AGA治療薬の種類|最適な組み合わせと服用時の注意点などを解説

AGAには育毛剤と生活習慣の改善で対策ができます、しかし進行してしまったAGAには実感できるほどの効果を見込めません。

そんな方にお勧めするのが病院での治療ですが、事前知識を身につけてから行きたいですよね?

なので今回は病院での代表的な薬の種類などについてご紹介します。

代表的な薄毛治療薬

AGAの薬として医学的に効果が認められているものが現在2種類あります。フィナステリドミノキシジルと呼ばれるAGAの薬は名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

フィナステリドは内服薬の治療薬。この薬は前立腺肥大や前立腺がんの治療としてつくられたものですが、発毛効果が高くAGAの薬としては一般的に使用されています。

そしてもう一つの成分ミノキシジルですが、外用薬として使用する薬。市販の育毛剤で使用される成分としてもお馴染みですよね。この成分は頭皮に直接塗布し、毛乳頭に成分を補給する仕組みになっています。ミノキシジルの効果は頭皮の血管拡張、皮下細胞の血行を促進、毛髪を伸ばす効果などがあり、AGAの治療薬として人気があります。

aga 薬

ミノキシジルは内服薬としても使用されていた時期がありましたが、副作用があり全身多毛症になることが確認されています。ミノキシジルは人気の育毛剤にも使用される成分ですが、含有量が少ない為、毛乳頭まで成分が到達しないともいわれています。

育毛剤を使って薄毛対策をしてもなかなか効果が実感できないことってありますよね。それは成分の含有量が少ない為。ミノキシジルの効果を実感するためには医療機関で処方してもらうほうが効果的なのです。

ミノキシジルを使用した育毛剤の「リアップ」という商品はみなさんご存じだと思いますが、この育毛剤は第1類医薬品の指定を受けているため通販で購入はできません。しかし個人輸入で購入ができるため、手軽に入手する人もいるようです。AGAの薬はそれぞれにメリットがありますが、継続して使用しないと効果がでないことが特徴。

フィナステリドは男性対象の薬ですが、それとは逆にミノキシジルは男女で利用ができるという特徴もあります。

使いやすくなっているミノキシジル

薄毛にお悩みの方から使いにくいといわれてきたリアップですが、現在では状況が変わっています。大きく変わった点は2点です。

最初の1点として挙げられるのが成分含有量です。これまでリアップ100.0g中1.0g(1.0%)しかミノキシジルを含んでいませんでしたが、新たに100.0g中5.0g(5.0%)のミノキシジルを含む商品「リアップ×5」が登場しました。100.0g中5.0gの成分含有量は、AGAクリニックで処方されている一般的なミノキシジル外用薬と同じです。

次の1点として挙げられるのが、通販で購入できるようになったことです。ただし、医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤などと同じように購入できるわけではありません。購入には薬剤師による適正使用の確認などが必要です。少し面倒な手続きはありますが、以前と比べて便利に利用できる環境が整っています。

第3の選択肢として登場したデュタステリド

AGAの薬に新たな選択肢が加わった点も追記しておかなくてはなりません。これまでフィナステリドとミノキシジルしかなかったAGAの薬に、第三の選択肢としてデュタステリドが加わっています。デュタステリドは、フィナステリドと同じく前立腺肥大症の薬に使用されてきた成分です。

デュタステリドを含むAGA治療薬が「ザガーロ」です。ザガーロは、2015年9月にAGA治療薬として承認され、2016年6月から販売開始されています。最新のAGA治療薬として大きな注目を集めています。

特に使われる機会が多い治療薬

AGAの治療薬は大きく分けて二つ。そのうち一般的に使用されるのがフィナステリド現在医療機関で使用するAGAの治療薬の主流となっています。

フィナステリドは商品名「プロペシア」と呼ばれるものがメインとなっていますが、この内服薬にはAGAの原因になるジヒトロテストステロンを作る5a-リダクターゼの働きを抑制する効果があります。プロペシアはAGAの進行を予防する働きがあり、毛髪量をそのまま維持できるというメリットもあります。

フィナステリドを配合した薬は「プロペシア」以外に、ファイザー製薬から販売している「フィナステリド錠1.0㎎ファイザー」という商品もあります。現在日本ではこの2商品しか認可されていませんが、海外から個人輸入で別の治療薬を、「病院で処方してもうらうよりも安価」という理由で購入する方も少なくはありません。

aga 薬

個人輸入で購入できる薬はフィンペシア、プロスカー、フィンカーという商品があります。しかし海外の薬は承認されていないため、副作用や体に与えるダメージはすべて自己責任になりますのでおすすめはできません

病院で処方されるフィナステリドはプロペシアかフィナステリド錠のみです。AGAは病院で治療にするには大変お金がかかりますが、安心して治療を受けることができますし、専門家のアドバイスもあるので効果も確実です。なにより相談相手ができるということが精神的には大きな安心になりますのでおすすめです。

どんな薬を使用するにせよ、大切なことは自分の体にあっているかどうか。そして治療を開始するタイミングが重要です。毛根がまた生きている状態であれば外用薬も内服薬も効果が期待できますが、薄毛を放置しつるつるになってしまった場合には治療薬の効果はそれほど期待できませんので注意しましょう。

選択肢が増えたプロペシアのジェネリック医薬品

プロペシアのジェネリック医薬品がファイザーしかないと聞いて、選択肢が少ないと感じた方は多いはずです。コスト面を考えると当然の感想といえます。幸いなことに、2015年以降、プロペシアのジェネリック医薬品が続々と登場しています。具体的には、ファイザーのほか、東和薬品、沢井製薬、クラシエから登場しています。選択肢が豊富になっているので、AGAの治療を受けやすくなったといえるでしょう。

AGAの治療に使われている薬の特徴

現在、AGAの治療に使われている薬は、フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルです。それぞれの特徴を詳しく解説します。

フィナステリド

AGAの原因となる酵素を阻害する成分です。AGAの症状は、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素の働きによりジヒドロテストステロンに変換されることで引き起こされます。ジヒドロテストステロンが、前頭部や頭頂部のアンドロゲンレセプター(受容体)と結びつくと、ヘアサイクルの成長期が短縮されて髪の毛が太く長く育てなくなるからです。

フィナステリドは、AGAの発症に深くかかわるとされる2型5αリダクターゼを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。この働きにより、乱れたヘアサイクルを改善しAGAの進行を防ぎます。

男性型脱毛症患者を対象に行われたプロペシア1㎎を48週間投与する試験では、58.3%で改善が確認されました。以上の結果などから、日本皮膚科学会は「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」で「行うよう強く勧める(推奨度A)」治療と評価しています。

デュタステリド

デュタステリドも、フィナステリドと同じく5αリダクターゼを阻害する成分です。フィナステリドとの違いは、Ⅱ型5αリダクターゼに加えてⅠ型5αリダクターゼも阻害すること。また、Ⅱ型5αリダクターゼに対してより強い効果を発揮することも分かっています。作用機序はよく似ていますが、これらの違いがあるのでフィナステリドで効果を感じられなかった方でも効果を実感できる可能性があります。

日本皮膚科学会は「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」で、デュタステリドも「行うよう強く勧める(推奨度A)」治療と評価しています。

ミノキシジル

ミノキシジルは、フィナステリド・デュタステリドと作用機序が異なるAGAの薬です。ミノキシジルは、毛組織の血流を改善することやヘアサイクルの成長期を延伸することなどで発毛を促します。

ミノキシジル5%製剤を6カ月間使用した試験で、9割以上の方で何かしらの改善が確認されています。以上の結果などから、日本皮膚科学会は「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」で、ミノキシジルも「行うよう強く勧める(推奨度A)」治療と評価しています。

治療薬を選ぶときの注意点!

治療薬を選ぶときに注意したいのは副作用です。薬によっては体に合わないものがありますし、海外の治療薬は体に負担にもなります。通販で購入する時は口コミなども参考にして信頼できる商品を選びましょう。

病院で処方される薬は、医師に判断により選択されますが、AGAの治療薬は値段が高い特徴がありますよね。フィナステリドの場合はプロペシアとファイザーの商品2種類ありますが、この2種類は値段に違いがあります。

ファイザーは最近注目のジェネリック医薬品として販売されていますので、成分が同じでしかも値段が安いというメリットがあります。長期的に服用が必要になるAGAの治療には大変役に立ち、人気がありますよ。医療機関でフィナステリドの薬を処方してもらう際には、ジェネリックがあるかどうかも確認するとよいでしょう。

またミノキシジルの外用薬も同様に海外から個人輸入で購入する方が増えています。

忘れてはいけない点は個人輸入は全ては自己責任になるということ。海外の薬を利用する最大の理由は値段が安い為。そこで注意したいのは信頼できる輸入代行を見つけること。そして服用する時は必ず医師と相談をして、飲み方などもアドバイスしてもらうとよいでしょう。

aga 薬

海外からの個人輸入では類似品や粗悪な薬が送られてくる場合もあります。パッケージだけでは見分けが付かないこともあり、とても精巧につくられた薬があります。このような粗悪品は成分の配合が異なるだけでなく、副作用もありますので体には大変悪影響になってしまいますよ。

値段だけにこだわってしまうと、薬の質も安心はできません。どんな薬がいいか、信頼できる輸入代行業者はどこか、ネットの情報なども参考にして比較してみましょう。

一番安全なのは値段が高くても医療機関で薬を処方してもらうことがおすすめです。

AGAクリニックで治療薬を処方してもらう際の注意点

AGAクリニックで治療薬を処方してもらう時の注意ですが、まず知っておきたいのがAGAの治療薬は健康保険の適用外になるという点。そのため治療費は全て自己負担になります。

専門の医療機関やクリニックでは自由診療になる為多少の値段の違いはありますが、薬だけに限ると通販で購入する海外の薬と比べても値段が高めになっています。また病院で処方される薬にも副作用がまったくないワケではありませんので、自分の体に一番適した薬を処方してもらうことが大切

主流になっているプロペシアの場合ですと、1日1錠の服用で28日分が処方されます。値段は薬7,500円前後。また効果を実感する為には半年以上は服用を続けないといけない為、AGAの治療はお金もかかるのです。AGAは薬の処方だけでなく、医療機関では診察も行いますのでさらに診察料金も必要になりますよね。各クリニックによって費用の請求方法は変わりますが、診察費用が薬代に含められているところもあるようです。

AGAクリニックで薬を処方してもらう時は、まずカウンセリングを受けて治療にはいくらぐらい必要になるか、おおむねの金額を教えてもらうことが大切ですね。クリニックによっては料金表示が大変複雑で、後から追加料金が発生する場合もあります。治療は期間も長くなる為、信頼できる医師がいるクリニック、そして薬代などの費用も明確に表示してくれる病院が安心ですね。

ネットの口コミ情報をするか、もしくは知り合いに聞いてみるなど情報収集をしてみましょう。AGAの治療薬は自分の薄毛や頭皮環境に一番合ったものでないと効果がありません。個人輸入でも手軽に入手できますが、一番安全なのは医療機関で相談すること。またそれぞれの医療機関では値段も異なりますのでいくつか比較してみましょう。

AGA治療薬の最適な組み合わせ

AGAの治療効果を高めたい方は薬を併用するとよいかもしれません。過去に報告されている症例な中にはフィナステリドとデュタステリドを組み合わせて著明な改善を確認した例もありますが、基本的には作用機序が似ているのでこれらの薬を併用しても大きな意味はないと考えられています。

最適な組み合わせと考えられているのは、フィナステリドとミノキシジル、デュタステリドとミノキシジルです。これまで解説してきた通り、フィナステリド・デュタステリドとミノキシジルでは作用機序や期待できる効果が異なります。基本的に、フィナステリドとデュタステリドはAGAの進行を抑制する薬、ミノキシジルは発毛を促進する薬という位置づけです。

発毛を促進できるのであればミノキシジルだけで良いと思うかもしれませんが、AGAの症状にお悩みの方の場合、5αリダクターゼの影響を抑えないと思うような結果を得られないことがあります。底の抜けたバケツに水を注ぐような状態になってしまうからです。

どちらもAGAの治療に欠かせない薬です。高い効果を期待したい方は併用を検討してみてはいかがでしょうか。(一般論なので、実際に利用する薬は医師に相談してください)。

AGAの薬を服用するタイミング

続いて、AGAの薬を服用するタイミングと服用時の注意点を解説します。

フィナステリド(プロペシア・プロペシアジェネリック)

基本的に、フィナステリドは1日1回1錠を服用します。食事の影響を受けないことが分かっているので、好きなタイミングで服用することが出来ます。飲み忘れが気になる方は、朝食後に服用するなど決まったタイミングを決めておくと良いでしょう。

デュタステリド(ザガーロ)

デュタステリドも1日1回1カプセルを服用します。多少、食事の影響は受けるものの大きな意味を持つほど影響はないと考えられています。そのため、デュタステリドも好きなタイミングで服用することが出来ます。

ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジルを塗布するタイミングは朝と夜の1日2回です。薄毛が気になる部分を中心に塗布します。注意するべきポイントは、乾いた清潔な頭皮に塗布すること。濡れていると薬効が薄まる恐れがあるから、汚れているとうまく浸透しない恐れがあるからです。夜はシャンプーをしてドライヤーで乾かしてから塗布しましょう。塗布してから数時間は、汗をかくことや頭皮を濡らすことは控えます。

AGA治療薬の服用を中断するとどうなる?

AGAの薬で薄毛を治すことは出来ますが、AGAの原因を根本的に解決することは出来ません。例えば、フィナステリドやデュタステリドは、5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑制しAGAの進行を食い止めるだけです。薬の服用を中断すると効果は失われてしまいます。ミノキシジルも同様です。もちろん、服用を中断してすぐに効果を失うわけではありませんが、少しずつ元の状態に戻っていきます。治療の効果を維持したい方は、AGAの薬を服用し続けなければなりません。

AGAの治療はAGAクリニックで相談

AGAの薬には以上の種類があります。フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルを含む薬は、日本国内のAGAクリニックで処方してもらえます。これらの薬には高い効果を期待できます。万が一、薬で効果を実感できない場合は、自毛植毛などその他の治療も用意されています。AGAにお悩みの方はクリニックで相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です