AGA予防に最適な食事とNGな食事|頭皮と髪に与える影響を解説

自分の身体を形作っているのは日々の食事で口にしたものです。

AGAの改善が上手くいかない方の中には食事の内容が問題だという方もいらっしゃるかもしれません。

今一度髪に必要な栄養を確かめ、現在の食事を見直してみましょう。

頭皮と食事の関係性

AGAは食事の栄養バランスがとても大切。頭皮環境を整える為には食生活での注意が必要になります。毎日の食事で摂取する栄養は体の様々な機能を活発にするために必要ですが、実は頭皮や髪の健康を維持するためにも重要です。

食べ物の栄養は血液に入り全身に運ばれ様々な細胞を活発にしていますが、頭皮もそのうちの一つ。毛母細胞に栄養が不足してしまうと抜け毛が増える原因です。植物と同様に太い幹の草が生えるには根の部分がしっかりしないといけませんよね。栄養が不足すると細い茎になり、葉っぱの茂り方も減ってしまうのです。そのため、頭皮と食事からの栄養関係は絶対に無視できません。不規則な食事や栄養バランスが悪い食生活などは髪の健康だけでなく、体にもダメージとなっています。

aga 食事

髪の生育に必要な栄養分は亜鉛とたんぱく質。わかめなどの海藻類が髪に良いとよくいわれますが、海藻のミネラルはきれいな髪を作るために必要な成分です。また発毛にはたんぱく質も欠かせない栄養分です。

また食事でせっかくバランスよく栄養補給をしても血液の流れが悪いと栄養がしっかり頭皮まで届きません。AGAはホルモンバランスが原因になりますが、発毛しやすい頭皮環境を作るには、体内に補う栄養分、そして細胞を活発にする体の働きが大切なのです。

抜け毛が増える原因はとても複雑ですが、近年は食生活の乱れも問題になり自分で改善できることもたくさんあります。好きなものだけを食べている生活は栄養が偏る原因になってしまいます。頭皮に必要なたんぱく質や亜鉛、ビタミン類などバランスよく摂取することが大事なのです。外食や加工食品ばかりでは栄養不足になるだけでなく、皮脂のバランスも不安定になります。フケやかゆみなどがある場合は食事から見直すことも大切ですね。

AGAと食べ物の関係

頭皮環境を整えるため食べ物に気を付けることは重要ですが、それだけで薄毛を治すことは出来るのでしょうか。

男性の薄毛の主な原因はAGAです。薄毛に悩む男性の約9割、男性の3人に1人がAGAといわれています。AGAの主な原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きで活性の高いジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されること。この男性ホルモンが、毛乳頭細胞内のアンドロゲンレセプターと結びつくことでヘアサイクルの成長期が短縮されて薄毛になります。

AGAは主に男性ホルモンと5αリダクターゼにより引き起こされるので、食べ物に気を付けたからといって男性の薄毛が劇的に改善されることはありません。ただし、全く無関係というわけでもありません。AGAの発症には男性ホルモン、5αリダクターゼ以外にも様々な要素が関わっていると考えられています。その中のひとつが食べ物、栄養バランスです。

食べ物や栄養バランスに気を付けることにより、AGAの発症や進行を予防できる可能性はあります。また、育毛をサポートできる可能性もあります。身近な対策なので、AGAにお悩みの方は食事の内容を見直しましょう。

AGAにおすすめな食べ物の特徴は?

髪の毛の健康維持に欠かせない栄養素がタンパク質です。タンパク質が欠かせない理由は、髪の毛の主成分・ケラチンが18種類のアミノ酸から構成されるから。18種類のアミノ酸の中には、メチオニンなどの必須アミノ酸が含まれます。これらは、体内で十分な量を合成できないため食事から摂取する必要があります。

栄養バランスが不足すると毛根や毛母細胞の働きが衰える原因。いくら頭皮マッサージをしても、栄養不足では効果がでません。

AGAに効果があるほかの栄養素には亜鉛があります。亜鉛は男性の薄毛に特に必要な成分で、しかも不足しやすいことが特徴。亜鉛は男性ホルモンの精製に関与しているため、薄毛原因となるホルモンバランスを安定させる効果があります。亜鉛はまず生命維持の為に体が使われ、次にホルモン、精子の生成として使用されます。そして最後に残った亜鉛がタンパク質の合成に関わるため、不足してしまうと髪に必要な量が十分届かないことになりますよね。日本人男性は約9割近くの方が亜鉛不足といわれている為、薄毛になりやすい頭皮環境があるのです。

そしてAGAには細胞分裂を活発にするビタミンB群の働きも忘れてはいけませんね。毛母細胞の分裂を活発にすることで発毛を促進します。また皮脂が多く頭皮がべたつきやすい場合にもビタミンB群が皮脂のバランスを整える効果もあります。肌はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を繰り返していますが、ビタミン類にはこの代謝を活性にする働きがある為、髪の為にも欠かせない栄養分なのです。さらに薄毛が増える中高年の方は細胞の老化を抑制する抗酸化作用の高いビタミン類も欠かせません。

このように髪と頭皮に必要な栄養素はたった一つではないため、バランスのよい食事をとることが基本なのです。不規則な食生活を送る方は、サプリメントを飲むのも方法の一つですよ。

AGAにいい食べ物

AGAには不足する栄養素を食事から補うケアが大切です。育毛剤を使っていても効果が引き出せないのは、頭皮に必要な栄養素が不足しているからかもしれません。そこで知っておきたいのがAGAによい食べ物。

まずは発毛に必要なたんぱく質が豊富な肉類、卵、牛乳、チーズなどの乳製品です。そして男性ホルモンのバランスをとる為に最適なのが大豆食品です。大豆の成分イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする効果がありますので、男性の薄毛にはとても効果的。タンパク質も多分に含まれていますので納豆や豆腐、豆乳などを積極的に食べるのがおすすめです。

aga 食事

そして毛髪の成分になるケラチンを作る栄養が亜鉛。男性は亜鉛が不足しやすい為、食生活が大切なポイント。亜鉛が多い食べ物は豚レバー、うなぎ、イワシなどの青魚、牛肉、ひじきなどがあります。育毛効果がある亜鉛ですが、過剰摂取すると体の負担になる場合もありますので、一日の上限摂取量30㎎を超えないように注意してくださいね。

そして皮脂のバランスをとり毛母細胞を活性化する食べ物がレバー、大豆、緑黄色野菜、カツオ、ナッツ類などがあります。特にビタミンB2とB6は頭皮の炎症予防にも効果がある為、肌が敏感な方にオススメです。これらの栄養を効率的に頭皮に運ぶ為には、毛細血管を広げる効果があるビタミンEも忘れてはいけません。

アーモンドやオリーブオイル、また唐辛子に含まれるカプサシンなども血行促進する働きがありますので、毛乳頭に栄養をしっかり届ける為に摂取したいですね。

AGAを改善するにはこれらの食べ物をバランスよく食べることが必要です。また大量に一度だけ食べても薄毛が治るワケではありませんので、長期的に食生活を改善して継続することが大切です。心配な方はサプリメントを飲み、食生活のサポートをするとよいでしょう。

 

詳しく知りたい方はこちら。

AGAに亜鉛は必須!効果を最大限にする方法と注意点(関連記事)

AGAに豆乳が効く?!効果が出やすいタイプとは?(関連記事)

 

バランスの良い食事が難しい方は、スーパーフードやサプリメントで不足する栄養素を補完するのもおすすめです。

スーパーフード・スピルリナが育毛にも効果的な3つの理由(関連記事)

効き目あり?AGAプロテインの発毛・育毛効果とは?(関連記事)

天然成分の底力!フィーバーフューの発毛効果とは(関連記事)

AGAにオススメの食べ物7選

以上の食べ物などが髪の毛やAGAに良いといわれています。何となく良いことが分かっても、どのような成分がどれくらい含まれているかわからなければ利用しづらいと感じる方はいるはずです。続いて、AGAにオススメの食べ物と含まれる成分を紹介します。AGAが気になる方は、次の食べ物などを選んでみてはいかがでしょうか。

・うるめいわしの丸干し
AGAにオススメしたい食べ物のひとつが「うるめいわしの丸干し」です。こんがりと焼けば美味しくいただけます。朝食などにピッタリの食べ物といえるでしょう。「うるめいわしの丸干し」がオススメの理由は、髪の毛の主成分・ケラチンの元になるメチオニンを豊富に含むから。100gあたり1300㎎のメチオニンを含みます。

・鶏むね肉(皮なし・焼き)
同じく、「鶏むね肉」もオススメの食べ物です。脂肪が少なくて健康に良いといわれているので、注目している方が多いかもしれませんね。鶏むね肉は髪の毛にも良いといえます。その理由は、100gあたり1100㎎のメチオニンを含むから。鶏むね肉のハムなどにすれば、常備食として利用できます。

・牡蠣
メチオニンなどからケラチンを合成するときに欠かせない栄養素が亜鉛です。亜鉛を豊富に含む食べ物の代表として挙げられるのが、海のミルクこと「牡蠣」。生の牡蠣100gには14.5㎎の亜鉛が含まれています。利用しづらい季節がある点はマイナスですが、AGAにオススメの食べ物といえます。

・ピュアココア
亜鉛を手軽に摂りたい方は、「ピュアココア」を利用すると良いかもしれません。100gあたり7.0㎎の亜鉛を含みます。コーヒーなどの代わりにピュアココアを利用すれば、日常的に亜鉛を補えるはずです。糖分と脂肪分のとり過ぎには注意が必要です。

・アーモンド(乾)
細胞の新陳代謝を促すビタミンB2も育毛には欠かせません。ビタミンB2を多く含む食べ物のひとつがアーモンドです。100gあたり1.06㎎のビタミンB2を含みます。100gあたり3.6㎎の亜鉛を含む点も見逃せません。ビタミンB2と亜鉛をまとめて摂りたい方は、おやつにアーモンドを食べるとよいでしょう。

・ミナミマグロ(赤身)
最後にオススメしたいのがビタミンB6を豊富に含む食べ物です。この栄養素には、タンパク質の合成を助ける働きがあります。ビタミンB6を豊富に含む食べ物のひとつがミナミマグロです。100gあたり1.08㎎のビタミンB6を含みます。

・こんにゃく(精粉)
同じく、オススメなのがこんにゃくです。大した栄養は含まないと思われがちですが、100gあたり1.20㎎のビタミンB6を含みます。身近な食品なので積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

以上の食べ物などが、髪の毛に良いといわれています。AGAが気になる方は、毎日の食事に取り入れるとよいかもしれません。

こんな食べ物はNG

頭皮か髪の負担になる食べ物はなるべく食べ過ぎに注意したいですね。ではどんな食べ物があるのか早速チェックしてみましょう。

aga 食事

脂っぽい食べ物

揚げ物やスナック菓子、ハンバーガーなどの脂っぽい食べ物は皮脂の分泌量を増やす原因になります。皮脂は毛穴を詰まらせる原因になる為、毛根の負担となり抜毛原因になります。また脂っぽい食事は血液をどろどろにし、血液の循環が悪くなため頭皮の栄養不足の原因です。

アルコール

中高年男性は仕事での付き合いも多く、仕事帰りの飲み会も断れない時がありますよね。多量のアルコール接種は血行を悪くすることもあり、頭皮環境のバランスを崩す原因となります。またお酒を飲んだ後は質のよい睡眠がとれない為、ホルモンの働きが不安定になってしまいます。お酒の飲みすぎは薄毛だけでなく健康にもダメージとなりますので注意しましょう。

インスタント食品

カップラーメンなどの簡単な食事はついつい忙しい時に食べることがありますよね。簡単な食事は栄養バランスが悪いだけでなく、使用している添加物のダメージにも注意しましょう。これらの添加物は皮脂のバランスを崩す原因のため、頭皮がべたつき雑菌が繁殖しやすい環境になっています。インスタント食品の食べ過ぎは健康にも良くありませんので注意しましょうね。

悪い食生活の習慣

栄養バランスの食事は頭皮環境に悪影響になります。また食べ物の内容だけでなく、つい繰り返してしまう食生活の習慣にも注意してみましょう。食べ過ぎは胃腸機能の負担になり栄養の消化吸収が減少する原因。頭皮の栄養を十分にとどけるには腹八文目が理想ですよ。

医師への相談も効果的

食事に気を使っていても、不安なことはいくつもあると思います。

薄毛、抜け毛専門のクリニックでは、そういったことも相談できる無料カウンセリングを行っています。

優秀なドクターが親身になって相談に乗ってくれ、とても安心できると思いますよ。

薄毛・AGA治療の無料カウンセリングを行なっている中央クリニックの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です