なぜ髪が薄くなるの?男女の薄毛の原因とメカニズム

最近なんだか髪が薄くなったな~。なんて思っている方、どうして薄毛になってきているのか原因をきちんと把握していますか??この原因をしっかり把握していないと対策もしっかり行えません。よって一向に改善しません!!今回は、薄毛の原因とメカニズムについてみていくことにしましょう。

そもそもなぜ髪は生えている?

昔、人間は全身を大毛で覆っていました。それが衣服を着たり、外気温の変化など身体の外からの危険に対応できるようになったことで体毛が必要なくなり退化していったと考えられています。毛は、人の体を守る為にちゃんと意味があって存在しているのです。それでは具体的に髪の毛の役割についてみていくことにしましょう。

脳を守るため

実は、私の父は頭部に髪がありません。イメージでいうとサザエさんの波平さん。そんな父は頭から血を流していることがよくあります。いやいや笑いごとではありません。本人いわく、ちょっと頭をぶつけただけで血が出るといいます。

そう、私たちは、頭を打っても髪の毛が衝撃を吸収してくれているということなんですよね。人の頭部は脂肪や筋肉がほとんどないといわれています。
脳を守るのは、頭蓋骨しかないのです。脳は人間にとってとても大事なところ。髪の毛はちゃんと頭を守ってくれているのですね。

有害物質を排出

毎日の生活の中で、体内にとりこまれていく有害物質。人間は、その有害物質をきちんと排出されるようにできています。その役割を担っているのが髪の毛や体毛なのです。有害物質が人間の体の中に蓄積されるともちろんいいことはありませんよね。

薄毛の症状種類と種類

髪の毛が生えているのにはちゃんとした理由があることがわかったと思います。見た目だけでなく健康面からみても髪の毛は大事だということがわかりました。次は、薄毛の症状や種類についてみていくことにしましょう。

びまん性脱毛症、休止期脱毛症

これは、女性に多い症状です。髪の毛が全体的にまんべんなく薄くなっていく症状のことです。イメージとしては、高齢者のおばあちゃん。ツルツルではなくて全体的に薄くなっているって感じですよね。

つむじはげ、てっぺんはげ

頭頂部周辺が薄くなっている症状ですね。これは男女問わずよく見られる症状です。だんだんと円が広がりそのあと前髪も後退して前と後ろが繋がるという場合もあります。イメージはサザエさんの波平さんです。

M字はげ

生え際付近が薄くなってくる症状で男性に多くみられます。イメージは笑福亭鶴瓶さんです。

円形脱毛症

男女関係なく発症し、強いストレスを感じたのかなという印象が強いです。ほかの薄毛とは原因が大きく異なります。山本太郎さんが選挙戦に突入した時円形脱毛症になったと話題になりました。

男女別、薄毛の原因とは?

薄毛の症状や種類について分ったところで原因について、男女別でみていくことにしましょう。

男性がなりやすいAGA

M字はげや頭頂部や生え際に薄毛が発生することをAGA(男性型脱毛症)といいます。一般的には、男性ホルモンの過剰分泌の影響や遺伝が考えられます。また、不規則な生活や食事、ストレスも大きく影響しているといわれています。

女性がなりやすい びまん性脱毛症

上記でも説明したように全体的に髪が薄くなる症状のことです。徐々に進行するので気がつきにくいです。これは妊娠、出産、加齢により女性ホルモンのバランスが崩れたことが原因と考えられており、更年期前後や閉経後にさらに目立ってくる方も多いようです。

男女共通 円形脱毛症

遺伝や自己免疫疾患が原因なこともありますが、主な原因はストレスだと言われています。

薄毛 原因画像

薄毛の原因とは?

薄毛といっても様々な種類があり、男女によっても違うことがわかりましたが、薄毛になってしまう原因は数多くあると言われています。それでは、主な原因についてみていくことにしましょう。

ストレス

ストレスを感じると、自律神経が乱れ血行不良を起こすといわれています。血液の流れが悪いのは薄毛の原因と言われています。ストレスを感じていると常に緊張状態が続いていることになります。そこで、ストレスを解消することが大事になってきます。趣味や運動、友人と食事に行くなど上手にストレスを解消しましょう。

生活習慣

まずは、食事です。外食や肉ばかり食べている、お菓子を食べすぎているなんてことはありませんか。脂質の多い食事や栄養が偏ると血液はドロドロに。そうすると髪の毛に栄養がいきわたらなくなり薄毛の原因に。栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

また質のいい睡眠をとることも大切です。22時~2時までは成長ホルモンの分泌が盛んな時間です。この時間には布団の中で寝ているようにしましょう。また、この時間に食事をするのはやめましょう。肥満の原因になるだけでなく血液は消化を促すために胃に集中してしまうためです。

また、喫煙も薄毛の原因の一つです。タバコは血管が収縮してしまうため頭皮に血液がめぐりにくくなります。また、スマホやパソコンを長時間みることによって起こる眼精疲労も側頭部の薄毛の原因になるともいわれています。

朝のお手入れ

夜は疲れたから寝て朝シャワーをしてるなんて方もいることでしょう。しかし、この朝シャンも実はアウトなんです。髪の毛が最も成長するのは22時~2時。このとき、頭皮が汚れていたらどうなるでしょうか。また、朝は急いでいて丁寧に洗髪するのも難しいですよね。

また、ワックスもカスが毛穴に詰まると薄毛の原因になります。頭皮がうまく呼吸できなくなるんですね。

男性ホルモンと女性ホルモン

薄毛の最も大きな原因の一つが男性ホルモンです。テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンがつくられるのですが、このDHTが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりします。

また、男性ホルモンの量や活動量は遺伝による影響を大きく受けます。そして、女性ホルモンの低下も薄毛の原因と考えられています。女性ホルモンは男性ホルモンを抑える働きがあり女性ホルモンが活発な時は男性ホルモンは活動しにくいといわれています。女性ホルモンが低下する時というのは、産後や更年期、閉経後です。

こんな人は薄毛に注意!

薄毛の原因について様々みてきましたが、あなたが何気なくやっている行動が拍車をかけている場合があります。

タバコとお酒がやめられない人

タバコは、血管を収縮し血液の流れを悪くします。すると髪の毛に栄養が流れなくなり薄毛の原因となります。お酒を飲むと酵素ができるのですがこの酵素が中性脂肪を増やす働きがあるため血液がどろどろになります。タバコやお酒は急にはやめられないと思いますがほどほどにしましょう。

母方の祖父や叔父さんが薄毛

男性ホルモンに関する遺伝子は母方から受け継がれるといわれています。あなたのお母さんの家系は薄毛ではないですか。薄毛の方は注意が必要です。

スマホやパソコンを長い時間みている

眼精疲労も薄毛の原因となります。特に1日8時間以上パソコンやスマホを見ている方は要注意です。お仕事で、パソコンを使われる方がほとんどでしょうからなかなか難しいでしょうが、できれば6時間までにおさめたり、休憩をいれるなどして目を休めるようにしましょう。

過度なダイエット

無理なダイエットは、薄毛の原因になるといわれています。髪の毛は栄養を入れなければ当然元気になりません。食事を抜いたり、極端に食べないなどのダイエットはおすすめできません。食事の量は変えず、間食をなくして運動する。これが髪にも健康にもよいダイエットですね!!

ワックスを毎日つけて入浴は朝のみの人

朝、スタイリングして汚れのたまった髪を夜洗う。これが理想です。朝、せっかくきれいにした髪をまた、ワックスで汚してしまう・・・。これは髪の毛の成長がうまくいきません。

夜髪を洗っても朝も洗わないと気が済まない方は、お湯で流す程度にしておきましょう。

薄毛原因画像1

シャンプーやブラッシングを控えるまたはシャンプーをしすぎる

シャンプーやブラッシングの際に抜けた髪の毛をみて、あまりシャンプーやブラッシングはしないようにしようとしている方も多いことでしょう。しかし、回数を減らしても抜け毛予防にはなりません。シャンプーやブラッシングをしたときにまとめて抜けるだけです。

毛穴の汚れや頭皮環境を整えるためにもシャンプーやブラッシングは必要です。しかし、逆にしすぎるのも問題です。シャンプーをしすぎて必要な皮脂までとってしまうと頭皮が乾燥し、かゆみや抜け毛の原因になりますよ。洗髪は1日1回が理想です。

帽子をまったくかぶらない人

帽子は、蒸れたり締めつけたりして薄毛の原因になると考えている人も多いことでしょう。だからといって帽子をまったくかぶらないのも問題なんです。外で紫外線を浴びることも薄毛の原因の一つ。帽子は、通気性の良いものや日傘などを利用して紫外線をブロックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です