薄毛になる人ならない人の差は? 40代女性の薄毛まとめ

女性は40代から薄毛に悩む人が増える?

薄毛は年を重ねると増えていく、という漠然としたイメージはありませんか?確かに街を歩いていても、薄毛と思われる女性には高齢者が目立ちます。また、中年の女性のなかにも“薄毛になりかけ”の人がよく見受けられます。人間誰しも年をとると、体の中の再生能力や代謝等が衰え、少なからず髪の毛にも変化が表れてくるのです。

そして、この変化が最も顕著に表れはじめるのが40代からと言われています。40代の女性には他の年代の女性と比べて大きく異なる点があります。それは40代後半から入る「更年期」に伴う体の変化です。更年期に入るとホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定でイライラした状態が続くようになります。この症状を「更年期障害」と言います。

更年期障害は不眠や肩こりなども誘引し、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかるようになります。そのことで体の様々な機能が正常に働かなくなり、毛根等、体の隅々にまで必要な栄養をうまく供給できなくなり、薄毛となるのです。

また、40代女性が置かれている環境も原因の一つと考えられます。40代と言えば育児や仕事、家庭のこと等、様々な心配事にさらされる年頃です。また親の老後や介護の問題等も重なり、自分自身の体を振り返る余裕などない状況に置かれる人も多いでしょう。そのような悩みがストレスになり、健康な髪の毛の生成にも悪い影響を与えるようになります。このような理由で、40代女性には薄毛が急に目立ち始めるようになるのです。

40代の女性の薄毛の原因

先述したように、40代の女性が薄毛に悩む原因は2つあります。

まず一つ目は更年期に伴う体の変化によるものです。「更年期」とは、閉経前後の5年くらいのことを指します。個人差はありますが、平均的に見て45歳から55歳ぐらいまでの間に迎える人が多いようです。そして、これはごく自然な体の変化として、閉経とともに誰にでも訪れるものです。女性は30代をピークに卵巣機能が徐々に衰えていき、やがてその役目を終えようと閉経を迎えます。そうすると、今まで機能していた卵巣から「エストロゲン」という女性ホルモンが分泌されなくなります。実はこのエストロゲンの減少こそが、薄毛の大きな要因となるのです。

40代育毛女性画像

エストロゲンは髪の毛の成長を持続させる働きがあるのですが、減少すると成長期が短くなり、その反対に休止期が長くなります。つまり、髪の毛が育たたない環境を作り上げてしまうのです。休止状態に入った頭皮という畑では、髪の毛の本数が減ったり、また色が薄くなったり、痩せたりと、作物に栄養が行き届きません。その結果、髪全体のボリュームも減り、薄毛があらわになってしまいます。更年期に入った女性の体の中ではこのような変化が起こっているのです。

そして、原因の2つ目はストレスです。40代女性をとりまく環境は非常にストレスが多い
ものです。日常が忙しいと睡眠時間が削られ、食生活もままならない、というようなことも起こってしまいます。肉体的にも精神的にも大きな負担がかかっている状態が続けば、ストレスとなり、体の血行不良を引き起こします。すると毛根に栄養が行きわたらなくなり、健康な髪の毛を育てることができなくなるのです。髪の生まれ変わりのサイクルが狂うと、抜け毛ばかりが目立つようになります。

また、ストレスは視床下部や脳下垂体等の働きを弱めてしまいます。視床下部や脳下垂体はホルモンバランスを調整しているだけでなく、自律神経や代謝機能、体温調節機能等、生命を維持するために欠かせない働きをします。それが正常に動かなくなるということは、髪の毛も含め、体のあらゆる部分に支障をきたすことになるのです。

このように、40代女性にとって、自分でも気づくぐらいに薄毛が目立つようになる原因は、自然と訪れる体の変化と、それを取り巻くストレスの多い環境にあったのです。

こんな40代女性は注意!

そうは言っても、同じ40代女性のなかでも薄毛に随分と悩む人もいれば、全く気にしていないような人もいます。更年期は誰もが迎えるものなので、その条件は同じですが、そこまで個人差が出てくるのは何故なのでしょうか。

では、薄毛になりやすい人となりにくい人との違いを見ていきます。薄毛になりやすいタイプは主に「ストレスを溜めやすい」「食生活が乱れている」に該当する女性です。

神経質であったり、周囲の目ばかり気にする心配性であったり、気を遣いすぎたりするタイプは非常にストレスフルな体になっています。溜まりにたまったストレスは薄毛として現れてきます。しかし、中には自分なりにそのストレスを上手に発散させる方法を見つけている人もいます。ストレスを溜め込まずに、上手に向き合うことができるかどうかが、薄毛になりやすいか、なりにくいかの分かれ目となるのです。

そして、質の良い食生活を送っているかどうかも大きな要因となっています。忙しさのあまり、自分自身の食事は簡単に済ませようとジャンクフードに走ったり、朝食を抜いたり、と食生活が乱れてしまうと、やがて体に不調が出るようになります。健康で美しい体や髪の毛を作るためには、やはり質の良い栄養を食事から摂らなければなりません。

対策方法とは?

薄毛の原因がハッキリすれば、対策をとることも難しくありません。更年期を迎えた40代女性の中でも、特に薄毛の進行が目立つ人の原因が「ストレス」「食生活の乱れ」であれば、そこを見直せばよいのです。忙しい日常生活の中で、家事や育児、仕事等に追われると、どうしてもストレスは溜まっていくものです。しかし、そのストレスを発散させて、一度体をリセットすれば、また元通りの健康な状態になり、薄毛にも影響を及ぼさなくなります。ストレスが溜まる、そして抱え込む前に発散させる、この流れを習慣にしていれば、おのずと体も慣れていき、ストレスを感じにくい状態にしてくれます。

それでは、実際に40代の女性が実践しているストレスの発散方法にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

まずは「趣味等、好きなことをする」ことです。映画や音楽鑑賞、読書等、自分が好きなことをしていれば脳がリラックスし、肉体的にも精神的にも落ち着ける状態になります。それらは日常生活からできるだけかけ離れたものの方がより効果的です。忙しい毎日のことを忘れ、本当に自分のやりたいことに没頭する、それだけで体が良い方向へ向かっていきます。

また、ウォーキングやジョギング等「適度な運動」をすることも効果があります。ストレッチやヨガ等、精神をリラックスさせる動きをするのもよいかもしれません。その他にも「大声を出す」「おしゃべりをする」等も、ストレスの発散方法としてよく挙がります。

次に、「食生活の乱れ」を直すためには何をすればよいのでしょうか。その答えは、1日3食の中で栄養のバランスが取れた食事を心がけることで、ミネラルやビタミン、良質なたんぱく質、野菜等をまんべんなく摂取することです。

育毛に効果的な食べ物では、海藻にはヨウ素やミネラル等、新陳代謝を促すものが多く含まれています。また、肉や魚、大豆等にはアミノ酸やたんぱく質が含まれ、髪の毛の成分を作り出します。特に大豆にはイソフラボンが豊富に含まれており、更年期に減っていくエストロゲンの働きを補うのに効果を発揮します。

40代育毛女性画像

これらの栄養を、毎日の食事の中に無理なく徐々に取り入れていくと、自然と薄毛が改善の方向に向かっていきます。また、なかなか効果が実感できないのであれば、育毛剤や専門クリニック等の力を借りる方法もありますので、自分に合った対策を見つけ、早期に実践していきましょう。

 

関連記事はこちら

薄毛の鍵を握る女性ホルモン!ポイント4つ(関連記事)

女性の抜け毛予防に大事なことって?日常で気をつけること(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です