20代で薄毛がはじまってる?今日からはじめる薄毛対策!

髪に元気がなくなってきた。髪が薄くなってきたと感じながらもまだ若いから大丈夫かなんて思っている方!その考えは甘いですよ。薄毛の方のほとんどがもっと早くから対策しておけばよかったと後悔しています。今回は、20代の薄毛の原因や対策についてみていくことにしましょう。

薄毛対策は今日から!

結論から言うと、薄毛対策に早すぎるということはありません。最近は、若年性の脱毛症が増えてきていますし、若いうちから薄毛対策を意識した生活を送ることで若いうちから体にも髪にもいい生活習慣を身につけることができます。

結果、そのことが薄毛の予防や進行を遅らせることにつながるのです。若いからと安心しているあなた!早速今日から薄毛対策に取り組みましょう。

20代の薄毛の原因

20代の薄毛の症状としては、生え際や頭頂部が薄くなる「AGA」と呼ばれるものや、一部分が集中して丸い円を描いたようにハゲる「円形脱毛症」、大量のフケと脱毛が一緒に進行する「ひこう性脱毛」頭皮が炎症を起こして脱毛する「炎症性脱毛」などの症状があります。

どうですか。あなたの症状に当てはまっているでしょうか。このような薄毛には原因があります。下記で詳しく説明していくことにしましょう。

男性ホルモン

20代の薄毛の症状の一つでもある「AGA」は、男性ホルモンの一つであるテストステロンと5αリダクターゼ(酵素)が結びつくとより強力なジヒドロテストステロン(DHT・脱毛物質)という男性ホルモンがつくられるのですが、このDHTが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりするといわれています。

男性ホルモンが変化することによって、生え際や頭頂部の薄毛へとつながるわけです。

生活習慣

外食やジャンクフードを好んで食べたり、起床時間や睡眠時間もバラバラで睡眠不足。学校生活や仕事、人間関係にストレスを抱えているなどあなたの生活は大丈夫でしょうか。このような不規則でストレスのかかった生活は、薄毛を助長させます。

20

また、20代の薄毛の症状「円形脱毛症」は過度のストレスが原因です。

頭皮の炎症

頭皮の炎症は間違ったヘアケアによって起こることが多いです。間違ったヘアケアを続け頭皮に炎症がおこると頭皮環境が悪化しフケが出やすくなります。フケが毛穴を塞いでしまうだけでなく、その周辺に菌が繁殖し20代の薄毛の症状「ひこう性脱毛症」を引き起こします。

また、汚れをためたままでいると「炎症性脱毛」にもつながります。

薄毛家系の人は要注意?

「ハゲは遺伝する」という言葉を聞いたことがありますよね。この言葉は事実で、家系に髪が薄い人がいる人は注意が必要です。
2005年、フランス・ボン大学の研究チームが薄毛になる人とならない人とでは、X染色体にあるアンドロゲンの受容体に大きな違いがあり、この違いこそが薄毛遺伝子である可能性があるということを発表しました。

実はX染色体の提供者は母親だけなので薄毛遺伝子は母親から遺伝するということになります。しかし女性は女性ホルモンの影響によって薄毛進行を妨げることができるため、男性に比べて女性は薄毛の人が少ないですよね。

そこで自分の母親の父親を(祖父)みて判断するようにしてください。「ハゲは隔世遺伝する」という言葉にもあるように母方の祖父から薄毛遺伝子を受け継いでいくということですね。母方の祖父が薄毛でなければそういった遺伝子は引き継いでいないということになりますので確認してみましょう。

しかしながら5αリダクターゼ(酵素)の遺伝子については父、母に関わらず優性遺伝で受け継がれるといわれていますのでどちらにせよ、薄毛の人が家計にいる場合は注意が必要なのです。遺伝は、他の人と比べて薄毛になる確率が高いです。早くから対策することが大切だと言えますね。

20代薄毛対策画像1

20代からはじめる薄毛対策とは

上記で述べたように薄毛対策は早ければ早いほどいいのです。特に、家系に心配のある方は薄毛でなくても取り組んでおくといいですよ!!それでは具体的な薄毛対策についてみていくことにしましょう。

食生活を見直そう

親元を離れ1人暮らしをし、学生生活や社会人生活を送っている方も多いことでしょう。友人たちと外食する機会も増えたり、自炊をするのが面倒でコンビに弁当やカップラーメンなどで簡単に済ませることも。ついつい栄養が偏りがちになっていませんか。

食事は、自分の体に必要な栄養を摂取する大切なこと。その質が悪ければ当然体も髪も元気なわけがありません。
タンパク質が髪の主成分、ケラチンになるのを助ける亜鉛、頭皮環境にかかわるビタミン。これらをバランスよく摂取することが大切です。とはいってもいきなりはなかなか難しいですよね。

まずは、1日3食を決まった時間に摂ること。野菜を積極的に摂ること。ジャンクフードやお菓子は控えめにするということを心がけましょう。1番よいのは、和食を中心とした食事ですよ!!

早寝早起きを心がける

仕事や友人との付き合いで就寝時間が遅いなんて人は多いはず。成長ホルモンが出る時間は22時~2時といわれています。この時間布団の中で寝ていることがベストなのです。

また、この時間に食べ物が胃に入ってしまうと血液は消化を促すために胃に集中します。夜寝るまえに食事をするのは控えるようにしましょう。また、生活リズムが崩れると、自律神経の乱れから血行が悪くなり髪に栄養を運ぶことが上手くできなくなります。

忙しいとは思いますができるだけ早く寝て早く起きるようにし、できることなら毎日の起床時間や就寝時間を統一できるようにしましょう。

ストレスを上手に発散しよう

ストレス社会と言われている現代。ストレスはどこにでも転がっています。しかしストレスは薄毛のもとです。また、円形脱毛症は過度なストレスが原因で発症するといわれています。ストレスは上手に発散しましょう。運動をしたり、趣味を見つける。

毎日ゆっくり湯船につかることもおすすめです。何もかも忘れて没頭できることを探しましょう。

洗髪方法を見直そう

まずはシャンプーですが、薄毛対策のシャンプーはたくさん出ています。市販のものは刺激の強いものも多いので髪に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。シャンプーの仕方ですが、まずは液体を手のひらでよく泡立ててから髪の毛につけるようにしましょう。指の腹で優しくシャンプーするようにしてください。ゴシゴシ洗うと頭皮が傷つき薄毛の原因となります。

また、十分に洗い流すことも大切です。短髪でも2~3分。38℃くらいのお湯で洗い流すのがベターです。また、洗髪は夜の1回にしておきましょう。朝、どうしても洗いたい人はお湯で流す程度にしてください。

浴槽にしっかり浸かることでストレス解消や血行が良くなり薄毛対策にもなります。シャワーだけで済まさずに湯船に浸かるようにしましょう。

タバコやお酒は控えよう!!

タバコに含まれるニコチンは血管収縮作用があり、血流が悪くなって頭皮への栄養がうまく届きません。また髪の毛が作られる上で大切なビタミンCをも破壊してしまいます。すぐに禁煙は難しいと思いますので、まずは少しずつ本数を減らしていきましょう。

お酒もほどほどならいいのですが大量に飲む人は注意が必要です。髪の毛を作るときに必要になってくるアミノ酸をアルコールが肝臓で分解される際に消費してしまうため必要なアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまうのです。お酒は嗜む程度にしておきましょうね。

紫外線には気をつけよう

紫外線を浴び続けることは頭皮の炎症や老化の原因になります。外出するときは通気性の良い帽子をかぶりましょう。男性の皆さんは、女性のように紫外線対策には取り組んでいない方が多いようです。夏は特に気をつけましょうね。

頭皮マッサージをしてみよう

頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージはお勧めです。優しく指の腹を使ってマッサージしましょう。時には、美容院でヘッドスパを受けるのもいいですよ!!リラックスもできて、ストレス解消にもなりますよ!!

さぁ、あなたも今日から薄毛予防に取り組みましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です