円形脱毛症の家庭でできる対策と治療期間

円形脱毛症は治療が難しく、かつ長期間の治療が必要だと思っていませんか?

確かに円形脱毛症は原因が完全に特定できていませんし、ある程度治療期間を取る必要があるのも事実です。
しかし実際にどんな対策があるか、どれくらいの期間がかかるのかをご存知ですか?

今回は円形脱毛症の家庭でできる対策と治療期間についてご紹介していきます。

円形脱毛症の3つの症状

さて円形脱毛症に対する対策をご紹介する前に、まずは円形脱毛症の3つの症状に関してご説明します。
円形脱毛症と言えばやはりあの10円禿げが真っ先に思いつくかと思いますが、それ以外にも症状はあります。もちろんそれぞれの症状によって対策も変わってきますので、まずは円形脱毛症の症状を覚えましょう。

1つ目は単発性円形脱毛症と言って、10円禿げはこちらに該当します。
これはその名の通り脱毛部分が1か所のみの場合を指しますが、複数存在する場合もこれに含めることもあります。その場合は多発性円形脱毛症と言いますが、基本的に10円禿げには変わりないのでここでは一括りにしています。

2つ目は全頭性円形脱毛症です。
円形脱毛症の中でも重度の症状で、局所的に髪の毛が抜け落ちるのではなく頭部全体から髪の毛が抜け落ちる症状です。これがさらに悪化していくと髪の毛に限らず眉毛やまつ毛も抜け落ちることになります。

3つ目が蛇行性円形脱毛症です。
かなり稀な症状ですが、髪の毛の生え際に沿って小さい脱毛症が連続して発症している症状です。単発性円形脱毛症がこの症状にシフトしていくことも確認されている症状です。

円形脱毛症の症状は大きく分けてこの3つになります。しかし大抵の人は1つ目の単発性、もしくは多発性の円形脱毛症が発症するだけです。
全頭性や蛇行性はあまり気にしないでも大丈夫ですし、何よりこの2つの場合は専門のクリニックや病院での治療が不可欠になってきます。

今回は家庭でもできる治療法がメインですので、単発性円形脱毛症が発症しているという前提で話を進めていきます。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症には3つの症状があると言うのが分かってもらえたかと思いますが、もう1つ覚えておいて欲しいのが原因です。対策を立てるためには当然ですが原因を探る必要があります。

円形脱毛症の原因はいくつもあるので完全に特定する事はできませんが、多くの場合において関係している原因が1つあります。
それはストレスです。
ストレスが原因で円形脱毛症が発症すると考えられている理由は多くあり、例えばストレスによって体が緊張状態になり、血行が悪くなると言われています。
髪の毛も健康状態を維持するために栄養を必要としていて、その栄養は血液から送られています。なので血行が悪くなると抜け毛に繋がると言われています。
他にもストレスによって自律神経が乱れ、本来なら攻撃する必要のない毛根を自己免疫が害とみなして攻撃する自己免疫疾患に繋がるという考えもあります。

そしてストレスと同じように注意が必要な原因と言うのが生活習慣です。
髪の毛にも栄養が必要と言う話をしましたが、その栄養というのは食事から摂取しています。なので偏った食事などをしていると髪の毛に必要な栄養が足りなくなってしまうケースもあります。

また頭皮の健康状態は日々のシャンプー睡眠時間などで大きく変わってしまいますので、生活習慣は円形脱毛症を治す上で見直す必要があります。
今回の家庭でもできる治療法というのはこの生活習慣の改善になります。

 

症状が悪化すると円形脱毛症は広がる?原因と予防法まとめ(関連記事)

円形脱毛症を家庭で治療する方法

それではいよいよ円形脱毛症を家庭で治療する方法をご紹介します。
先ほども説明したように生活習慣を改善していくことになりますが、その中でも特に影響のある頭皮ケアと食生活についてご説明します。

ここではまず頭皮ケアについて説明します。
まずは頭皮ケアの中でも特に気を付けるべき頭の洗い方についてです。ほとんどの人が毎日頭を洗っていると思いますが、正しい洗い方をしていないと頭皮にダメージを与えてしまいます。
正しいやり方として気を付けるべきポイントはとにかく頭皮を傷つけない点です。頭皮は敏感なので、シャンプーの成分も基本的にはあまり良いものではありません。
原液をそのまま頭皮に付けて頭を洗っている人はかなり危ないです。また洗う時に爪でガリガリとひっかくように洗っている人も止めましょう。
それから頭皮を清潔に守るために1日に複数回洗う人がいますが、頭皮を守るために必要な皮脂を削ぎ落としてしまうのでこれも止めましょう。1日1回で十分です。

それから頭を洗う時にマッサージをするとより頭皮の状態を良くできます。両手で頭部全体を覆うようにして、前後左右に動かすようにしましょう。頭皮の血行が良くなります。

また頭にはいくつかツボがあるので、これらを押すことで円形脱毛症を改善することができます。

円形脱毛症 期間
一番分かりやすくて効果があるのは百会(ひゃくえ)と呼ばれるツボで、頭頂部にあるツボです。頭皮全体の血行促進効果があるこのツボを、指の腹で押して軽く回すように刺激しましょう。1日に数回、1回に付き数分程度で大丈夫ですので、早速試してみてください。

食事で改善

円形脱毛症 期間
ここからは食生活の改善方法についてご紹介します。

まず髪の毛に必要とされている栄養はタンパク質ビタミンB亜鉛となっています。役割的にはタンパク質が髪の毛を作るために必要な栄養で、ビタミンBと亜鉛はその生成を手助けする栄養となっています。
1日3食食べて、主菜副菜汁物とバランスよく食べている人ならタンパク質やビタミンBが不足するということはまずありません。
そういった一般的に健康的な食事をしている人でも不足しやすいと言われているのが亜鉛です。この亜鉛を多く摂取するのが円形脱毛症に有効な食事法となります。

では亜鉛は何に多く含まれているかというと、1番多いのはレバーです。しかし中々食べる機会が無い上に、苦手な方も多いでしょう。
それ以外ですと、煮干し豆腐ゴマ海藻類がお勧めです。どれくらいの摂取量が良いのかよく分からない、煮干しや豆腐を食べる料理が思いつかないと言う人はサプリメントでも問題ありません。嫌いな食べ物を無理して食べてストレスを感じるくらいならサプリメントの方が良いでしょう。
気を付けて欲しいのが亜鉛ばかり取り過ぎるのも問題という点です。1日の摂取量を守って、バランスよく食事をするのが大事ですよ。

円形脱毛症が治るまでの期間

されこれまでに円形脱毛症の過程でできる対策をいくつかご紹介しましたが、ではどれくらいで治るのかという期間も気になりますよね。これはもちろん円形脱毛症の症状や進行具合によって変わってきます。
1番軽い単発性で小さいものでも3ヶ月~半年はかかると言われています。これは髪の毛の生える、成長する、抜けるという周期、通称ヘアーサイクルが大体3ヶ月周期だからだと考えられています。全頭型などの大きめの脱毛症の場合は1年以上治療に有すると考えておきましょう。

これらの治療期間はあくまでも目安ですが、1ヶ月程度では完全に治ったりしないと覚悟しておきましょう。

それからもう1つ注意が必要なのが、再発性が高いという点です。
円形脱毛症は特に繰り返し起こりやすい病気と考えられていますので、10円禿げが無くなったからといって生活習慣を乱さないように注意しましょう。
円形脱毛症の原因は主に生活習慣にあると考えられているので、家庭での対策はかなり重要です。まだ円形脱毛症になっていない人でも予防として生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • シャンプーは頭皮を傷付けることがないよう一日一回洗い、ツボ押しを試してみる。
  • タンパク質、ビタミンB、亜鉛が髪の毛に良いとされているが、亜鉛の取りすぎにも注意。
  • 治療期間は3ヶ月~半年、1年以上かかるケースもあり、再発性が高いので治ったからといって油断は禁物。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です