ヘビースモーカーは危険度大!AGAの特徴と対策徹底解説!

男性特有の薄毛の症状であるAGA(男性型脱毛症)。様々な症状となって表れる上に、人によって発症する年齢も異なり、そして治療による効果も個人差があるとされています。

今回はそのAGAの特徴を徹底的にご説明いたします。

AGAの抜け毛の特徴

AGAによって抜け毛が発生し、髪の毛が薄くなってみっともない髪形になって困っている方も多いかと思います。

そもそもAGAというのはどのようにして起こるのかと言うと、ホルモンが関係しています。

人間の体には男性ホルモンと女性ホルモンの2種類が存在していて、髪の毛の健康や成長といった役割は女性ホルモンが担っています。特に重要なのが5αリダクターゼという酵素の活動を抑える役割です。この酵素はテストステロンと言う男性ホルモンに働きかけてDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを生成します。このDHTが毛根に攻撃を仕掛ける事で薄毛や抜け毛の症状が表れるのです。これがAGAという薄毛の症状のメカニズムになっています。

AGAの直接的な原因でもあるこの5αリダクターゼ、並びにDHTというのは実は頭皮の位置によって多く存在する場所、全く存在しない場所が大きく分かれているのです。そのため薄毛の位置によってそれがAGAによる薄毛なのか、はたまた別の原因からなる薄毛なのかがすぐに分かるようになっているのです。これがAGAの抜け毛の大きな特徴となっているのです。

AGAの抜け毛の具体的な特徴

それでは具体的にAGAの抜け毛は頭部のどの位置に起こるのかをご説明します。

まず先ほど説明した5αリダクターゼ、並びにDHTが多く存在しているのは頭頂部と、前頭部になっています。側頭部や後頭部にはこれらのホルモンや酵素が存在しないため、AGAの場合は頭頂部と前頭部のどちらか、もしくはその両方から抜け毛が進んでいきます。

aga 症状
頭頂部の抜け毛はつむじ付近から周囲へと徐々に広がっていき、最終的には丸々と脱毛部分ができあがる事になります。その脱毛部分の形からO字型タイプの脱毛症と呼ばれることもあります。このタイプのAGAで厄介なのが、自分では気づきにくいと言う点です。実際に鏡を前にして頭頂部を見ようとすると分かるのですが、頭の形と言うのは綺麗な丸ではなく、少し前面の方が大きかったりするので、正面からつむじを見るのが難しいのです。前髪が多い人ならなおさら気づきにくい事でしょう。朝起きた時に枕元に抜け毛が大量にあって初めて気づく人が多いくらいです。早期発見をするためにも、日ごろから髪の毛の量を手触りで確認しておくようにしましょう。薄毛の進行が始まると結構分かりやすくスカスカになっている物です。側頭部はAGAによる抜け毛の影響を受けないので、側頭部と比較してチェックすると良いでしょう。

aga 症状
そして前頭部の抜け毛のタイプには2つあります。左右のこめかみから生え際が後退するM字型と、前頭部の中心から全体的に生え際が後退するU字型の2つです。こちらは前髪を上げればすぐに分かるので、お風呂で髪を洗う時でも、仕事や学校に行く前の髪のセットの時でも気づきやすいかと思います。

このO字型、M字型、U字型の薄毛の症状はAGA特有の物であり、人によってはM字型とO字型が同時進行してあっという間に禿げてしまうという事もあります。AGAの薄毛は非常に特徴的な症状となって表れますので、少しでも違和感を感じたらすぐに治療を始めるようにしましょう

AGAにつながる抜け毛が起きやすいのはこんな人!

AGAは年齢を重ねる事で自然と発症する、男性なら避けて通れない薄毛の症状です。しかしAGAが発症する年齢と言うのは人によって大きく異なりますし、場合によっては50代でも髪がしっかり残っている人もいます。それではAGAになりやすい人と言うのはどんな人なのでしょうか。

まず1人目は食事のバランスが悪い人です。髪の毛と言うのはしっかりと生きている細胞ですので、頭皮に存在し続けるためにはそれ相応の栄養が必要なのです。そしてその栄養と言うのは基本的に食事から供給されます。髪の毛に必要なのはたんぱく質、ビタミン、ミネラルとされていて、これが日常的に摂取できていないと薄毛、ひいてはAGAに繋がる事になります甘いお菓子やインスタントラーメンばかりを食べている人は特に注意が必要ですよ。

2人目は過度な喫煙を習慣としている人です。ヘビースモーカーと呼ばれる人たちが特に危険です。先ほど髪の毛にも栄養が必要と言う話をしましたよね。では食事で得た栄養を髪の毛まで運んでいるのは一体誰でしょう。それは血液なのです。タバコを吸っていると血管が収縮されて、血行が悪くなります。すると髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうので、AGAに繋がりやすくなるのです。

3人目はストレスを溜めこんでいる人です。仕事が忙しくて趣味でストレスを発散する時間もないと言う人が特に危険です。ストレスの場合は血行が悪くなるだけでなく、体の免疫力が低下してそれを補おうとして栄養を使用する事になります。すると髪の毛に必要な分の栄養が足りなくなってしまし、どんなに髪の毛に良い栄養を摂取していても、髪の毛までその栄養が届かないという事になってしまいます。

他にも睡眠時間が短い人過度な飲酒をしている人などもAGAに繋がりやすいです。つまりAGAと言うのは日常生活の過ごし方がかなり関係している薄毛の症状でもあるのです。

抜け毛の対策方法

AGAの症状の特徴、さらには原因まで分かったところで、それでは具体的な対策を探っていきましょう。

まずは原因から取り除いておくべきですので、1つ目の対策としては食事をバランス良くすると言うのが挙げられます。朝昼晩の3回の食事をしっかり取る事も大事ですし、肉や野菜に海産物など様々な食材から栄養を摂取する事が大事です。しかしやはり仕事が忙しくて料理に時間をかけられないと言う人も多いでしょう。そういう時はもちろんコンビニで手軽に済ませてしまいましょう。しかしインスタントラーメンばかりにするのではなく、できる限り色んなおかずのある弁当などにしておきましょう。どうしても自分の好きな食べ物を食べたいんだと考えている人は最終手段としてサプリメントを利用しましょう。ビタミンやミネラルは一般の人でも不足しがちと言われていて、それに特化したサプリメントがいくつか存在しているほどです。自分の食事のバランスを見直しつつ、適宜サプリメントを加えていきましょう。

2つ目の対策としては禁煙が挙げられます。当然ですかこれもできる限り止めておくべきです。しかしすでに喫煙が習慣化している人からすれば禁煙なんて簡単にできるわけがない、むしろしたくないと思ってしまうでしょう。実際に無理やり禁煙してストレスを感じてしまっては本末転倒です。ストレスも薄毛の原因になる以上、禁煙する事でストレスを感じては意味がありません。なのでストレスを感じない程度に少しずつ吸う本数を減らしていくようにしましょう。薄毛の対策は他にもありますので、無理に禁煙する事は無いのです。

3つ目はストレス発散です。理想的なのはストレスを感じない事ですが、仕事上でどうしても我慢しなくてはならない事というのはいくつもありますよね。それを根本から無くすと言うのは中々できないはずです。なのでストレスを発散する方法で改善していきましょう。趣味の時間を作るのも良いですが、お勧めは運動です。体を動かす事で血行も改善できるので一石二鳥です。最近運動していないなという方ならなおさらお勧めです。

このようにAGAの対策はいくつもありますが、根本的にそして確実に治したいならクリニックでの治療がお勧めです。ここで述べたのはあくまでのAGAに繋がりやすい生活習慣の改善であって、既にAGAになっている場合は効果が薄いのです。AGAはホルモンバランスが関係して起こる症状ですから、まずはそれを解決しないとこれらの生活習慣による対策も意味を為さないのです。

クリニックでの治療方法は内服薬での治療や、植毛、HARG治療と多岐に渡っています。しかしどれもAGAを根本から治す治療法として効果が高い物ですので、1度クリニックへ相談しに行って自分に合った治療法を見付けてみてください。

おすすめのAGA&HARG治療クリニックの紹介はこちら

まとめ

  • 側頭部や後頭部には5αリダクターゼ、DHTが存在しないため、AGAの場合は頭頂部と前頭部のどちらか、もしくはその両方から抜け毛が進んでいく。
  • 食事のバランスが悪い人、過度な喫煙を習慣としている人、ストレスを溜めこんでいる人、睡眠時間が短い人や過度な飲酒をしている人などもAGAに繋がりやすい。
  • AGAの原因を突き止め、根本から治療するならクリニックでの治療がおすすめ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です