ジヒドロテストステロンと薄毛の関係|抑制方法とあわせて解説

早い人では10代~20代で発症する男性型脱毛症。最近ではコマーシャルでもよく耳にするAGAは、この男性型脱毛症のことです。AGAは、抜け毛の進行速度や薄毛の発症時期には個人差がありますが、放っておくと薄毛が進んでいきます。

そのAGA(男性型脱毛症)の原因となっているジヒドロテストステロン、薄毛の元凶となっている物質について、皆さんはどれだけのことを御存知でしょうか?

【DHT】ジヒドロテストステロンとは

5αリダクターゼ

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の影響によって強力な作用を持つようになったものです。

そもそものジヒドロテストステロンの役割は、母親の胎児(男児)の性器を発達させるために欠かせない物質で、このジヒドロテストステロンが不足してしまうと男性器がうまく発達しないということになってしまいます、男性、特に幼児期にはおいては重要な役割を担います。

薄毛を進行させるジヒドロテストステロン

ここで気になるのが、ジヒドロテストステロンと薄毛の関係です。5αリダクターゼの働きにより変換されたジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞内で男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結びつきます。これにより、毛母細胞の増殖が抑制されることとなり、ヘアサイクルの成長期が短縮されます。ヘアサイクルの成長期とは、髪の毛が太く長く育つ時期です。この期間が異常に短縮されることで、細く短い髪の毛が増えて、やがては髪の毛が生えてこなくなります。つまり、薄毛が進行していくのです。

健康な髪の毛の成長期は、2年~6年程度といわれています。ジヒドロテストステロンの影響を受けた髪の毛の成長期は数カ月~1年程度です。以上の影響を与えるので、ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼは、薄毛の大きな原因と考えらえています。

そんな物質がなぜ増えるのか

なぜ、このような物質が増えてしまうのか?テストステロン自体の数は個体差がほとんどありません。しかし、先述の5αリダクターゼという物質の数がジヒドロテストステロンの数と大きく関係していると言われています。

また、5αリダクターゼは1型と2型があり、特にこの2型がその生成に大きく関与していると言われています。男性ホルモンは、男性が男性らしくあるためにはどうしても欠かせないものになっているのです。

ジヒドロテストステロンに影響を与える遺伝

テストステロンと5αリダクターゼの結びつきやすさは体質により異なります。体質を決めるとされているのが遺伝です。5αリダクターゼの活性が高い体質を受け継いでいる方は、ジヒドロテストステロンが生成されやすいと考えられます。同様に、活性が低い体質を受け継いでいる方は、ジヒドロテストステロンが生成されにくいと考えられます。5αリダクターゼの活性を決める遺伝子は優性遺伝します。つまり、父親・母親のどちらかがこの遺伝子を受け継いでいれば、その子どもにも受け継がれます。

ただし、ジヒドロテストステロンが生成されやすい体質を受け継いでいる方が、必ず薄毛になるわけではありません。薄毛には、アンドロゲンレセプターの感受性の高さも関わっているからです。こちらにかかわる遺伝子は、母方から受け継がれると考えられています。

テストステロンの減少

ジヒドロテストステロンは、テストステロンの分泌量が減少することでも増加する可能性があります。テストステロンは、加齢などの影響で減少することが知られています。

薄毛を気にしている方から邪魔者扱いされがちなテストステロンですが、肉体面・精神面の健康を支える重要な役割を果たしています。テストステロンが不足すると、これを補うためジヒドロテストステロンの生成が進みます。テストステロンの減少も薄毛に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

お酒の飲みすぎ

ジヒドロテストステロンを増加させる身近な原因といわれているのがお酒の飲みすぎです。身体に取り込まれたアルコールは、有毒なアセトアルデヒドに分解されたのち無毒な酢酸に分解されます。お酒を飲みすぎると分解が追い付かないため、アセトアルデヒドが体内に残ってしまいます。この物質は、ジヒドロテストステロンを増加させる可能性があると考えられています。だから、お酒の飲みすぎによりジヒドロテストステロンが増える可能性があると考えられているのです。現在のところ、はっきりとした影響はわかっていませんが、薄毛が気になる方はお酒の飲みすぎに注意するほうが良いでしょう。

【DHT】ジヒドロテストステロンを抑制するために

ジヒドロテストステロンを抑制して薄毛対策にしましょう。

まずは薬で対策

ジヒドロテストステロンを抑制するには、テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害することが重要です。フィナステリドという成分は、原因物質である5αリダクターゼを阻害する効果をもちます。内服薬があるので、確実に5αリダクターゼを阻害したい方は服用を検討すると良いでしょう。

ジヒドロテストステロンの生成を抑制する薬

ジヒドロテストステロンの生成を抑制する最も効果的な方法がAGA治療薬の利用です。具体的には、5αリダクターゼを阻害する薬で生成を抑えることが出来ます。この目的で使用されている成分がフィナステリドとデュタステリドです。

    • フィナステリド

AGA治療に幅広く用いられているプロペシアの主成分です。5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑制します。この働きにより、乱れたヘアサイクルを整えます。国内で行われた臨床試験の結果から、フィナステリドは98%の方の薄毛を改善・維持することが分かっています。ただし、発毛効果はそれほど高くありません。基本的には、抜け毛を防ぎ、現状を維持する成分と考えられています。あくまでも、ジヒドロテストステロンの生成を抑制してヘアサイクルを整える成分なので、高い発毛効果を期待したい方はミノキシジルなど作用の異なる成分を併用する必要があります。

    • デュタステリド

新しいAGA治療薬として2016年から発売されているザガーロの主成分です。フィナステリドとの違いは、Ⅱ型5αリダクターゼに加えてⅠ型5αリダクターゼも阻害すること(フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼのみ阻害)。Ⅱ型に加えⅠ型まで阻害するので、フィナステリドで効果を実感できなかった方でも効果を実感できる可能性があります。また、臨床試験により、発毛効果がフィナステリドより高い可能性が示唆されています(フィナステリドとの効果差についてはさらなる検証が必要とされています)。この特徴により、薄毛にお悩みの方の有力な選択肢となりつつあります。

ジヒドロテストステロンを抑制する食材とは

抜け毛予防 食べ物

食物はもっとも安全で推奨できるものです。ジヒドロテストステロンを出さないようにする食材は様々ありますので、ここで確認していきたいと思います。

  • 亜鉛を含む食べ物
    ・生ガキ、レバー、牛肉、タラバガニ、シジミ、チーズ、豚肉などなどです。
  • ビタミンB6を含む食べ物
    ・ニンニク、マグロ、酒粕、レバー、カツオ、イワシ、サケ、きなこなどです。
  • 大豆食品
    ・納豆、豆乳、豆腐、味噌、おから、もやし、湯葉などです
    また大豆食品と紅茶を組み合わせることでテストステロンを減らすことなくジヒドロテストステロンを抑制することができるのでお勧めです。
  • サプリメント
    サプリメントの種類も豊富に存在していますが、闇雲に何でも良いというわけではありません。アミノ酸や亜鉛、ミネラルが豊富なマルチビタミン、マルチミネラル系が最適だと思います。
  • ノコギリヤシ
    ノコギリヤシは主に、男性器に関しての作用をもたらすものですが、ジヒドロテストステロンを抑制する効果もあります。やはり5αリダクターゼを抑制する効果があります。
  • オメガ3脂肪酸
    オメガ3脂肪酸とは青魚や魚油に含まれているDHAやEPA、亜麻仁等の植物油に含まれているα-リノレン酸等の総称で、生活習慣の予防や脳の活性化、エイジングケアなど、幅広い健康効果が期待されている栄養素です。
  • ビタミンA、C、E
    ビタミンAは、レバーやウナギ、バター、チーズ、卵、緑黄色野菜などに豊富に含まれている栄養素です。体内ではレチノイン酸、レチナール、レチノールの3種類の型で作用しています。皮膚や粘膜を正常に保ったり、視覚の作用にも大きく関わっています。
    ビタミンCは抗酸化作用に優れ、体内が活性酸素によって酸化するのを抑制する働きがあります。また、コラーゲンの合成や鉄の吸収促進、風の予防、疲労物質の素早い除去といった働きがあると言われています。
    ビタミンEはコーンや大豆などの植物油を始め、小麦胚芽や種実類などに豊富に含まれています。人体で不足してしまうと、筋肉や神経の障害がおこることがあるようです。

良質なタンパク質の摂取

男性にとって男性ホルモンは、より男性らしくあるため、その筋肉や骨格を維持するために必要で欠かせないものであります。個人差や個体差、体格、性分といったものもホルモン分泌に変化をもたらすかもしれません。

体を構成し、なくてはならないものであるならば、上手に適時に働いてくれるよう生活習慣と環境を整えていきたいものです。髪の毛は、18種類ものアミノ酸が結合して構成する【ケラチン】というもので作られています。アミノ酸は、私達の人体、皮膚や筋肉、内臓といったものの元になるものです。

アミノ酸はタンパク質ですので、タンパク質の摂取の仕方がジヒドロテストステロンの増減に大きく関わってきます。良質なタンパクを摂取することが、即、ジヒドロテストステロンの抑制に繋がり、頭皮環境の改善につながります。

では良質なタンパク質とはどのようなものになるのでしょうか?タンパク質は、肉類、魚介類、大豆製品、卵などに比較的多いことは世間一般では良く知られていることです。しかし、実はタンパク質の構造上、体内で合成されやすいものと、そうではないものがあります。

良質なタンパク質は体を作っているアミノ酸と構造が近く、体内で効率良く合成することができます。そうではないタンパク質は構造が大きく違い、合成に時間がかかってしまいます。良質のタンパク質かどうかを見分けるには、必須アミノ酸の量を元に計算された【アミノ酸スコア】というものがあります。

必須アミノ酸とは体内で合成されないので、食品からとる必要があるアミノ酸のことです。このアミノ酸スコアが100に近いほど良質なタンパク質とされています。アミノ酸スコアが満点なのが、卵、牛乳、大豆、豆乳、納豆、サケ、イワシ、シジミ、牛サーロイン、豚ロース、鶏ムネ肉、かまぼこ、ロースハムなどになります。

タンパク質食品

主食と言われている食品ばかりですので、ごく標準的な食事を心掛けていればなかなかタンパク質不足とはならないようなので安心です。他にもウナギやチーズなどアミノ酸スコアが高めの食品も豊富にありますので、うまく活用していきたいものです。

またアミノ酸が重要だからといって、その食品ばかりを摂取していると、またバランスが悪くなってしまいます。トータル的に栄養配分を考え生活習慣を考えていきましょう。

男性ホルモンを大敵だからといって極端に忌みしてしまう方向に持っていってしまうと、逆に体調をくずしてしまうなんてことにもなりかねません、自分の体と真摯に向き合い、心と体の声を聞きながら、無理なくAGA対策に励んでいきたいものです。

生活習慣の改善

以上のほかでは、生活習慣にも注意が必要です。何気ない生活が、ジヒドロテストステロンの増加を招いている可能性もあります。気になる方は、以下の生活習慣に気をつけましょう。

睡眠

最初に取り組みたいのが、質の高い睡眠の確保です。先ほど説明した通り、テストステロンの減少はジヒドロテストステロンの増加を招きます。睡眠不足はテストステロンの減少を招くので、ジヒドロテストステロンの増加を招く可能性があります。また、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンも、主に睡眠中に分泌されます。育毛に質の高い睡眠は欠かせないといえるでしょう。睡眠の質は次のポイントなどに気を付けることで高められます。

  • 就寝時間と起床時間を統一する
  • 目覚めたら朝日をしっかり浴びる
  • 日中は活動的に過ごす
  • 夕食は早めに済ませる
  • お風呂の温度はぬるま湯程度を心がける
  • 入浴は就寝の2~3時間前に済ませる
  • 夕方以降は明かりを落とした部屋で過ごす
  • 就寝前にスマホやパソコン・テレビなどの画面を見ない

これらに気を付けた生活を送ることで、質の高い睡眠をとれるはずです。

運動

同じく有効と考えられているのが運動です。運動で汗をかくことによりジヒドロテストステロンの排出を促せるからです。また、運動にはテストステロンの増加を促す働きもあります。ジヒドロテストステロンを抑える有効な対策といえるでしょう。運動内容に特別な決まりはないので、ストレッチや筋力トレーニング、ウォーキング、ジョギングなどを体力にあわせて行ってみてはいかがでしょうか。

ストレス対策

ストレス対策もジヒドロテストステロンの抑制に役立つ可能性があります。亜鉛の消費を抑えられるからです。

ストレスを感じると、私たちの身体の中で活性酸素が発生します。適度な活性酸素は健康維持に役立ちますが、量が多すぎると細胞を老化させるなど健康に悪影響を与えます。活性酸素を分解するために、亜鉛を消費して作られるのがメタロチオネインという抗酸化物質です。

亜鉛には、ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼを抑制する働きがあるといわれています。ストレス対策により亜鉛の消費を抑えれば、ジヒドロテストステロンの生成を抑えられるかもしれません。よって、ストレス対策もジヒドロテストステロンを抑制するために有効と考えられます。

ストレスが溜まりがちな方は、1日の中にリラックスできる時間をつくる、趣味の時間をつくる、運動に取り組むなどを心がけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • ジヒドロテストロンはテストステロンが、変化した男性ホルモンの一種。薄毛に悪影響を与える。
  • ジヒドロテストステロンの抑制は、テストステロンと5αリダクターゼが結合するのを防ぐことが重要。
  • 特に良質なタンパク質の摂取がジヒドロテストステロンの増減に大きく関わる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です