血流を良くして薄毛にさよなら!正しい頭皮マッサージの仕方

[最終更新日]2016/06/21

薄毛 頭皮マッサージ

皆さんはヘッドスパに行かれたことはありませんか。とっても気持ちいいですよね。

頭皮をマッサージすることは血流が良くなったり、皮脂や老廃物を取り除くなど髪の毛や頭皮にもいいだけでなくストレスも解消できます。毎日続けられればいいですが、お金も通う時間もない・・・・。

そんなあなたに今回は毎日簡単にできる頭皮マッサージの方法をお伝えしたいと思います。今日から、抜け毛や薄毛対策にセルフマッサージを行いましょう。

頭皮に優しいマッサージとは?

抜け毛の予防には健康な頭皮づくりがかかせません。目指してほしいのは弾力がありやわらかい頭皮です。硬くなっている頭皮をやわらかくするためにマッサージはとても効果的です。中にはマッサージならやっているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもマッサージといっても頭皮にゴシゴシ力をいれてやるのはNGです。力を入れてマッサージすると毛細血管に悪影響が及び、頭皮に酸素がいきわたらなくなります。結果、髪が抜けます。せっかく髪のためにとマッサージしてもこれじゃ逆効果。頭皮マッサージの基本はやさしくやさしくです

頭皮に優しいマッサージとは、けっして頭皮を傷つけることなく血行をよくし血液の循環を促すマッサージのことです。血液の循環が良くなると血行が促進され、髪を作る上で必要な栄養素が頭皮にとりこみやすくなります。結果、抜け毛や発毛に効果がみられるというわけです。頭皮マッサージをすることで、頭皮がやわらかくなり血行が良くなる。髪に必要な栄養が送られる。正しいマッサージを身につけ定期的に行うことは、薄毛対策とも言えるでしょう。

頭のマッサージの方法を間違えると大変なことに

やさしくマッサージすればいいからといって、むやみやたらにマッサージをしても効果は得られません。自己流でやるのは危険です。爪をたててしまっていたり、強い力で押してしまったり、間違ったところに強い力を加えてしまったりして頭皮を傷つけてしまう可能性があるからです。ブラシや器具を使ってマッサージするのもあまりおすすめはできません。

そして髪によいだろうと長い時間マッサージするのもおすすめできません。長時間するよりも、朝昼夜にわけて回数が多い方が効果的ですよ。また呼吸を止めずにリラックスして行いましょう。手に付いた雑菌が頭皮に付着し別の問題が起こることもあります。爪を切って手は清潔な状態で行いましょう。

正しい方法でないとかえって逆効果になったり、時には悪影響を与えてしまうこともありますので、正しい方法を身につけ薄毛対策していきましょうね。

正しい頭皮マッサージの方法

上記では、正しいマッサージをしないとかえって逆効果だということが分かりましたね。それでは正しい頭皮マッサージってどういうふうに行うのでしょうか。みていくことにしましょう。

側等部

ポイントは、指の腹でやさしくマッサージすることです。

左右の耳のすぐ上を親指以外の4本の手で押さえます。「角孫」というツボです。血行促進のツボです。親指は後頭部で固定します。そこから4本の指をゆっくり円を描くように動かしていきます。何回か円を描いたら、ゆっくりと上に移動していきます。下から上に血液を流すイメージです。

薄毛 頭皮マッサージ

頭頂部

頭頂部のポイントは押しすぎないようにすることです。頭のてっぺんと左右の耳をつないだ線の延長上に交わる部分を「百会」と言います。このツボは頭痛や自律神経失調の緩和にも効果的と言われています。この百会のつぼを両手の中指でゆっくりと押します。あくまでも押しすぎず気持ちの良い程度にしてください。こちらも血行促進に効果があります。

薄毛 頭皮マッサージ

後頭部

後頭部は少し強めでも大丈夫です。後頭部の中心線上で生え際から約0.5センチほどあがった真ん中のくぼんだところを「あ門」といいます。ここに両手の親指をあてて左右交互におしていきましょう。後頭部の頭痛や肩こり、鼻水、鼻血などにも効果がみられるようです。気持ちよさを感じられる程度に押しても問題ありません。

薄毛 頭皮マッサージ

首の後ろ

こちらも親指で強く押してかまいません。頭の後ろ髪の生え際あたりに「風池」というツボがあります。後頭骨の下のくぼみから2~3㎝ほどの左右、髪の生え際より少し上のあたりがツボになります。「あ門」の指2本分くらい外側に移動した場所です。親指で押し上げるように押さえましょう。その他の4本の指も揉むようにするとよいですよ。肩こりや、視力回復、脳の活性化にも効果的です。肩こりで血液の循環が悪くなっているのを和らげる効果があります。

薄毛 頭皮マッサージ

頭皮マッサージのポイント

マッサージのやり方をマスターしたところで頭皮マッサージのポイントについてお伝えしたいと思います。

頭皮マッサージの前に首をマッサージして血行を良くしよう

頭皮マッサージをすると血行がよくなるのですが、先に耳から顎のラインにそって首をマッサージしておくとさらにめぐりがよくなって効果的です。肩こりや、頭痛は実は薄毛にも関係しています。耳の後ろから顎の下に沿って首を指でもみながらなぞりましょう。

頭皮はやわらかくなったのに首や肩はガチガチでは意味がありません。首のマッサージもプラスアルファーして行うとよいですよ!

爪は切りきれいに手を洗いやさしくマッサージ

頭皮はデリケートな部分です。指の先ではなく腹をつかってマッサージをしていきましょう。髪の毛の中に手を入れて根元から押すイメージでやります。頭皮の固い部分を重点的にケアしていきましょう。

薄毛 頭皮マッサージ

必要以上の力や刺激が加わると毛細血管に傷がついたり、手についた雑菌が頭皮や毛穴周辺に汚れが付着し別の問題を引き起こすことも考えられます。爪を切った清潔な手でおこなうようにしてくださいね。

マッサージするタイミング

マッサージは、乾燥した状態でやると頭皮を痛めてしまうことになります。確かに美容院でマッサージしてもらう場合髪が濡れている状態が多いですよね。頭皮マッサージは、シャンプーや育毛剤を使用したあとに行いましょう。育毛剤の後にマッサージを行うと血行促進作用の成分が上手に働いてくれよりマッサージの効果が期待できます。

頭皮をやさしくあつかう

頭皮をたたいたり、場所を気にせず気持ちいいからといっていろいろと揉んでしまうと逆効果になります。男性型脱毛症は男性ホルモンの一つであるテストステロンと5αリダクターゼ(酵素)が結びつくとより強力なジヒドロテストステロン(DHT・脱毛物質)という男性ホルモンがつくられるのですが、このDHTが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりするといわれています。

薄毛 頭皮マッサージ

叩くなどによりジヒドロテストステロン(DHT・脱毛物質)が発毛を遅らせたり止めてしまうといわれています。頭皮は丁寧にやさしく取り扱ってくださいね。

薄毛が進行してしまっている方

マッサージも効果がある人とそうでない人がいます。マッサージは、あくまでも頭皮と髪が、ある程度健康な時に予防の目的で行うものです。

ですから薄毛が進行している方に関しては、少しでも刺激が加わると髪がぬけやすくなったり効果が期待できない場合が多いようです。注意してくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*