AGA発症年齢が下がってきてるって本当?原因と対処方法

アラサーやアラフォーの男性方は、徐々に薄くなっていく髪の状態を見て、自分もAGA(男性型脱毛症)になったかなと感じているかと思います。しかし実際の所AGAは何歳から発症する物なのでしょうか。

今回はAGAの発症する年齢に注目しつつ、AGAの情報をお届けします。

AGAになりやすい年齢は何歳ぐらい?

若い人はまだ20代だから大丈夫だろうと考えているのがAGAに対する認識だと思います。特に誰かから教わったわけでもないですけど、AGAというのは何となく中年以降から始まる薄毛の症状というイメージがありますよね。

では実際にAGAになりやすい年齢は何歳なのでしょうか。これに関しては明確にこの年を境になりやすいというのが決まっていません。日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によると、日本人男性のAGAの症状は20代後半から30代にかけて著明となり、徐々に進行して40代以降に完成するとされています。また、発症頻度が日本人男性の30%程度と報告されていること、20代の発症頻度は約10%、30代の発症頻度は約20%、40代の発症頻度は約30%、50代の発症頻度は40数%と報告されていることも記載されています。

以上からわかる通り、AGAの症状に悩まされるのは中年だけではありません。頻度は低いですが、20代であっても30代であっても悩まされる方はいます。まだ若いから大丈夫と考えるのは少し危険かもしれません。

 

AGAの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら。

ヘアサイクルからAGA(男性型脱毛症)の仕組みを解剖!(関連記事)

 

なぜこの年齢の人はAGAになりやすいのか?

10代・20代でAGAを発症する方はいるものの、発症頻度は高くありません。基本的には、30代以降で発症することが多い脱毛症と考えて間違いないでしょう。いわゆる中年以降でAGAを発症する方が増えるのはなぜなのでしょうか。

AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることです。DHTが前頭部や頭頂部に存在するアンドロゲンレセプターと結びつくと、毛母細胞の増殖が抑制されてヘアサイクルの成長期が短縮します。これにより、髪の毛が太く長く成長できなくなるとともにヘアサイクルの休止期に留まる髪の毛が増えることで薄毛が進行するのです。

以上の原因からわかる通り、AGAの発症にはDHTが深くかかわっています。DHTはテストステロンが減少することで増えることが分かっています。テストステロンが減少する条件として挙げられるのが加齢です。女性における女性ホルモンほどではありませんが、男性も年を取ると男性ホルモンが減少すると考えられています。具体的には、30代頃から減り始めることが多いとされています。よって、30代以降からDHTの影響を受けやすくなり、AGAを発症しやすくなると考えられます。ただし、テストステロンの減少スピードには個人差があります。年齢を重ねても若いころと変わらないテストステロン値を維持している方もいます。

それから20代後半から30代にかけては多くの人が社会人となって、仕事や結婚などで生活環境が大きく変わる人も多いと思います。この環境の変化に対して体がストレスを感じてしまう事があり、これが髪の毛に悪影響を与えると言われています。髪の毛は生きている細胞なので、良い状態を保つためには栄養が必要です。そしてその栄養というのは血液からやってくるため、ストレスなどで血行が悪くなると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。AGAというのはホルモンバランスの乱れが1番の理由と考えられていますが、髪の毛の健康状態というのはホルモンよりも生活習慣の方が深く関わっているのです。特に血行状態というのは飲酒や喫煙、睡眠や運動などの要素でも簡単に良くも悪くもなってしまうので注意しておきましょう。

ここで30代になるとAGAが発症しやすい原因をいくつか挙げてきましたが、そもそもAGAに関してはまだ分かっていない、完全に解明されていない部分あるため、この原因も推測でしかありません。なのでそういう考え方、捉え方がある程度に覚えておきましょう。もしかしたら数年後に全く違った答えが見つかる可能性もありますので、注意してください。

年齢に当てはまらなくても、こんな人はAGAに要注意!

基本的には30代からAGAが起こりますが、最近は10代や20代でもAGAが発症するケースも多く見られています。では若い時にAGAが発症してしまう原因は存在するのでしょうか。

10代や20代でAGAが発症してしまうケースの大半は遺伝が関係していると言われています。髪の毛の状態に関する遺伝は主に母方の祖父から引き継がれるので、母方の祖父がAGAになっている場合には特に注意が必要です。

しかし遺伝で受け継がれる要素というのはAGAになりやすい体質であって、AGAそのものが引き継がれるわけではありません。だから遺伝だからと言って、必ず10代20代で発症するわけではありません。その可能性が高いだけという点を覚えておきましょう。

それから規則正しい生活をできていない人は注意が必要です。髪の毛の健康状態は生活習慣と深い関係性があります。まず食事は髪の毛の生成に必要な栄養を摂るために不可欠です。もしも甘いお菓子やインスタントラーメンといった髪の毛に悪影響を及ぼす食べ物ばかりを食べているとするならAGAの発症が早まっている可能性があります

次に睡眠ですが、睡眠時間と質が重要です。時間に関しては午後10時から午前2時の間に寝れているかがカギを握ります。この時間帯は成長ホルモンが1番分泌される時間なので、髪の毛の成長のためにもこの時間に寝ておく必要があります。また質の部分では寝る前にスマホやパソコンなどの電子機器の光を浴びていないかが重要になってきます。ブルーライトと呼ばれるこれらの光は睡眠を阻害する効果を持っているので、スマホを見ながら寝たりすると熟睡できない事になってしまいます。睡眠不足もテストステロンの減少を招くと考えられています。具体的には、睡眠不足が1週間続くとテストステロンの分泌量が15%程度も減るといわれています。テストステロンの分泌量が減るとDHTが増えると考えられるので、AGAを気にしている方は注意が必要です。就寝前はスマホやPCなどを利用しない、朝日をしっかり浴びて体内時計を整えるなどを心がけると良いでしょう。

そして日常的にストレスを溜めこんでいる人も注意しましょう。仮に仕事や学校でストレスを感じていても、発散するすべを持っている場合は問題ありません。しかし趣味に没頭する時間も取れなくてストレス発散ができていない人は、血行不良やホルモンバランスの乱れなどAGAの原因を引き寄せる事になりますので、十分注意しましょう

基本的に10代や20代でAGAが発症する人は生活習慣に問題があるとされていますので、もしも薄毛の兆候を早めに確認した場合には、AGAの治療と併せて生活習慣も直していきましょう。

 

AGAの原因について詳しく知りたい方はこちら。

原因を自分で作ってるかも?AGAの発症原因と対策方法(関連記事)

無関心は進行を早める?AGA(男性型脱毛症)進行速度の特徴

 

対策方法はあるの?

AGAの発症を遅らせるという事はそれはそのままAGAの予防になりますし、中年以降も続けていく事で薄毛の進行をかなり食い止める事ができるようになります。

そのための対策としては、やはり生活習慣を直すのがメインとなります。髪の毛に必要な栄養をちゃんと食事から摂取して、良質な睡眠を取り、過度な飲酒や喫煙を控えるようにする、そして適度な運動が望ましい生活習慣となります。運動で特におすすめなのが筋力トレーニングです。オススメの理由はテストステロンの分泌を増やす働きがあるからです。DHTが増えることを抑えればAGAの発症も抑えられるかもしれません。

他にはシャンプーを変えてみたり、やり方を今1度チェックしてみるのもお勧めです。髪の毛は頭皮に生えているわけですから、頭皮のケアというのは結構大事です。そしてそれには毎日のシャンプーが1番重要になりますので、正しいシャンプーの仕方をしっかり覚えて実践しておきましょう。

また予防の段階でも育毛剤は有効です。AGA対策としての女性ホルモンの役割を担うイソフラボンが配合されている物だとなおさら予防効果が期待できます。また育毛剤自体は頭皮の状態を良くするための成分が豊富なので、頭皮ケアとしても役立ちます。

ここまで紹介した対策方法は基本的に自宅でもできる物となっていますが、もちろん病院やクリニックに相談するというのも大事な対策です。AGAを予防するための方法を教えてもらえますし、またAGAが発症した時にもスムーズに治療が行えるので、是非1度カウンセリングを受けに行く事をお勧めします。

 

AGAの予防・対策について詳しく知りたい方はこちらもご確認ください。

血行が改善の鍵!AGAと血行が密接な関係の理由(関連記事)

 

AGAの症状が気になったら年齢を問わず治療を

セルフケアに取り組んでもすべての方がAGAの発症を予防できるわけではありません。前頭部や頭頂部の薄毛が気になる方はAGAの治療を受けましょう。AGAの治療は、皮膚科やAGA専門クリニックなどで受けられます。

基本の治療といえるのが、内服薬「プロペシア」「ザガーロ」のどちらかと外用薬「ミノキシジル」を用いた治療です。

「プロペシア」と「ザガーロ」には、5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑える働き、AGAの進行を予防する効果を期待できます。「プロペシア」と「ザガーロ」の違いは、阻害する5αリダクターゼの型です。プロペシアはⅡ型のみ、ザガーロはⅡ型とⅠ型を阻害します。AGAに深くかかわっているとされるのはⅡ型ですが、Ⅰ型も阻害できるためザガーロの方がより効果的といわれています。

「ミノキシジル」には、毛組織の血流を改善するとともにヘアサイクルの成長期を延伸して発毛を促進する効果を期待できます。

20代以降でAGAにお悩みの方であれば、以上の治療などを受けられます。これらの治療は、年齢を問わず有効と考えられています。症状が進行すると効果を実感しづらくなることがあるので、AGAが気になる方は出来るだけ早く治療を受けましょう。すでに症状が進行している方は、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を頭頂部や前頭部に移植する自毛植毛を受けられます。

まとめ

  • AGAは中年に限ったことでない。10代・20代でもAGAを発症するケースはある。
  • 30代頃から発症するケースが多い。
  • まずは、生活習慣の見直し。症状が現れたら医療機関で相談がベストな対策。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です