キャピシルがAGAにオススメの理由|効果と副作用などを紹介

薄毛や脱毛に悩まされている方は育毛剤での治療を考えているかと思います。しかしいざ育毛剤を買おうと思っても意外と種類が多くてどれを買うべきか悩んだりしていませんか。

今回はそんな方のために、育毛剤に含まれている成分、特にキャピキシルについてご説明いたします。

育毛剤と簡単に言ってもその内部成分はそれぞれ違っているので、この機会にぜひ勉強してみてください。

キャピキシルとは?

育毛剤と言えばプロペシアやミノキシジルなんかがやはり良く耳にするかと思われますが、それらと同じようにこのキャピキシルも育毛成分として注目されています。というのもキャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われているからです。そんな強力な育毛効果を持っているキャピキシルを具体的にご説明いたします。

まずこのキャピキシルというのはカナダにあるLUCAS MEYER COSMETICSという会社で開発された成分です。なのでいくつもの成分が複合されてできています。その主成分となるのがアカツメクサ花エキスアセチルテトラペプチド3です。

少しややこしく感じられるかもしれませんが、このアカツメクサ花エキスにはさらにビオカニンAという成分が含まれています。こちらはプロペシアにも含まれていて、AGA(男性型脱毛症)に特に効果のある成分とされています。AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンによって抜け毛が進行しますが、このDHTを作る5αリダクターゼの働きを阻止してくれるのがビオカニンAとなっています。

そしてアセチルテトラペプチド3というのはグロースファクター(成長因子)と呼ばれる成分であり、細胞の活動を手伝う作用がある成分となっています。アセチルテトラペプチド3で発毛と育毛を促しているわけです。

アカツメクサ花エキスで脱毛の原因となっているDHTの働きを抑制し、アセチルテトラペプチド3で髪の毛や頭皮の健康状態を良くする治療薬がキャピキシルというわけです。

キャピキシルにはどんな効果があるの?

キャピキシルに含まれている成分と、簡単な効果をご説明しましたが、ここでさらに詳しく効能についてご説明いたします。

まずアカツメクサ花エキスによる効果は抜け毛予防となっています。先ほども説明したように抜け毛の原因となるDHTが生成されないように働きかけてくれるので、抜け毛がすでに始まっている人はその進行を食い止めることができ、またまだ薄毛になっていない人でも予防としての効果を期待できるようになっています。

次にアセチルテトラペプチド3による効果ですが、こちらは幅広い効果を期待できます。というのもこれは育毛や発毛に特化した成分ではなくグロースファクターですので、髪の毛に限らず頭皮など、体にある細胞全体の活動を手助けしてくれるのです。

その効果は切断された四肢を修復させるほど高い効果を持っているのです。頭皮に使う場合は皮膚の炎症を抑えてくれることになります。髪の毛は毛根も大事ですが、頭皮の状態も非常に重要です。植物を育てる時に土から厳選するように、髪の毛もまた頭皮という土の状態が重要になってくるのです。

そして頭皮の状態を良くするだけでなく毛根、毛母細胞の状態も良くしてくれるのがアセチルテトラペプチド3の特徴です。毛母細胞は髪の毛の生成から成長まで重要な役割を担っている細胞ですので、これの活動が弱くなっていると抜け毛になりやすいのです。

発毛を促すだけでなく、生えてからも抜けにくい丈夫な髪の毛を作るためにも、毛母細胞と頭皮の状態はできる限り良くしておくべきなのです。そしてその状態維持に役立つのがキャピキシルに含まれるアセチルテトラペプチド3というわけです。

キャピキシルには抜け毛予防頭皮の炎症回復発毛促進の3つの効果があります。育毛剤として大切な効果をしっかりと備えていると言えるでしょう。

キャピキシルには副作用はあるの?

さてこれまでにキャピキシルの成分を細かく説明し、そしてそれぞれの発毛や育毛に関わる効果を説明してきました。育毛剤として非常に効果的な成分だと分かってもらえたかと思いますが、これだけ効果的であるという事を説明されると、裏に何かあるのではと勘ぐってしまいますよね。育毛剤に限らず薬を使用する時はやはり副作用にも気を付けておきたいですよね。

AGAの治療薬として名前の挙がりやすいミノキシジルやプロペシアには副作用が存在し、使用する際には細心の注意が必要とまで言われています。ミノキシジルは血圧を下げる効果が基本ですので、低血圧を引き起こしたり、場合によってはニキビや肌荒れ、発熱を引き起こす事もあります。プロペシアの場合は肝機能に障害がでたり、体が女性化したりと深刻な副作用が常に危険視されている薬でもあります。実際にこれらの薬を服用していて死に至ったというケースもあるほどなのです。

このように薄毛や抜け毛の治療薬には副作用が付き物で、しかも簡単には見過ごせないような物も多いと思っている人も多いでしょう。しかしキャピキシルは違います。

キャピキシルに含まれている成分は基本的に植物由来の成分であり、主成分のアカツメクサ花エキスはイソフラボン(大豆などに含まれている成分)の一種で、アセチルテトラペプチド3はタンパク質の一種です。つまりどちらも体に優しい成分なのです。ということは当然ですが副作用も存在しないのです。

キャピキシルによる発毛と育毛の効果というのは、健康的に必要な成分を摂取する事で促す物です。毛母細胞を無理やり叩き起こして仕事をさせているわけではありません。なのでキャピキシルの使用では副作用に怯える必要はないので、これから抜け毛対策を考えている人はこの成分が含まれている育毛剤を試しに使ってみてください。

おすすめできる人と控えた方がいい人

それでは最後に具体的にキャピキシル配合育毛剤を使うべき人と、控えた方が良い人をご紹介します。

こんな人におすすめ!

まずキャピキシル配合育毛剤を使ってほしい人の特徴ですが、ミノキシジルで効果を得られなかった人にこそ使ってほしいです。薄毛や脱毛に関する研究はここ数年でかなり進んでいます。そのため数年前に行った治療では効果が無くて、それ以来諦めている人も中にはいると思います。そういった方にこそこのキャピキシル配合育毛剤を試してほしいのです。最初に説明したようにミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われていますので、ミノキシジルで抜け毛が改善されなかった人にこそお勧めです。

それからAGAと診断された方にお勧めです。アカツメクサ花エキスはAGAの原因であるDHTの働きを阻害してくれる成分ですので、ストレスが主な原因として挙げられる円形脱毛症よりも効果を発揮してくれます。

それからこれまでに他の育毛剤を利用して頭皮に炎症が起きた人にお勧めです。アセチルテトラペプチド3は肌に優しい成分で、なおかつ炎症を抑える効果もありますので、他の育毛剤で問題が起きた人にこそお勧めです。

お勧めしたい人は主にこの3つの特徴を持っている人になります。

使用を控えたほうがいい人とは?

では逆にお勧めしたくない、使用を控えて欲しい人はどんな人かというと、頭皮の細胞が完全に死滅している人です。アセチルテトラペプチド3、並びにグロースファクターはあくまでも細胞の活動を促進するための成分です。なので根本的に細胞が活動を停止している場合には全く効果がありません。薄毛どころか頭皮が完全に露出している、その状態が長年続いている人はキャピキシル配合育毛剤でもどうにもできないので、専門のクリニックへ相談しに行きましょう。

ここからはキャピキシル配合育毛剤に限らない話ですが、肌が敏感な人と効果をすぐに実感したい人は使用を控えましょう

まずキャピキシル自体は肌に悪影響を与えませんが、キャピキシル配合育毛剤では当然ですがそれ以外の成分も含まれています。肌に悪影響を与えている成分が何かはっきりしていない時はまず育毛剤自体の使用を止めて、病院でしっかりと検査を受けるようにしましょう。また発毛のサイクルというのは基本的に3ヶ月以上かかるようになっていますので、キャピキシルを使用したとしても効果が表れるのは3か月先になります。薄毛や抜け毛の対策は長期的な目で考えておく必要があると覚えておきましょう。

キャピキシル配合育毛剤は副作用もなく、これまでの治療薬よりも効果的であるとされています。しかしながら必ずしも発毛を促すとは限りませんので、使用時には十分注意しつつ、長い目で治療を行うようにしましょう。

まとめ

  • キャピキシルはカナダにあるLUCAS MEYER COSMETICSという会社で開発された成分で、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3が主成分。
  • キャピキシルには抜け毛予防、頭皮の炎症回復、発毛促進の3つの効果がある。
  • 成分は基本的に植物由来の成分なので、キャピキシル自体に副作用はない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です