要があります

AGAの治療で有名なプロペシアやミノキシジルの処方も、医療機関だからこそできる事です。つまり育毛クリニックではプロペシアやミノキシジルでの治療を行えるのでAGAの疑いが強い人はこちらで治療をした方がより効果的であると言えます。

さらに育毛クリニックは育毛に関する知識や技術を日々収集しているため、海外の最新機器を使った治療法を受けられる事も多いです。

近年では特にHARG治療と呼ばれる治療法が注目されていて、こちらは髪の毛の成長を促す成分を含んだカプセルを頭皮や毛根に注入する治療法になっています。一般の総合病院や育毛サロンでは受けられない育毛や脱毛対策の治療を受けられるのが育毛クリニックのメリットになります。

最新の治療法を受けられると言うのは非常に良い事のように感じられますが、これにはデメリットも存在します。

最新の治療法であるが故に信頼できる実績が少ないため、人によっては効果が出ない可能性がやはり少なからずある点です。また副作用のリスクも考えておく必要があります。

育毛サロンは基本的に頭皮の環境を良くするだけですので、体調が悪くなるなんて事はまずありません。しかしながら育毛クリニックの治療ではわずかながら副作用の危険性が出てきます。これはプロペシアやミノキシジルによる治療法においても例外ではありません。

もちろん副作用が出る事は稀であり、すぐに命に関わる症状が出るという事でもないので、体に異変が出たらすぐに医師に相談すれば問題ありません。ただそういった危険性が0ではないと言う点に注意しておきましょう。

それからいくら医療行為と言っても、命に関わる症状の治療ではないため保険が適用されません。そのため育毛クリニックでの治療も少し経済的に負担になりやすいです。また育毛の効果と言うのは早くても3ヶ月はかかるため、治療しているのに効果が出ないという精神的にも負担がかかりやすいのもデメリットです。

育毛クリニックの特徴としては、育毛を医療行為として捉えていて非常に効果的な治療法を行ってくれる場所であり、その効果には個人差が出やすくまた副作用の危険性もある場所でもあるという事になります。

すでに薄毛が目立つ、抜け毛が多いなどの症状が表れている場合には育毛クリニックで根本的に改善していく方が効果的ですので、そういった方はまず育毛クリニックでカウンセリングを受ける事をお勧めします。

どっちに行くべき?

育毛サロンと育毛クリニックの特徴をそれぞれご紹介しましたが、どちらに行くべきかは人によって当然変わってきます。

明確な線引きをするならば、既に薄毛の症状が出ているかどうかで判断するのが良いでしょう。将来を見越して早めに薄毛の対策をしておきたいという場合には育毛サロンで頭皮の状態を整えておくべきですし、もう誰から見ても薄毛だと分かる様な状態であれば根本的に治療を行う必要があるので育毛クリニックに行くべきです。

育毛サロンも育毛クリニックもメリットとデメリットが存在するため、その違いをしっかりと理解しつつ今の自分の状況と照らし合わせてどっちに行くべきか決めるようにしましょう。

選択肢としては他にも自分で治療すると言うのがあります。そもそも育毛サロンで行われている頭皮環境の改善方法は、シャンプーと頭皮マッサージが基本であり、知識さえあれば個人でも十分に可能な治療法です。

育毛剤も市販でかなりの種類が販売されていますし、金銭的に余裕が無くて育毛サロンに継続的に通えないと言う場合には自宅で治療するのも1つの手です。

もちろん育毛サロンの方が知識と技術に精通しているためより効果が期待できますし、マッサージはやはり人にやってもらった方が気持ち良いので必ず自宅でやった方が良いとは言えません。やはりそれぞれの治療法にはメリットとデメリットが存在するのをよく覚えておきましょう。

育毛サロンは頭皮環境を改善するのが目的の美容サロンであり、育毛クリニックは育毛を医療行為として根本的な薄毛の問題を解決して治療していくクリニックである、この違いだけ抑えて育毛に効果的なプランを考えていきましょう。

まとめ

  • 育毛サロンとは、頭皮環境を良くするためのマッサージや洗髪を行ってくれる場所であり、育毛や発毛の効果が確実に現れる場所としては少し信頼性に欠ける場所でもある。
  • 育毛クリニックとは、育毛を医療行為として捉えていて非常に効果的な治療法を行ってくれる場所であり、その効果には個人差が出やすくまた副作用の危険性もある場所でもある。
  • どちらに行くべきか悩んだら、既に薄毛の症状が出ているかどうかで判断するのが良いでしょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*