AGAの原因を徹底解説!遺伝・生活習慣・喫煙・飲酒などが影響?

実際AGA(男性型脱毛症)になってしまうと、その治療は薬の力を借りることが多く、処方してもらうためにも医師の力を借りなければなりません。

そういう意味では素人である私たちが努力で治療できるようなものではありません。しかし、そんな素人の私たちの努力でも、AGA(男性型脱毛症)の治療をより効果的にするサポートはできるのです。

そのためにも、まずはAGA(男性型脱毛症)について詳しく知る必要があるでしょう。

AGAの症状は?

AGA(男性型脱毛症)は簡単に言えば「脱毛症」です。しかし、単純に髪が抜けたからAGA(男性型脱毛症)というわけではありません。それではどのような脱毛症をAGA(男性型脱毛症)と呼ぶのでしょうか。

まず押さえておきたいことは、AGA(男性型脱毛症)は脱毛量とはあまり関係がないということです。それでは何がAGA(男性型脱毛症)に関係があるのでしょうか。その答えは大きく分けて2つあります。

脱毛箇所

AGA(男性型脱毛症)は脱毛箇所が1つに定まりません。同時に複数の脱毛が発症してしまうこともあるし、複数の脱毛症が結合して大きな1つの脱毛症にパワーアップしてしまうこともあるそうです。脱毛箇所に共通点がなく、症状がひどくなると至るところに脱毛症を発症してしまうのが特徴です。

脱毛サイクル

AGA(男性型脱毛症)は基本的には薬を使用して治します。しかし、これが完治するのはなかなか時間がかかるようです。中には、薬を使わなくても症状が改善されてしまうこともあります。

AGA 原因

これは髪が抜ける理由を考えれば容易に想像できることです。そもそも、病気のような大きな理由でなくても「睡眠不足・食生活の乱れ・ストレス」などでも脱毛をしてしまいます。その逆もあり、そういう乱れを改善することで一時の奇跡として脱毛症が改善したように見えることがあるのです。

ただ、AGA(男性型脱毛症)の場合は、その後他の箇所が脱毛してしまうということの繰り返しになってしまいます。

AGAの原因は?

先ほども少し触れましたが、AGA(男性型脱毛症)には様々な原因が考えられます。それでは簡単な理由とともにAGA(男性型脱毛症)の理由を見ていきましょう。

病気による併発

一見、AGA(男性型脱毛症)とは関係がなさそうな病気が原因で併発してしまうことがあります。特に肝臓系・血管系の疾患があると髪に十分な栄養が行き渡らずAGA(男性型脱毛症)を発症してしまうことがあるようです。

実際医療機関でもAGA(男性型脱毛症)の診断には血液検査を行い、他の病気がないかを調べて、総合的に診断するのだそうです。

食生活の乱れ

髪が成長するには成長ホルモンや髪の主成分であるタンパク質が重要です。もちろん、これは食事によるバランスの良い栄養があってこそ成り立つものです。特に魚のもつ良質なタンパク質と、海草や果物が持つビタミンがあって合成されます。そのためにも、バランスの良い食生活が重要なのです。

AGA 原因

睡眠不足

髪が成長(黒く、太くなる)するには成長ホルモンが欠かせません。その成長ホルモンは時間帯によって生成される量が異なります。一般的に、成長ホルモンが多く生成される時間帯は「22:00~翌2:00」と言われており、ゴールデンタイムとも呼ばれる貴重な時間帯があります。

この時間帯を有効に活用するためにも、ゴールデンタイムはしっかり就寝をしておいたり、適切な睡眠時間を確保しておいたりという対処が重要です。

喫煙・飲酒

髪が成長する元となる栄養は血液に乗って運ばれます。喫煙はその血流を妨げてしまいます。飲酒はその逆で血管を拡張させる効果があるので、一見良さそうに思えますが、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

肝臓は体の栄養をためておく貯蔵庫の役割を担っているので、せっかく血管を拡張しても、十分な栄養を送り出すことができない可能性があります。そういう意味でも、喫煙は百害あって一利なし、飲酒は適量であればメリットがありますが、それ以上は逆効果になってしまうので管理が難しいですね。

ストレス

現代社会を生きていく上で避けて通れないのがストレスですね。このストレスは万病の元とも言われ、様々な病気を引き起こすことでも有名ですね。もちろん、このストレスは脱毛も引き起こしてしまいます。他の原因は除外することができますが、唯一どうしようもない原因がストレスです。

AGA 原因

大切なのはストレスを防ぐことではなく、ストレスを解消することをしっかり考えるということだと覚えておいてください。

遺伝

「ハゲは遺伝する」というのを聞いたことはありますか?実はハゲを決定づける遺伝子があることが判明しています。ただ、単純に親がハゲているからと言って、子である自分がハゲるかと言えばそうは言い切れません。ある研究チームの発表では、母方の父親の遺伝子が影響して、AGA(男性型脱毛症)を発症する可能性が高くなるのだそうです。

AGAを進行させる原因とは?

AGA(男性型脱毛症)は早期発見・早期治療が肝心です。それでも知らず知らずのうちにAGA(男性型脱毛症)を発症してしまっていることも考えられます。そんな時、もしあなたが普段何気なくしている行動がAGA(男性型脱毛症)の進行を早めているとしたらどう思いますか?そんな悔やんでも悔やみきれない経験をしないためにも、AGA(男性型脱毛症)を進行させてしまう原因を把握しておきましょう。

暴食・偏食

髪が成長するには豊富な栄養が必要です。そのためにはバランスの良い食事が重要であって、暴食によって過剰な栄養があることは問題です。同時に偏った食事だと髪に必要な成分を十分に生成できない可能性が出てきます。

ネガティブな性格

「あんまり悩んでばかりいるとハゲるよ」こんなフレーズ聞いたことはありませんか?実はこのフレーズ、あながち間違ってはいないのです。そういう意味でもネガティブな人は悩みやすいため、AGA(男性型脱毛症)の進行を早めてしまうと言われています。

AGA 原因

運動不足

髪は体の一部です。体を健康に保つために運動が必要不可欠であるように、髪にとっても運動は必要不可欠な要素です。ここで運動不足が起きてしまうと、体全体だけでなく、髪にとっても悪影響となってしまいます

AGA 原因

誤ったシャンプー

頭皮を不潔にしていると髪に良くないことは有名です。だからこそ、しっかりと頭皮を洗わないといけないと思い込みすぎて、間違ったシャンプーを毎日してしまう人がいます。人間の皮膚は刺激に慣れてしまうので、爪を立ててガシガシ擦るようなシャンプーでかゆみが取れる経験をしてしまうと、それはエスカレートするばかりです。誤ったシャンプーは頭皮を傷つけ、逆に炎症の原因となってしまうので注意が必要です。

AGAはこんな人がなりやすい

AGA(男性型脱毛症)は誰でも発症する可能性のある症状です。その原因も様々で、いつ頃発症するかも不明です。しかし、AGA(男性型脱毛症)の発症可能性が他の人よりも高めである人というのは実際に存在し、その人たちには共通点があります。共通点の中には個人の努力ではどうにもならないこともありますが、いくつかは改善できるものが含まれています。AGA(男性型脱毛症)になりやすい人の特徴を知り、危険回避に向けて前向きに進みましょう。

母方の父親がハゲ

先ほども紹介しましたが、科学的にハゲは遺伝することが証明されています。その遺伝子は「X染色体」に現れることが分かっており、その染色体は母親から受け継ぐものなのです。よって、母方の父親がハゲていると、ハゲ遺伝子が受け継がれる可能性が高くなります。万が一、母方の父親がAGA(男性型脱毛症)だった場合、その危険性はかなり高まると言えます。

中年太り

中年太りの男性は「食生活の乱れ、暴飲暴食・運動不足」などが考えられます。そしてそれらはすべてAGA(男性型脱毛症)の発症原因と密接な関係があります。中年太りは髪に限らず、良いものではないので、少しでも体質改善できるように努めた方が良いでしょう。

AGA 原因

思い込みが強い

ネガティブに代表されるように、精神的なものがAGA(男性型脱毛症)に影響を与えてしまうことが分かっています。しかし、思い込みが激しい人はネガティブでなくても危険度が高まっています。例えば、間違ったヘアケアを頑固に貫き通したり、AGA(男性型脱毛症)の初期症状を「違う!」と断固として受け付けなかったりすることで、AGA(男性型脱毛症)を発症しやすかったり、発症してもなかなか正しい治療にたどり着けず、自ら首を絞めることになりかねないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です