20代30代とは違う?みんなが悩み始める40代の育毛法!

40代の方は、働き盛りで、昼も夜もなく仕事されている方も多いと思います。

しかし、仕事の頑張りと比例するように、体の中にはどんどんストレスが溜まっていき、それが原因で薄毛になりやすいという場合もあります。

生活習慣の乱れや睡眠不足、運動不足によって新陳代謝も悪くなり、「自分の老化が進んだな」と感じるのが40代です。

20代からも早い人は髪の毛に対する危機感を覚えている人もいるようですが、40代になると、その薄毛に危機感を覚える人の数もかなり増え、育毛を考えざるを得なくなってきます。

そこで、40代から始める育毛について、気をつけておくべきポイントをまとめました。

育毛法の入る前に40代の薄毛の理由

40代になると、老化が原因で薄毛になる人が増えます。

20代の薄毛というのは、乱れた生活習慣などが主な原因で、30代になると徐々にそこに老化という原因が加わりますが、それでも、生活習慣の影響というのは大きいようです。

ところが、40代になると老化現象によって免疫力が低下したり、体の新陳代謝が悪化したりするので、生活習慣をちょっと変えただけでは薄毛は止められない状態になります。

新陳代謝が衰えるということは、細胞の代謝も衰えるので、髪の毛の成長が遅くなり、髪の毛が抜けやすくなります。

また、髪の毛が抜けた後で新しい髪の毛が生えてくるまでの時間も長くなります。

つまり、ヘアサイクルが崩れているという状況なのです。

これまで髪の毛に関して悩んだことがないという人が、急に髪の毛が薄くなり不安になるのも40代に多いです。

これまでの髪の毛の状況から、「ハゲてしまうなんて思わなかった」と焦る人も多いようです。

かつらメーカーが調査した結果によると、頭頂部が薄くなる、いわゆる「つむじハゲ」を自分自身で認識する割合は、40代を過ぎた時に急速に増えるのだそうです。

おでこから進行が始まる、いわゆる「M字ハゲ」や、「U字ハゲ」は、顔の前側の生え際が後退するというタイプなので、鏡を見れば自分の薄毛の進行度合いがわかりますが、つむじハゲに関しては、鏡では発見しにくいという性質を持っています。

つまり、30代の頃から少しずつ薄毛の兆候が見えていたにもかかわらず、それに気がつかずに40代になってしまい、何のケアもしていなかったためにそこから一気に薄毛が進行し、そこで自覚をするパターンが多いということです。

40代の 3分の1が薄毛で悩んでいる

40代 育毛法

いわゆる脱毛症には様々な種類がありますが、40代になってから薄毛になった場合、それはほぼ男性型脱毛症(AGA)と考えて間違いありません。

40代になってからAGAが発症するという人の割合は全体の32%といわれています。
この数値は、30代でAGAを発症する人の3倍。
また、20代でAGAを発症する人の5倍という数です。

人間の男性という生物の成長と老化から考えて、最も薄毛の割合が増えるのがこの40代なのです。
3人に1人がAGAになるということは、40代のハゲというのは決して珍しいものではないのです。

なぜこのように、40代になって急にAGAの発症率が高まるのかという、はっきりとした理由やメカニズムは明らかになっていませんが、一つの老化現象の現れだと考えられそうです。

40代は睡眠時間が短く、浅い

40代という年齢は、睡眠不足や運動不足に陥りやすい年代です。
40代の女性を例に挙げると、平均睡眠時間が6.28時間と全ての年代の中で最も短い時間になっています。

髪の毛を健康に保つためには、十分な睡眠時間を確保することがとても大事です。
しかしそれは、ただ単にたくさん眠ればいいというものではありません。

遅くまで起きているということは、それだけ長時間目を使っているということです。

特に、パソコンやテレビを見ている時間が、夜ふかしの原因になっている場合、眼精疲労によって、髪の毛の生成に使われるはずのアミノ酸である「システイン」が、網膜の修復に使われてしまうのです。

さらに、眠る直前にそのような人工的な光の刺激を受けると、睡眠の質が低くなり、髪の毛の生成を促す成長ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

その結果毎日の睡眠の中でも薄毛が進行してしまうので、出来る限り睡眠時間は確保しなければいけません。

40代の髪の毛は睡眠と育毛法の関係性

髪の毛や頭皮は、日中にたくさんダメージを受けています。

容赦なく降り注ぐ紫外線や、温度や湿度、チリやホコリなどが髪の毛や頭皮につくことで、それらはダメージとして蓄積されます。

そういったダメージの修復は睡眠中に行われます。
そのため、髪の毛や頭皮にとって睡眠は非常に重要です。

寝不足の症状は、髪の毛や頭皮に真っ先に影響が出ます。
髪の毛は、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、体中の様々な細胞の修復作業を行っているからです。

もちろんそれには頭皮も含まれます。
特に成長ホルモンの分泌が活発になるのは、夜の10時から深夜の2時という時間帯です。

この時間帯に良質な睡眠をとることによって、新陳代謝が活性化され、毛母細胞の細胞分裂も活発になります。

また、頭皮の健康状態も良くなるので、新しい髪の毛が生えてきたり、今ある髪の毛がより丈夫なものになったりする効果があるのです。

良質な睡眠を取る方法

40代 育毛法

髪の毛と睡眠時間には、このように密接な関係がありますが、睡眠の質も、髪の毛に影響を与えます。
質の悪い睡眠では、長時間眠ったとしても髪の毛の成長は少なくなってしまします。

眠る前に画面を見ない

夜眠る直前に、スマートフォンを見たり、パソコンを見ていたりすると、様々な情報が光と一緒に脳に送られ、脳みそが興奮状態になります。

そのため、体は眠ろうとしているのに、脳みそがどんどん目覚めていき、なかなか寝付けなかったり、深い眠りにつくことが難しくなってしまったりします。

そのため、睡眠時間の前は出来るだけテレビやパソコンスマートフォン等を見ずに、リラックスした状態で布団に入るようにしましょう。

眠る1時間前にお風呂

お風呂に入るのは、眠る直前ではなく、ベッドに入る1時間ほど前にしましょう。

シャワーで済ましてしまう人も多いと思いますが、できれば、38度程度の、ぬるめのお湯を浴槽に入れ、ゆっくりと浸かることで1日の疲れも取れるので、ゆっくりと眠りに入ることができます。

また、シャンプーをする時には、指の腹を使ってゆっくりと頭皮マッサージを行いましょう。
こうすることで頭皮の血行促進にもつながります。

お風呂から出たらストレッチなどを行い、体の緊張をほぐしてあげるのも効果があります。
そして、40度くらいに温めたタオルで目の回りや口元などを温めていくと更に高い効果が期待できるでしょう。

体内時計を整える

朝起きた直後に強い太陽光線を浴びることによって体内時計はリセットされます。
体内時計がリセットされると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑制されます。
こうすることで、体は活動する状態へモードが移行するのです。

メラトニンは、朝日を浴びて抑制された後、14時間から16時間後に再び分泌を始めます。

例えば、朝の8時に太陽の光を浴びてメラトニンの抑制が起こったと仮定すると、22時から24時に再びメラトニンが分泌され、体が睡眠を促すので、それは成長ホルモンが活発に分泌される時間帯と重なります。

40代の育毛法に欠かせない尾頭皮のケア

40代からの頭皮のケアは20代の頃の「将来の薄毛予防」といったものではなくもっと切実なものなので、様々な角度から見て頭皮に良い効果がもたらされるであろうケアは積極的に取り入れていきましょう。

もちろん、生活習慣の改善であったり、食生活や睡眠に気を使うといった生活面での改善もその一つです。

また、普段使用するシャンプーもアミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーを使い刺激を少なくしていくことも重要です。

またシャンプーの際には頭皮マッサージも積極的に行って血行を促進し、代謝を高めましょう。

そして、薄毛の進行を止めるのに効果的といわれるノコギリヤシのサプリなどを摂取するのも一つの方法です。

そして頭皮のケアの中でも最も重要なものは、育毛剤です。

細かいことは、専門的な内容になるのでここでは触れませんが、脱毛の原因となる悪玉ホルモンの生成を抑制するタイプの育毛剤が最も効果があります。

次に効果があるのが毛母細胞の細胞分裂を活性化させるタイプの育毛剤です。

インターネットを調べれば様々な種類の育毛剤が見つかると思いますが、自分の頭皮の状況や予算などによって頭皮環境に応じた育毛剤を選びましょう。

≫AGAを20代で改善するために

≫30代の抜け毛の原因と対策

まとめ

  • 40代の3分の1が薄毛で悩んでいる
  • 睡眠と育毛には深い関係がある
  • 育毛のためには頭皮のケアが大切