若ハゲを予防する正しいシャンプーの方法とは

[最終更新日]2016/07/14

若ハゲシャンプー画像2

若ハゲ予防におすすめのシャンプー

若ハゲにはシャンプーの選び方や洗い方が対策として重要になってくることをご存知ですか?シャンプーと言うのは頭皮環境を整える上で非常に大事な役割を持っていて、シャンプーの成分次第では毒にも薬にもなるのがシャンプーです。

そこで今回は若ハゲに効果的なシャンプーを紹介したり、正しいシャンプーの使い方をご説明します。

まずは若ハゲ対策に効果的なシャンプーをご紹介します。シャンプーには非常に多くの種類がありますが、お勧めなのはノンシリコンシャンプーとアミノ酸シャンプーです。

ノンシリコンは髪の毛や頭皮に直接効果があるわけではありません。育毛剤などの外用薬を利用している場合、シリコン入りのシャンプーではその効果がシリコンに邪魔されてしまいます。

若ハゲ対策として育毛剤を使っている人は必ずノンシリコンにしましょう。アミノ酸シャンプーは頭皮に優しいので、敏感肌の人には特にお勧めです。
具体的にお勧めなのがプレミアブラックシャンプーです。こちらはノンシリコンでありさらにアミノ酸系のシャンプーになっています。正に若ハゲ対策のためにあるようなシャンプーです。

若ハゲシャンプー画像

 

コンディショナーやトリートメントが必要じゃないという点も簡単に使用できて良いですよね。他にはホップエキス配合のシャンプーであるブラックモイスチャーシャンプーもお勧めです。こちらもノンシリコンですが、成分内に女性ホルモンの活動を活発にするホップエキスが含まれています。

 

髪の毛の健康や成長には女性ホルモンがかなり関わっているので、こちらも若ハゲ対策に効果的です。

実際のシャンプーの効果とは

ノンシリコンの良さなどを先にご説明しましたが、そもそもシャンプーが頭皮にどのような効果を与えるのかをご説明します。
まず先ほども少し話しましたが、シャンプーには皮脂を取る効果があります。

こちらは頭皮を守るために必要なのですが、多すぎても頭皮がベタついて毛穴を詰まらせる原因にもなるので問題です。シャンプーはその余分な分の皮脂を取ってくれるということです。シャンプーを1日に複数回やると必要最低限の皮脂まで取ってしまうので、頭皮環境が悪くなってしまうのです。

他にも効果はあって、当然ですが頭皮の環境を皮脂以外の面でも良くしてくれます。髪の毛の活動に必要な栄養は血液から送られてくるので、血行が良いかどうかというのは抜け毛に大きく関わってきます。

シャンプーの成分の中には頭皮を柔らかくするものもあるので、血行を良くする効果があります。頭皮が乾燥していて硬い状態ですと血行も悪くなってしまうのです。乾燥状態を予防してくれるという点でもシャンプーは役に立っているのです。

基本的にシャンプーが持つ効果というのは皮脂を取り除く効果と、頭皮環境を良い状態で維持してくれる効果です。シャンプー自体には当然ですが育毛効果はありません。

頭皮という髪の毛にとって大事な下地となる部分を整えるのがシャンプーの役割です。なので若ハゲが起こってからというよりも、若ハゲを予防するためにシャンプーの成分と洗い方は重要になるわけです。それでは次に正しいシャンプーの洗い方をご説明します。

シャンプーの正しい使用方法

さて若ハゲ予防としてシャンプーが効果的であるという話をしてきました。しかしシャンプーと言うのはそもそも頭皮にはあまり良いものではありません。頭皮はデリケートなので、異物が少し混じるだけでかゆみや炎症の原因になりやすいのです。

シャンプーに含まれる成分をしっかりと活かすためにも、シャンプーを正しく使うことが何よりも重要なのです。

シャンプーの正しい使い方ですが、まずお湯で汚れをしっかりと取りましょう。頭皮の汚れはお湯で8割方落とせると言います。逆にこれが不十分だとシャンプーの効果が汚れに邪魔されてしまいます。頭皮に優しいぬるま湯くらいの温度で流しましょう。

そして原液をそのまま頭皮に付けない事です。しっかりと手で泡立ててから付けるようにしましょう。次に洗う時に爪でガリガリと引っ掻かない事です。引っ掻くと頭皮に傷ができ、そこにシャンプーが染み込んでかゆみや炎症を引き起こす可能性が出てきます。

指の腹で優しく揉むように洗いましょう。それからしっかりとすすぎを行いましょう。最初に言ったようにシャンプーが洗い残されているとかゆみや炎症を起こすだけでなく、毛穴の詰まりの原因になります。

そしてお風呂上りに素早く乾かすことも重要です。頭皮に水分が多い状態ですと雑菌が繁殖しやすいです。自然乾燥で乾かしている人はドライヤーを使うようにしましょう。最後にシャンプーは1日1回で十分です。

複数回やると頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまいます。すると元通りにしようと頭皮から皮脂が過剰に分泌されてしまい、頭皮の環境が悪くなります。運動後にシャワーを浴びる時は、お湯で汗を流す程度に留めておきましょう。

シャンプーの正しい使い方、頭皮に優しいやり方としては以上になりますが、若ハゲ対策としてはシャンプーで頭を洗っている時にマッサージも一緒にすると良いです。頭皮全体を指の腹で揉み解したり、頭頂部や首の後ろにあるツボを押すのも効果的です。それでは具体的なやり方をご説明します。

頭皮マッサージをすることでより効果UP!

頭皮マッサージは若ハゲ対策として効果的です。マッサージをすることで凝り固まった頭皮を揉み解せるので、血行促進効果が期待できます。シャンプーの成分とマッサージによる血行促進効果が、若ハゲには効果的に作用するわけです。

マッサージをするタイミングはお風呂上りがお勧めです。シャンプー中の場合はマッサージにかける時間が長くならないように注意しましょう。シャンプーは基本的に1~2分がベストで、それ以上長くやると逆に頭皮に悪影響を与えてしまいます。

マッサージはゆっくりじっくりやる方が効果を体感できると思うので、お風呂上りにやるのをお勧めします。

基本的にマッサージは頭皮を揉み解すようにしていけば問題ありません。爪を立てないようにして指の腹で強すぎない力加減でやりましょう。痛みを感じるような強さでは逆に頭皮を傷つけている可能性があるので、力加減には特に注意しましょう。

若ハゲシャンプー画像1

ツボとして有名なのは後頭部、首の付け根にある窪みから指1本分外側にある風池(ふうち)と頭頂部にある百会(ひゃくえ)になります。風池は血行促進効果、百会は体の緊張をほぐす効果があります。体の緊張をほぐすことで血行を良くするわけです。

ツボ押しに関しては少し痛いと感じるくらいがちょうどいい力加減です。指で少しずつ力を強くしながら良い力加減を見付けていきましょう。

若ハゲ対策として、シャンプーと頭皮マッサージは一緒に行うことでより効果的になります。またノンシリコンシャンプーの説明時に話しましたが、さらに育毛剤を使うことでより若ハゲに効果が表れるようになります。どれか1つだけよりも全部行う方がいいので、ぜひ実践してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*