AGA対策に亜鉛が欠かせない理由|効果的な摂取方法と注意点も説明

AGAなどの薄毛や抜け毛の症状が表れてくると、多くの専門家が亜鉛を摂取するように勧めてきます。今まで食事による栄養を気にした事が無い人からすれば亜鉛ってどの食べ物から摂れるのかと疑問ですよね。そして何故亜鉛がAGAに効くのか気になりますよね。

今回はAGAと亜鉛の関係を詳しくご説明いたします。

亜鉛はなぜAGAはげに効果的なの?

それではここではまず最初に亜鉛がなぜAGAに効果的なのかと言う話をしていきます。亜鉛がAGAに与える影響は大きく分けて2つになります。

まず1つ目は亜鉛がそもそも髪の毛の生成に使われているからです。髪の毛はたんぱく質から作られているのですが、このたんぱく質を髪の毛にするために必要なミネラルが、亜鉛になるのです。なのでAGAによって新しい髪の毛が生えてこなくなった後には、亜鉛を多めに摂取して髪の毛を生やすようにサポートする必要があるのです。これがAGAに亜鉛が効果的な理由の1つ目です。

もう1つはAGAの原因を防いでくれるからです。そもそもAGAがどのようにして起こるかご存知ですか。AGAと言うのにはホルモンが関係していて、女性ホルモンが減少すると発症します。この女性ホルモンは髪の毛の健康と成長に役立っているのですがもう1つ、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する役割も持っているのです。この酵素はテストステロンという男性ホルモンに働きかけて、DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出します。するとこのDHTが毛母細胞に攻撃して、髪の毛の健康を阻害する事になるのです。AGAはこのようにして発症しています。亜鉛はこの男性ホルモンと酵素の結合を防いでくれる役割を、女性ホルモンの代わりにしてくれるのです。

髪の毛の生成のための栄養、そしてAGAの原因であるDHTの生成を防ぐ女性ホルモンの代わりとして、亜鉛は役立ってくれるのです。これがAGAに対して亜鉛が効果的な理由となります。

亜鉛の効果を最大限にする方法

AGAに対して亜鉛が効果的であるというのは分かってもらえたかと思います。しかしやはり亜鉛だけを摂取していれば良いというわけでもありません。亜鉛がAGAに対してしっかりと効果を発揮してくれるようにする必要があるのです。

その1つ目は亜鉛の摂取量を守るという事です。人体に必要な栄養素の摂取量は1日毎に決まっています。日本人男性なら11mg、女性なら8mgが目安とされています。これ以上摂取しても体外へ排出されてしまうので意味がありません。食べ物で摂取する場合は牡蠣やレバー、牛肉や小麦、納豆などの大豆製品がお勧めです。毎日食べるのが難しいという場合はサプリメントもあるので、こちらもお勧めです。

2つ目は頭皮の血行を良くする事です。先ほど亜鉛は髪の毛を生成するために必要な栄養であると話しましたよね。では口から亜鉛を摂取したとして、それを髪の毛まで運んでくれるのは一体何かと言われると、それは血液なのです。つまり血行が悪いと食事でいくら大事な亜鉛を摂取していても、髪の毛まで運べないのです。特に頭部と言うのは体の末端ですし、頭頂部がはげている場合はなおさら血行が悪くなりやすいのです。毎日頭皮マッサージを行うなどして頭皮全体の血行を良くしておきましょう。育毛剤の中には血行を良くする成分が含まれている物もありますが、それはこの血液から栄養が送られてくる仕組みを最大限利用するためです。

そして最後に健康体でいるという事です。実は亜鉛と言うのは髪の毛の生成以外にも非常に重要な役割を担っているのです。傷の修復に免疫力上昇など、体の健康を維持するために亜鉛は使われるのです。なので病気やケガをしていると、当然そっちの方が命の危機に近いため、優先して亜鉛が使用されてしまいます。すると髪の毛にまで亜鉛が届かなくなってしまって、結局亜鉛を摂取していない状態と変わらない事になってしまいます。

このように亜鉛の効果を最大限発揮するためにはいくつか気を付ける点がある事を覚えておきましょう。

おすすめできる人と控えた方がいい人

それではここからは亜鉛を摂取すべき人と控えた方が良い人を具体的にご紹介します。

まず亜鉛を摂取してAGAの治療をした方が良い人は、食生活のバランスが悪い人です。つまり普段から亜鉛を摂取できていなくて不足しがちな人にお勧めという事です。当然ですが毎日摂取すべき量を摂取できていないと髪の毛の健康状態はどんどん悪くなっていきます。そうなるとAGAの根本的な解決ができていても、いつまで経っても新しい髪の毛が生えてこない事になってしまいます。

逆に普段から牡蠣やレバーを習慣的に食べている人はお勧めしません。当然ですがすでに1日の摂取量を維持できてるのであれば、それ以上増やしても意味がありません。亜鉛とは別の部分でAGAや薄毛の原因があるはずなので、それに合わせた治療法を進めていきましょう。

次にAGAになり始めの人にお勧めです。AGAがDHTによって毛母細胞が攻撃される事によって起こる薄毛の症状だと説明しましたよね。亜鉛はこのDHTの生成を防ぐ役割をしてくれるため、AGAの対策として効果的なのです。しかしながら、AGAの症状というのは進行する物で、毛母細胞を攻撃し続けていると、毛母細胞が完全に死滅する事があります。こうなってしまうといくらDHTの生成を止めても新しい髪の毛を生やす事ができなくなってしまうため、亜鉛では効果が出なくなるのです。なのでちょっと頭頂部が薄くなってるな」、「生え際が後退してきたな」と違和感を感じたら早めに治療しましょう。そして食生活に亜鉛を加えるようにしましょう。

途中でも話したように、AGAになってかなり日数が経過している人は亜鉛では効果が出てこない事の方が多いです。専門のクリニックへと相談しに行って別の治療法を試すようにしましょう。

このように亜鉛がいくらAGAに効果的であると言っても、その恩恵を受けられるかどうかというのは差があるのです。亜鉛に限らずAGAの治療はとにかく早めにした方が良いので、薄毛が気になってきたらすぐに治療を始めましょう。

根本から治したいなら

AGAを根本から治したいのであれば、当然ですが亜鉛だけでは不十分です。亜鉛は髪の毛の生成を手伝って、DHTの生成を食い止めてくれる優秀な栄養ではありますが、それだけでは薄毛の改善には結びつかないのです。

まず血行の良し悪しは亜鉛では改善されませんので、別の治療法が必要になります。育毛シャンプー育毛剤を使って、頭皮のマッサージをするという別の治療法が必須になるのです。

このように亜鉛以外の治療法も必要となるのがAGAの厄介の所ですが、そもそもAGAの治療法というのは他にも多く存在するのです。例えば専門のクリニックへ行けば、別の場所の毛を移植する自毛植毛や、髪の毛に必要な栄養を直接注入するHARG治療などが受けられます。これらは個人ではできない治療法であり、そしてAGAに対して非常に効果的な治療法なのです。

根本から本格的にAGAを治療したいのであれば、クリニックで専門家に相談し、そこで治療を受けつつ、そしてさらに亜鉛を摂取する事を心がけるという事になります。まずは最寄りのクリニックでカウンセリングを受けてみてください。

まとめ

  • 髪の毛はたんぱく質から作られていて、その生成に必要なミネラルが亜鉛。
  • 日本人男性なら11mg、女性なら8mgを目安に一日に必要な摂取量を守る。
  • 普段から亜鉛とは縁遠い人は意識して摂取することをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です