AGA予防の第一歩!生活習慣を改善しよう

AGA(男性型脱毛症)は、その診断でさえもなかなか難しく、脱毛症としては皮膚科に分類されるものの、十分な対応ではないため、AGA(男性型脱毛症)専門医療機関が多く開設されています。

そんな複雑な症状であるAGA(男性型脱毛症)は、素人である私たちの努力でいくらでも改善できるということを知っていますか?

AGAとは?

AGA(男性型脱毛症)は広義的には「脱毛症」となりますが、これは単に髪が抜けることを指しているわけではありません。そもそも成人男性の場合、健康的な人であっても1日100本程度は髪が抜けると言われています。つまり、その程度の脱毛ではAGA(男性型脱毛症)とは言えないわけです。

しかも、AGA(男性型脱毛症)の厄介な点として、たくさん脱毛すればAGA(男性型脱毛症)になるというわけではないという点です。症状としては脱毛している(ハゲている)ようにしか見えないかもしれませんが、実は分泌ホルモンレベルでは普通の脱毛とは明らかに異なる特徴が現れています。

AGA 予防

人間、特に男性は女性よりも筋肉量が多いのですが、その成長を助ける男性ホルモンが「テストステロン」です。そして頭皮には「5α-還元酵素」という物質があります。この2つが出会ってしまうと「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質に変化してしまいます。このDHTは髪が成長することを阻害する性質を持っており、本来なら長く、太く、黒く生長するはずの髪を成長途中で、ひどい場合は全く成長させずして、脱毛段階に導いてしまうものなのです。そのため、AGA(男性型脱毛症)患者の脱毛箇所を調べると高密度のDHTが検出されることが分かっています。

DHTが多く生成されるには様々な原因が考えられます。この原因を追及できればAGA(男性型脱毛症)の症状を遅らせるだけでなく、改善までこぎ着けられる可能性も出てくるのです。

AGAの原因は..?

AGA(男性型脱毛症)には様々な原因が考えられています。ここでは有名な原因をいくつかご紹介していきます。

遺伝

脱毛は遺伝の影響が大きいと言われています。自治はこれが正しいものであると解明され、公表されています。その遺伝子は「X染色体」の一部が変異したもので、その染色体は母親から受け継ぐものであることが分かっています。AGA(男性型脱毛症)が男性にしか発症しないと言われる症状であることを考えると、その染色体の元は母方の父親ということになります。母方の父親がハゲている場合は、AGA(男性型脱毛症)の遺伝子が自分に受け継がれてしまった可能性があると考えておきましょう。

AGA 予防

食生活の乱れ

脱毛が進む要因の1つとして、髪が正しく成長していないということが考えられます。髪の主成分は特殊なタンパク質なのですが、この生成には「良質なタンパク質」と「ビタミン」が必要であることが分かっています。これらの栄養分は血液に乗って頭皮に運ばれます。だからこそ、正しくバランスのよい食生活を実現しなければなりません。良質なタンパク質の多くは魚から得られ、これと相性の良いビタミンは海草やフルーツなどから得ることができます。

睡眠不足

髪が成長するために必要な成長ホルモンは、22時~翌2時頃が最も多く分泌されると言われています。だからこそ、この時間帯に良質な睡眠を取っておくことが重要になります。ただ、仕事の関係などでそういったことができない人もいるのではないでしょうか。しかし、こればかりはどうしようもないので、睡眠時間の確保、寝具などにこだわって少しでも睡眠の質を上げることを意識すると良いでしょう。

ストレス

ストレスで円形脱毛症になった」というエピソードを聞いたことはありませんか?ホルモン的に脱毛症にはなりにくいと言われる女性でもストレスで髪が抜けてしまうことがあります。男性であればなおさらですね。

AGAになりやすいのはこんな人!

AGA(男性型脱毛症)を発症する原因は様々です。つまり、これは「どんな人でもAGA(男性型脱毛症)になり得る」という可能性を示しているとも考えられます。それでは具体的にどんなタイプの人だとAGA(男性型脱毛症)を発症する可能性が高いのでしょうか。ここではタイプ別に詳しく紹介していきます。

夜仕事の人

職種や関係ありませんが、仕事の時間帯が夜型の人は注意が必要です。髪に必要な成長ホルモンは夜に生成されますが、それは睡眠中にこそ威力を発揮するものです。この時間帯に仕事をしている人は、ホルモンの恩恵に恵まれているかということです。

ヘルメットを着用する人

頭皮は清潔にしておかなければなりません。そういう意味でもヘルメットを着用するような仕事をしている方は注意しましょう。ヘルメットは通気性に問題があるので、蒸れてしまいます。これは頭皮や髪にとって良くない環境です。しかもヘルメット着用の仕事は危険と隣り合わせなので、規則として脱ぐことはできません。だからこそ、以下にして頭皮を清潔に保つかが課題になります。

AGA 予防

間食が好きな人

乱れた食生活は頭皮の乱れも引き起こします。その1つが間食です。特にスナック菓子などは油も多く、健康面でも問題がありますが、頭皮にとってもあまり良いことではありません。摂りすぎた油は皮脂となって頭皮の毛穴から分泌されます。このような皮脂や汚れが毛穴に詰まって様々なトラブルを引き起こすのです。

インドア派の人

適度に運動をすることもAGA(男性型脱毛症)対策としては有効です。つまり、その逆であるインドア派の人は運動をしない生活が続いている可能性が高いでしょう。この運動不足も立派なAGA(男性型脱毛症)の原因です。

無趣味の人

現代社会を生きていく上で、ストレスを浴びてしまうことは仕方のないことです。大切なことは、そのストレスをどうやって発散するのかという点です。ストレス発散の方法は人によって異なりますが、無趣味の人ではなかなかその方法が見つからないと聞きます。

ネガティブな人

もしかするとストレスとは無縁の世界を生きる人がいるかもしれません。食生活も睡眠時間も問題ないかもしれません。せっかくそういう世界に身を置いているのに、ネガティブだとすべてをマイナスに捉えてしまいます。あえて自分からAGA(男性型脱毛症)を引き起こしかねない状況を作り出しているのです。

AGAの予防方法は?

AGA(男性型脱毛症)を発症してしまうと個人の努力ではどうにもなりません。本来なら皮膚科で対応すべき症状を、あえてAGA(男性型脱毛症)専門のクリニックで対応するほど、専門性を必要とする難しいものです。しかし、これをできる限り予防するとしたら、一体何をすれば良いのでしょうか。

そのためにはいくつかのことを実践するだけで、AGA(男性型脱毛症)の発症を贈らせたり、予防したりすることができるようになるのです。

早期発見・早期治療

何事も早期発見・早期治療が完治に向けた一番の近道です。予防という意味では定期検診に通ったり、自覚症状がなくても相談したりすることが重要です。

特に最近では自宅で「AGA(男性型脱毛症)の可能性」を検査できるキットなどが売られているので、自分の体質を知っておくこともいいですね。

AGA 予防

適度な運動

運動不足はやはりダメですね。ハードなものにチャレンジする必要はありませんが、適度な運動は頭皮だけでなく、体全体にとっても有効です。

バランスのよい食生活

髪が成長するには栄養が必要です。その栄養はバランスの良い食事で生成されるものなのです。肉に偏る、魚に偏る、野菜に偏る、そのどれもが髪にとってはよくありません。何事も適量でバランスが大事です。

ポジティブな考え方

精神的なストレスから脱毛をしてしまう人が意外と多くいるようです。だからこそ、ネガティブよりもポジティブな考え方を身に付けるようにしましょう。そうすることで不必要なストレスを感じなくてすむので、頭皮も健康になるでしょう。

 

AGA対策のために生活習慣や食事の改善に興味のある方はこちら

治療と一緒に生活改善も!AGA(男性型脱毛症)の改善方法(関連記事)

AGAの特効薬となる食べ物と髪の毛の成長を阻害する栄養(関連記事)

 

バランスの良い食事が難しい方は、スーパーフードやサプリメントで不足する栄養素を補完するのもおすすめです。

スーパーフード・スピルリナが育毛にも効果的な3つの理由(関連記事)

効き目あり?AGAプロテインの発毛・育毛効果とは?(関連記事)

天然成分の底力!フィーバーフューの発毛効果とは(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です