原因を自分で作ってるかも?AGAの発症原因と対策方法

AGAと他の脱毛症では原因が異なることはご存じですか?

しかし、原因は違えどもそれを引き起こす可能性のある要因は実はとても似ているのです。

今回はその要因としてよく取り上げられる生活習慣とその対策についてお話しします。

AGAの原因とは?

近年若い年齢層にも増えているAGA。男性型脱毛症とも呼ばれているこの薄毛は主に中高年男性に多く、ホルモンの分泌が原因といわれています。AGAの原因物質はジヒドロテストステロンと呼ばれるもので、男性型脱毛症の方には共通してこの物質が多く頭皮に確認されています。

この物質は男性ホルモンのテストステロンが酵素により変化するもので、毛乳頭細胞の働きを抑え、毛周期のサイクルを乱す原因となっています。そのため発毛した毛髪が太く成長する前に抜ける症状がおこり、髪全体的に細くなり薄毛が広がってしまいます。

aga 対策

このホルモンの分泌異常はストレスも原因の一つです。精神的な不安や悩みは自律神経の働きを乱す為、血管の収縮を招くなど頭皮の血行を悪くする原因です。またストレスはコラーゲン不足を引き起こす為、発毛しても細くなり抜けてしまうという悪循環が出来上がってしまいます。

AGAの対策はこのような原因に合わせて行うことが一番効果的です。生活習慣の改善をはじめとした対策は、まず自分で始められることもたくさんあります。AGAの原因はあらゆることが複雑に重なり抜け毛増えてしまうことが特徴です。

また薄毛の大きな原因の一つが遺伝です。科学的に解明されてはいませんが、遺伝子変異により頭皮の働きが強くなり、抜け毛が起こるという研究内容もあるようです。確率的には自分の母親の父、つまり当人にとっての祖父が薄毛の場合は、将来的にAGAを発症する可能性が高くなるといわれていますので、不安な方は早い時期から頭皮ケアをすることがおすすめです。

遺伝の場合はどうにもならないと諦めてしまう方もいますよね。ですが薄毛の症状を軽減させたり、予防するための色々な効果的な方法があります。AGAは治る病気です。色々な情報を収集して、自分にあった治療法を見つけることが大切です。そのためにもまずは原因を知ることから始めましょう。

 

AGAの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら。

ヘアサイクルからAGA(男性型脱毛症)の仕組みを解剖!(関連記事)

 

AGAの症状は?

日本国内ではAGAの悩みを抱えている人の数は1200万人以上いるといわれています。AGAは思春期以降の男性に起こる病気で、こめかみ部分に剃り込みを入れたように薄毛が広がる症状が特徴。前髪の量が薄くなり、気が付いたら地肌が透けて見えているなんて場合もあります。このように見てすぐにわかる症状以外にも、毎日少しずつ頭皮や髪にはAGAのサインが起こっています。

まずは抜け毛の数。シャンプーの時に抜ける髪の量が前よりも多くなった細い髪や短い髪が抜ける髪が伸びるのが遅い頭皮がべたつくなどの症状もあります。AGAは一人ひとり症状が異なり、進行の速度も生活習慣などにより異なります。

薄毛の不安を一度抱いてしまうと、コンプレックスになり常に心配になりますよね。それはストレスとなりさらに頭皮環境をバランスを悪くする原因。AGAは対策方法により必ず治ると信じて対処を始めましょう

男性の薄毛はAGAでなくても、一時的なストレスや体調不良、食生活などによっても薄毛になることがあります。心当たりがある場合でもAGAの可能性はある為、不安なときは専門クリニックで相談しましょう。最近髪のボリュームが少なくなってきた、そんな症状に気が付いたらまずはAGAのセルフチェックをしましょう。

  1. 髪がM字型になり始めてはいないか
  2. 額の面積が広がっているか
  3. 短い髪が抜けるようになった
  4. 毛根が消滅している
  5. 家族や親せきに薄毛の人がいる

これらの症状にあてはまる場合はAGAの可能性があります。少しでも早く正しい対策をとれば必ず回復できる病気です。人には恥ずかしくて相談できないと思っている方もいるかもしれませんが、勇気をもって医療機関のカウンセリングを受けることも大切ですよ。

こんな人は要注意!

毛髪は同年代でも量に違いがありますよね。40代でふさふさの人もいれば頭部がつるつるになっている人もいます。AGAはホルモンの分泌異常、また遺伝が原因といわれていますが、体質的になりやすい人以外にも実は生活習慣で、自分が薄毛の原因を作り出している場合もありますので注意しましょう。

そこで知っておきたいのが薄毛になりやすい生活習慣。まずは食生活栄養バランスが悪い食生活は頭皮の栄養が不足する原因です。特に亜鉛やたんぱく質は発毛に欠かせない栄養分です。そして飲酒。晩酌する習慣がある方やお酒好きな人は薄毛になりやすいといわれています。その原因はアルコール成分。体内に入ったアルコール成分を分解するために髪に必要な亜鉛を大量に使ってしまいます。そのためお酒を飲まない人のほうが薄毛が少ないともいわれていますよ。同様に健康の害になる喫煙も血行の循環を悪くするため、頭皮の血管を収縮して栄養が行き届かない状態。薄毛でタバコを吸っている方は本数を減らすなど意識してみましょう。

aga 対策

AGAは決して薄毛家系の人だけに起こるものではありません。このような生活習慣の乱れを長い間蓄積した人も薄毛が始まってしまう可能性が大いにあるのです。

運動不足や睡眠不足も同様に頭皮環境の働きを鈍くする原因です。ストレス解消の為にも、定期的な運動をしましょう。健康的な発毛を促す為には、元気な体を維持することが大切です。薄毛になりやすい環境を改善しながら効果的な治療を始めることが重要ですね。

今は薄毛の心配はない、という方でもいずれ抜け毛増える時期がやってくるかもしれません。加齢とともにホルモンの働きも不安定になりますので、AGAは決して限られた人だけが心配するものでなく、誰にでも可能性がある病気だということを覚えておきましょう。

AGAの対策方法

AGAの対策はとにかく早く始めることが重要です。髪はそのうち生えると油断していると、AGAはどんどん進行してしまいますよ。医療機関で治療を受ける際も、つるつるになった頭皮では効果もあまり期待できません。少しでも発毛できる環境が残っているほうが効果的な治療ができます。

まずAGAの対策として自分で始めたいことが頭皮マッサージです。血行不足になると栄養が頭皮に届かない為、毛根の働きも悪くなってしまいます。頭皮マッサージは育毛剤も使うとより血行促進の有効成分の働きで効果的です。また薬用成分により頭皮の炎症を抑え健康に戻す効果もあります。しかし育毛剤を使わなくとも頭皮マッサージは一番簡単かつ有効な頭皮ケアなのでぜひ試してみてくださいね。

また、確実なAGA対策をしたい方であれば専門の医療機関で治療を受けることをおすすめします。AGA治療は内服薬や外用薬を使う方法、もしくは最新治療のハーグ療法などがあり、それぞれの目的や頭皮環境により治療方法も異なります。ですが医師の判断の元、治療がおこなわれるので安心ですよね。ただし、その分費用が高くなってしまうのでお財布と相談して治療内容を決めるのが良いでしょう。

上記2つの方法をお教えしましたが、どちらも頭皮の環境が整っていなければ効果をあまり期待できません。まずは頭皮にダメージを与える生活習慣の改善をする必要があります。抜け毛の量が増え始めたら薄毛のサインです。考えられる原因を解明して、髪により栄養補給をし規則正しい生活をするなどすぐに対策をとりましょう。

aga 対策

またシャンプーやカラーリング、パーマなど、頭皮に与えるダメージを減らすことも大切ですよ。薄毛になりやすい頭皮はとてもデリケートなので、毎日続ける悪い習慣を見直すことが必要です。

薄毛ケアは短時間では効果が出ません。食生活も生活習慣も一時的に改善するだけでは効果は期待できませんので、気長に付き合っていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です