海外で話題の治療薬?AGAの新薬「ザガーロ」の効果を徹底解説!

[最終更新日]2016/07/15

ザガーロ

AGAの治療薬としてミノキシジルやプロペシアが有名ですが、海外では「ザガーロ」という治療薬が話題になっています。

従来の治療薬よりも効き目が強く、少量で使える点が話題を呼んでいるようです。

しかし、効き目が強いとなると不安なのは副作用ですよね。興味のある方は効果と副作用どちらも把握しておきましょう。

AGAの新薬、ザガーロっていったいなに?

AGAの新薬ザガーロという薬が大変話題になっています。この薬はどのような特徴があるのか早速知っておきましょう。この新薬はイギリスで誕生し、2015年に日本では厚生労働省で認可されました。

AGAの治療薬として大変お馴染みのプロペシアの成分であるフィナステリドと同じような働きをし、しかもその効果はフィナステリドよりも3倍以上もあるといわれています。

ザガーロ

ザガーロはイギリスのグラクソ・スミスクラインが販売するAGAの治療薬で、成分にはデュタステリドが配合されている特徴があります。働きは薄毛の原因となる5a-還元酵素を抑制し、薄毛の現状を維持しなら抜け毛を予防する効果があります。

ザガーロが注目されている理由は、この成分が薄毛原因になる5α-還元酵素のⅠ型Ⅱ型のどちらにも作用するため。今まで主流で使用されていたプロペシアはⅡ型にしか作用しないというデメリットがありました。

そのためザガーロはAGAの治療を飛躍的に進歩させる薬で、今までなかなか効果がなく悩んでいた患者さんにも大変希望となっています。

AGAの原因は色々ありますが、男性ホルモンの過剰な分泌が主な原因となっています。そのため、薬を使って治療するには、効果的なホルモンバランスをとることが目的になります。

プロペシアよりも更なる効果があるといわれているザガーロ。薄毛の悩みを解決できる新薬として話題になっています。

AGAの新薬ザガーロの効果とは?

AGAの新薬ザガーロの効果ですが、世界中でこの薬の実験が行われ、結果は大変驚異的であるといわれています。ミノキシジルやプロペシアの治療薬よりも効果があることは世界で認められています。アジアでは韓国ですでに販売されていますが、日本ではまた未発売。早く販売されるように願っている人は国内にもたくさんいますよね。

では気になるザガーロの効果ですが、その秘密となるのが成分のデュタステリド

AGAの原因になる5α-還元酵素の働きを抑制することが薄毛治療の目的です。しかしここで注目したい点が、AGAの原因になるのが5α-還元酵素のⅡ型であること。治療で一般的に使用されているフィナステリドはⅡ型に作用する為効果がありますが、さらにデュタステリドにはⅠ型にも作用する特徴があります。

この点だけを比べると、AGAにはさほどメリットがないように見えますが、薬の使用量で実は違いがあるのです。デュタステリド0.5㎎の効果と同等にするには、フィナステリドは1.6倍の薬が必要になるといわれています。

またザガーロの効果には発毛効果が促進され、毛髪の太さが増加するなどの効果も認められています。

フィナステリドは発毛効果よりも抜け毛を予防する働きが強いため、AGAの現状維持として効果があるといわれています。しかしザガーロには予防、発毛としても効果がありますので、これからの男性型脱毛症の治療には欠かせない存在になりますね。

ザガーロはプロペシアとなにが違うの?

ザガーロと似たような薬のプロペシア。今まで日本国内でAGAの治療薬として使用されているお馴染みの薬ですよね。新薬として登場したザガーロとプロペシアは良く比較をされますが、大きな違いはどこにあるかわかりますか?

プロペシアは男性型脱毛症の進行遅延をする働きがあるのに対して、ザガーロは男性型脱毛症を治す薬としての存在になっています。

この違いから分かるように、発毛をさらに意識したのがザガーロというワケなのです。そこで気になるのが薬の強さですよね。どんな薬でも効き目があるものは体の負担も不安になりますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

ザガーロ

ザガーロは効果が良いメリットがありますが、成分が強い為にこの薬を使用してから半年経過しないと献血ができません。それに対してプロペシアは使用後1か月で献血ができる為、どれほど薬が強いかがなんとなくわかりますね。

そして心配になるのが薬の値段。薄毛治療は一般の育毛剤を始め、どれも金額が高いものばかり。

特に治療薬は高額になりしかも長期使用が必要になりますので、薄毛の悩みを抱えている方にはさらなるストレスにもなります。

プロペシアは1㎎タイプの場合28錠で6500円。ザガーロの値段は未定となっていますが、プロペシアよりも値段が高くなると予想されています。どちらも薄毛治療には重要な薬ですので、それぞれの特徴をよく理解して使いたいですね。

ザガーロを使用する際の注意点

ザガーロを使用する際の注意点ですが、薄毛治療だけでなく薬を使うのは多少のリスクが伴うことです。ザガーロは大変効果が高い薄毛の治療薬として注目されていますが、やはり心配になるのが副作用ですよね。

ザガーロは厚生労働省が認可しているので安全基準を満たしていると言えるでしょう。しかし世界でも使用されているザガーロですが、副作用は実はフィナステリドよりも多く報告されているという現状があります。

特に女性が使用した場合には体に負担となり、妊婦さんの場合は胎児に影響が出る可能性があります。妊婦さんが使用した時は、成分のデュタステリドが胎児の体内に入り込み、男の子の場合は生殖器官の発達障害になる可能性があります。

ザガーロの成分は経皮吸収されることが特徴のため、妊婦さんや小さい子供のそばでカプセルを開けるだけで害になる場合もありますので、取扱には十分注意しましょう。服用する際は絶対にカプセルを開けずに飲み込むこと。

また副作用としては性欲減退の症状も多くみられています。この数はフィナステリドに比べると数倍以上も多いといわれています。

色々な試験が行われていますが、薬の副作用についてはいまだにはっきりとわからない部分もあり、服用する人の生活環境などによっても異なるといわれています。

安心して服用するためには、必ず医師に処方してもらい服用方法などの指示を受けて間違いなく薬の扱いを習得しましょう。

こんな人におすすめ!

薄毛の改善として育毛剤を使っている方は大変多いですよね。種類も多くそれぞれの商品はとても魅力的です。しかし実際に育毛剤で頭皮マッサージをしても期待したほど効果がないという経験はありませんか?

ザガーロはそんな薄毛の悩みを抱えている人にオススメです。何年も育毛剤を使ったけどあまり改善効果がない。そんな場合は確実な効果が得られる薬に変えるのも方法の一つです。

またザガーロは男性型脱毛症に効果を発揮をするため、女性ではなく男性の薄毛にオススメ。女性には全く効果がないだけでなく、体の負担にもなりますので使用は避けましょう。

またAGAは遺伝も影響しているといわれていますよね。ザガーロは遺伝で薄毛になってしまった方にも大変効果的。円形脱毛症など別の原因による薄毛には効果がありませんが、遺伝によるAGAには期待できる薬です。

ザガーロが使用できるのは20代以上の成人男性。10代の男性では安全性が認められていない為、臨床試験で許可がでるまでは20代以下の男性は使用しないでください。

ザガーロ

確実な効果が見込めるザガーロは大変注目されている治療薬で、日本でも早く使用が開始されるのを待っている人が大勢います。薄毛は精神的な負担になるほど深刻な悩みの一つですよね。

ストレスや遺伝など様々な原因がありますが、ザガーロのような万能な薬がどんどん市場に登場すると良いですね。気になる方はまず専門の医療機関で相談してみましょう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

HARG治療
クリニックランキングはこちら