若くても薄毛になる!ストレスとの密接な関係とは?

[最終更新日]2016/07/14

ストレスは髪によくないと聞きますよね。ストレス社会だと言われている現代。実は、ストレスによる薄毛は最近増加傾向にあるようです。しかも最近は若い男女に多いんだとか。

仕事や人間関係でのストレスだけでなく最近はSNSの普及により、他の人の投稿をみて逆にストレスがたまるなどといったことも起きているようです。心当たりはありませんか。

実はこういった人たちは、毎日の薄毛対策も大事ですが、ストレスを上手に発散することがなによりの薄毛対策になるのです。
今回は、ストレスと薄毛の関係やストレスをためやすい人の特徴、ストレス対策法など紹介していきたいと思います。

なぜストレスが薄毛の原因になるの?

ストレスが溜まると髪にどのような影響があるのでしょうか。
まずはストレスが薄毛の原因となるメカニズムをみていくことにしましょう。

血行不良を起こしてしまう

強いストレスを受けて自律神経が緊張すると、血管が収縮されます。血流が悪くなると十分な栄養が細胞に送られず発毛力が低下してしまいます。血行は自律神経が制御しているのですね。

内臓機能の低下

ストレスは内臓機能も低下していくといわれています。内臓機能が低下するとタンパク質の吸収率が低下します。そうすると毛髪に必要な栄養素が髪の毛まで十分に行き届かなくなるといわれています。

不眠症

ストレスが溜まると夜寝れなくなるという話をよく聞きますね。実際、うつ病の方も不眠症で悩んでいる方が多いです。成長ホルモンの分泌が盛んなのは22時から2時までといわれていて、この時間に寝ていることがベストです。

また、質の良い睡眠であるかどうかも重要です。この時間は成長ホルモンが分泌され毛髪の成長を促進しますので、睡眠は、薄毛にとても関係しているといえますね。

男性ホルモンが増加する

ストレスを受けると男性ホルモンも増加します。ストレスによって過剰に男性ホルモンが分泌されると、いくら育毛剤や毎日のお手入れを頑張っても意味がありません。生え際や頭頂部の毛が薄くなる症状をAGA(男性型脱毛症)といいますがAGAは男性ホルモンが原因で薄毛になりますのでAGAの方は特に注意が必要です。

アドレナリンの過剰分泌

ストレスがたまると、アドレナリンが過剰に分泌されます。緊張したり、運動したりした時に出るものですが血圧や脈拍、血糖値の上昇などを引き起こす作用があるようです。

アドレナリンは活性酸素を急増させる作用があるため、頭皮の皮脂汚れを過酸化脂質に変えてしまいます。この過酸化脂質は、毛穴のつまりの原因になったり頭皮が炎症を起こす原因になるともいわれています。炎症は育毛を妨げてしまい薄毛の原因と考えられているので注意が必要です。

こんな人は要注意!

上記でも述べたように、ストレスが原因の薄毛の場合には、日頃のケア、例えばシャンプーや洗髪方法、育毛剤、栄養バランスのとれた食事などを試してもあまり効果がみられません。

なぜなら根本的な薄毛の原因が解消されていないから。それでは自分がストレスをかかえていないかチェックしてみましょう。

薄毛ストレス画像1

完璧主義

責任感が強い人、完璧主義者の人はストレスがたまりやすいです。この人たちの特徴は、自分への満足度が低くいつも目標に向かって頑張る真面目タイプ。自分で勝手につくった目標ラインまで到着できないとイライラしてしまいます。

そして、いつも課題や目標に向かって一生懸命です。自分が頑張っている、ストレスがたまっているということにもなかなか気がつきにくいです。

そして、もっと厄介なのが、人に頼るのが苦手ということ。何でも自分で完璧にこなしてしまうため、人にやってもらうことに満足できなかったり、協力してもらいたいけどそんなこと頼んだら迷惑ではないかなど人の心を先読みしてしまいます。1人で頑張りすぎる人は危険です。

ストレスを上手に発散できない人

これは男性に多いように思います。女性は、おしゃべりや愚痴を友人に話すことで上手に発散することができますが男性は、悩みを人に話すという習慣があまりありません。趣味もなく、家に引きこもりがちな方は、上手にストレスを発散しましょう。

多忙な人

仕事や家事、育児などで休まるときが少しもない人は要注意。時には休憩も必要です。仕事や家事、育児の合間にもリラックスする時間をとってのんびりすることも大切ですよ。

ストレスで薄毛にならないための対策方法

ストレスが薄毛の原因になることが分かったと思いますが、ストレスによる薄毛を改善するにはどうすればよいのでしょうか。具体的にみていくことにしましょう。

運動をする

体を動かすとセロトニンという物質が体内に発生します。脳内のセロトニンは気分や感情のコントロールにかかせない物質で精神的な安定や眠りの質を向上させる働きがあります。

逆にこの分泌が減ると、脳内の情報伝達がスムーズにいかなくなったりやる気や興味といったポジティブな感情を持ちにくくなります。運動というとなかなか難しいですが、ウォーキングなど手軽に始められるものでもいいですよ。

お風呂にゆっくりつかる

あなたは、毎日湯船に浸かっていますか??シャワーだけで済ませていないでしょうか。入浴は、薄毛対策にとても効果的です。リラックスしてストレスが解消されるだけでなく体温上昇による血行促進やデトックス効果もあります。

また、入浴中、雑誌や本などを読みながら半身浴もお勧めです。本や雑誌に集中することでストレスの原因となるものを考えなくてすみますからね。そして入浴後のゆるやかな体温低下は安眠へもつながります。

趣味をもったり、外にでかけよう

何も考えずに没頭できるものを探しましょう。例えば趣味をみつけるのがいいですね。ただし、その時間は何もかも忘れて集中できるものを選びましょう。また現実逃避できる旅行にいくのもいいですね。ポイントは気を遣わない相手。

人には気を遣ってしまうというのならば思い切って1人旅もいいですね。現実を忘れて非日常的な時間を楽しみましょう。趣味も旅行も日常の忙しさやストレスを忘れて気分転換できることが重要ですよ。

ストレスの原因はなにか考える

なかなか難しい問題ですがストレスを取り除くことが1番の解決策です。あなたのストレスの原因はなんでしょうか。仕事ならば休暇をもらったり部署移動をお願いする、思い切って転職するのもありかも知れません。人間関係ならその人との距離を保ちましょう。

運動や、入浴、趣味などはどうしても一時的なストレス解消法になります。できればストレスの根本的な理由を取り除くことが髪には良いと言えますね。

薄毛ストレス画像

 

また、ストレスが大きく影響している薄毛の一つに円形脱毛症があります。これは、強いストレスによって一時的に起こる症状の一つです。これは、ストレスがなくなると髪は生えてきますので安心してくださいね。

毎日一生懸命過ごしている人たちは、実は自分にストレスがたまっていることに気が付いていないことが多いのです。そう、一生懸命すぎるあまりに気が付いていないのです。

ストレスが原因だとは気がつかずに一生懸命対策をする。しかし全く効果がみられず逆にストレスがたまってしまっているかもしれませんね。そんな方は、ぜひ自分にあったストレス解消法をみつけて実践してみてください。髪も元気を取り戻すかもしれませんよ!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*