30代から増え始める抜け毛|原因と取り組みたい対策を解説

30を過ぎたあたりから薄毛が気になり始めた…、なんて方も多いんじゃないかと思います。

なぜ30代なのか…、その理由はAGAという男性特有の脱毛症が30代以降に発症しやすくなるためです。

では発症しないためにはどうすれば良いのか、原因と対策を追ってみましょう。

抜け毛が気になりだすのは30代からが多い

一般に抜け毛が気になり始めるのは30代からと言われていることをご存知ですか?

男女に縛られず抜け毛や薄毛というのは誰にでも起こりうる現象ですが、男性の場合は特に30代から抜け毛や薄毛が多いようです。これはAGAと呼ばれる男性型脱毛症がその年代に多くみられるのが原因の1つです。

AGAというのは思春期以降の男性に発症する進行性の脱毛症のことです。成人男性の3人に1人はこの脱毛症にかかっているというデータもあります。DHT(ジヒドロテストステロン)によって抜け毛が増えてどんどん髪の毛が薄くなっていくこちらの症状は、発症に男性ホルモンが関与しているため、男性に限定されている脱毛症というわけです。

30代 抜け毛

AGAはいくつもの要素が絡んで発症すると言われています。例えば遺伝だったり、ストレスだったり、食事や睡眠などの生活習慣などと数多く存在します。そのため根本的な原因を完全に把握することは難しいとも言われています。AGAが30代以降の男性に多くみられるから、抜け毛は30代から気になりやすいのは事実です。しかしAGAではなくとも抜け毛が気になりだす年代ということを覚えておいてください。

20代までと同じ生活リズムで暮らしていると、老いによって脆くなった細胞たちがそのリズムに着いていけずに抜け毛を引き起こすということも考えられています。

AGAにしろ、老いにしろ、抜け毛や薄毛というのは生活習慣が大きく関わってきます。仕事で一人前となって色々と大きな仕事を任されるようになって新しいストレスを生みやすいこの年代は、やはり抜け毛が気になってくる年代になります。

それではここから具体的に原因とその対策をご説明します。

30代・40代の抜け毛の原因は?

30代と40代の方の抜け毛の原因は先ほども挙げたようにAGAと老いに依るものが多いです。ではそのAGAや老いに依る抜け毛の根本的な原因はと言われると、やはり生活習慣です。ここからは具体的にどんな生活習慣が抜け毛に影響を与えてくるかご説明します。

まず1つ目は食事です。髪の毛も細胞として生きていますから、ちゃんと生きる上で必要な栄養素をもらえないと息絶えて抜け毛となってしまいます。食事で得られる栄養素は非常に幅広く、ホルモンバランスを整える栄養素もあれば、AGAを発症させるDHTの活動を防ぐ食べ物も存在します。食事と抜け毛は実はかなり関係性が高いということを覚えておいてください。

2つ目は睡眠です。実は髪の毛というのは日常的に生える抜けるのサイクルを繰り返しています。睡眠不足になると髪の毛を作る上で大事な毛母細胞の活動が弱くなり、新しい髪の毛を作れなくなって結果として薄毛が目立つことになります。睡眠時間を多く取るのも大事ですが、この毛母細胞の活動が最も活発になるのは夜の10時から深夜の2時と言われているので、その時間帯に寝ておくのも重要ですよ。

30代 抜け毛

3つ目はストレスです。髪の毛にも生きるために栄養素が必要という話を食事の説明の時にしましたが、その栄養素は血液を介して運ばれてきます。ストレスは体内の機能を低下させるため、血流も悪くなってしまいます。ストレスを強く長く感じているとその分髪の毛に必要な栄養が送られなくなるので、抜け毛が目立つようになることになります。

4つ目はタバコです。タバコに含まれるニコチンなどは血管を収縮させて血行を悪くする効果を持っています。こちらも髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなって抜け毛が多くなるということです。仕事を始めてから習慣的に吸うようになり、その影響が30代から出やすいのはこのタバコも関係しているのではと言われています。

30代 抜け毛

抜け毛の原因は多いというのが分かってもらえたかと思いますが、基本的には日常生活の過ごし方に関係しているというのを覚えておいてください。

こんな人は要注意!

原因がある程度分かったわけですから、どんな人が30代から抜け毛になりやすいかもある程度は想像が付くと思います。ですが1度整理するためにもここでご紹介しておきます。

まず食事ですが、こちらは栄養バランスが偏っている人が要注意です。具体的に言えば外食が多い人ですね。特に脂分を多く摂取している人は余計に抜け毛の危険性が高いです。脂分を大量に摂取すると体内では消化しきれなくて体の外に排出されます。その脂分が頭皮、特に毛穴に詰まると抜け毛を促進することになります。

30代 抜け毛

次に睡眠ですが、こちらは寝不足かつ午後10時から午前2時の間に寝ていない人が要注意です。また日によって睡眠時間が変わるという人もホルモンバランスの乱れを引き起こすことになるので注意が必要です。

次はストレスですが、当然ストレスを溜めこんでいる人が要注意です。とは言え30代くらいになればストレスの発散方法も確立していると思いますので、注意すべき人は結婚や転勤で生活環境が大きく変わる人だと思います。新しい環境にすぐに慣れるというのも歳を重ねるごとに難しくなっていくので、ストレスはいくつになっても注意が必要です。

最後にタバコですが、これはもちろん長年吸っている人、1日に吸う本数が多い人は要注意です。特に仕事のストレスを和らげる目的で吸っている人は改善にも時間がかかるのでかなり抜け毛になりやすいです。

4つほど抜け毛に気を付けるべき特徴の人物を紹介しましたが、いかがですか?

自分の生活を見比べてみて思い当たる部分がある人は抜け毛の可能性が高いので、次章から説明する対策をしっかりと学んでおきましょう!

30代・40代の対策方法

それではいよいよ30代・40代の抜け毛に向ける対策をご紹介します。

まず1つ目は食事の栄養バランスを改善する事です。髪の毛の健康に重要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンと言われています。タンパク質は髪の毛を生成する際の主成分として、亜鉛はその生成時の活動を補助する役割、ビタミンは髪の毛の生成を補助する役割と血行促進効果の2つを持っています。これらの栄養素に注目して食事の献立を見直してみてください。特に亜鉛は摂取できる食べ物が限られているので、一般の人でもこれが不足しやすいと言われています。

30代 抜け毛

2つ目は健康的な睡眠です。午後10時から午前2時の間に寝るのがベストなので、夜更かし生活をしている人はできる限り早めに寝て、やらなければいけない作業は翌朝に回すなど工夫しましょう。気を付けるべき点としては、「早く寝なきゃ」というストレスを感じないようにすることです。

3つ目はとにかくストレスを溜めない事です。社会的に活動していれば強弱や大小は人それぞれでも、必ずストレスを言うのは感じてしまう物です。大事なのはそれを溜めない事。休日には趣味で思い切りストレスを発散するなどして溜めないように心がけましょう。

4つ目はもちろん禁煙です。しかしタバコをスパッと止められるのが難しいのが現実だと思いますので、1日に吸う本数を少しずつ減らしていくなど段階を踏まえて禁煙していきましょう。タバコが吸えないことに対してストレスを感じてしまうのが1番問題ですので、ストレスを感じない方法で禁煙しましょう。

30代 抜け毛

30代や40代の抜け毛に関してご紹介しましたが、もちろん20代でもここで説明した原因で抜け毛が目立つということはあり得ます。ここで説明した対策を早めにしておきましょう。

30代以降の方も抜け毛が増えて悲しい気持ちにならず、前向きに抜け毛を治す為の活動をしていきましょう!

 

ストレスが原因で抜け毛が増えた…回復手段はある?ない?(関連記事)

生活習慣の乱れはホルモンの乱れ!若者に発生する抜け毛の原因とは?(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です