抜け毛を招くNGなダイエット|正しいダイエットとの違いを解説

綺麗のために欠かせないダイエット、特に女性の方は1度は挑戦している方が多いのではないかと思います。

しかしそのダイエット、身体に負担をかける方法ですると抜け毛の要因となる可能性があるのを知っていますか?

せっかくきれいなボディラインを手に入れても薄毛になってしまったら台無しですよね。

そうならないためにもしっかりと正しいダイエット法を知っておきましょう。

ダイエットによる抜け毛の原因

実は抜け毛とダイエットに関係性があると知っている人はいますか?

ダイエットの方法によっては抜け毛を増やす、酷くなる可能性があると最近の調査で分かっています。しかもそういったダイエットは若い人に多く見られ、特に若ハゲの原因としてダイエットは注目されています。

今回はダイエットが抜け毛の原因となる理由と、どんなダイエットがいけないのか、その対策方法までご紹介します。

まずダイエットが抜け毛の原因になる理由からご説明します。いくつか理由はありますが、1番影響があるのは栄養失調です。髪の毛も細胞の1種ですから、活動をしていく上で栄養を必要としています。髪の毛を生成する栄養素としてはタンパク質や亜鉛などが挙げられますが、ダイエットで食事制限をしてこれらの栄養素を摂らなくなると、当然ですが髪の毛は活動を維持できなくなり抜け毛となって抜け落ちていきます。

抜け毛 ダイエット

また抜け毛と聞くと原因としてストレスを思い浮かべませんか。ストレスが溜まると自律神経が乱れて、血行不良を引き起こします。髪の毛にも栄養が必要という話をしましたが、これを送り届けているのは血液なので、血行不良は抜け毛ぬ繋がっていきます。好きな物を我慢する、辛い思いをしながら運動する、なのに思うように体重が減らないなどなど、ダイエット中はストレスが溜まる原因が多いですよね。これもダイエットが抜け毛に繋がる理由の1つです。

もう1つはホルモンバランスの乱れです。髪の毛の健康には実は女性ホルモンがかなり重要な役割を担っています。エストロゲンという女性ホルモンが髪の毛の発毛を促し、成長を補助する役割を持っています。無理なダイエットをして痩せすぎるとこの女性ホルモンの機能が低下すると言われています。抜け毛に繋がることもありますが、それ以外にも髪が細くなったりハリやコシがなくなるなど髪の毛に与える影響は大きいです。女性ホルモンは男性にも備わっているので、男女関係なくホルモンバランスは髪の健康に重要になってきます。

ダイエットが抜け毛の原因になるというのは十分分かってもらえたと思いますので、それでは次はどんなダイエットが抜け毛に繋がりやすいかご紹介します。

こんなダイエットをしている人は要注意

ダイエットが抜け毛の原因になる理由をご紹介しました。原因が分かったのでどんなダイエットが悪いのかというのもある程度は想像が付くと思いますが、ここで詳しくご紹介します。もしもダイエット中の方がいましたら、1度ここにあるダイエット法と照らし合わせてみてください。1つでも当てはまると危険信号ですよ。

まず1つ目はある特定の食べ物しか食べなくなるダイエットです。ダイエット方法として結構聞くことが多いダイエット法ですよね。有名なところで言えばリンゴやバナナなどの果物、ゆで卵やもやしのみを食べるダイエット法です。これらは当然ですが抜け毛の観点から言えばアウトです。髪の毛に必要な栄養が取れていないので、間違いなく栄養不足に陥ります。髪の毛にはライフサイクルがある関係で、抜け毛になるのはその原因となる行動をしてから3ヶ月先だったりします。今は大丈夫でも将来的に抜け毛が増える可能性が高くなるので、すぐに改善するようにしましょう。

抜け毛 ダイエット

2つ目はカロリー計算のみを行っているダイエットです。ダイエットの基本は摂取カロリーより消費カロリーの方が多くなるように活動する事です。そのため1食1食のカロリーをできる限り減らしてダイエットしている人も多いでしょう。体重を減らすという観点から言えばこれで良いのですが、こちらも髪の毛の健康的にはアウトです。カロリーを減らすということは結果的に栄養も減らすことになります。栄養が不足すると体内で使う場所を限定するようになります。生命を維持するために必要な部分だけに栄養を使うようになるので、髪の毛などの生命活動に直接関係ない部分には栄養が行き渡らなくなります。栄養不足は抜け毛を進行させることになるのを覚えておきましょう。

3つ目は利尿剤ダイエットです。このダイエットをしている人は少ないでしょうし、そもそも知らないという人もいるかもしれませんが、危険度で言えば1番なのでここで紹介しておきます。こちらは文字通り尿を意図的にたくさん出して体重を減らすダイエット法ですが、当然ながら水分不足に陥ります。髪も頭皮も間奏状態になるばかりか、亜鉛などのミネラルも体外へ排出されてしまいます。髪の毛の生成に必要な栄養素の1つなので抜け毛や薄毛に繋がります。利尿剤に限らず何らかの薬を用いてダイエットするのは危険な可能性があると覚えておいてください。

ダイエットで抜け毛にならないための対策方法

当然ですが、抜け毛にならないためのダイエット方法は存在します。そうでなければダイエットをしている人は皆抜け毛や薄毛に悩まされているはずですが、そんなことはないですよね。きちんとした方法でダイエットしているから、体も髪も綺麗なモデルさんがいるわけです。ではどのようにすれば抜け毛を避けつつダイエットできるかご説明します。

まずは運動を主軸にダイエットする事です。食事制限ダイエットなら時間もかからず簡単にできるのでこちらのダイエット法を選んでしまいがちですが、原因や特徴のところでお話ししたように栄養が不足して抜け毛になります。ダイエットをこれからするというのであれば、必ずどこかに運動する時間を取るようにしましょう。運動なんて面倒だ思うかもしれませんが、実はこれは抜け毛対策としてはかなり有効です。というのも運動することで代謝が良くなると血行の改善にも役立ちます。髪の毛に栄養を送っているのは血液という話をしましたよね。食事制限をしなくていい上に血行まで良くなるので、抜け毛対策のダイエット法としては運動をしっかり行うというのがベストです。

抜け毛 ダイエット

さて運動をメインにダイエットをしても、食事中に髪の毛の成長に必要な栄養が不足していては意味がありません

まず取るべき栄養素の1つはタンパク質です。カロリーを気にしている人は肉類や魚類を食べないようにしている人も多いでしょうけど、彼らが持つタンパク質こそ髪の毛には必須です。鶏のささ身や胸肉は低カロリーですし、魚は肉に比べてカロリーが低いので摂取するようにしましょう。そもそも肉があまり好きじゃないという人は大豆食品を食べましょう。お勧めは1パックで1日の摂取量を補ってくれる納豆です。タンパク質以外にもイソフラボンが女性ホルモンに似た働きを持っているので、髪の毛の健康にはこれ以上ないくらい優秀な食べ物です。

2つ目は亜鉛です。髪の毛にはタンパク質が必須と話しましたが、実は亜鉛も必須です。というのもタンパク質を元にケラチンという成分を作っていて、これが髪の毛の元になります。ケラチンという成分を作るために使うのがこの亜鉛になります。こちらは主にウナギや牡蠣に含まれていますが、日常的にこれらを食べる機会は少ないでしょう。一般の人でも不足しやすい栄養素と言われていますので、サプリを利用するのが1番手っ取り早い対策です。

ダイエットに運動を取り入れる食事の栄養バランスを考える、この2点が抜け毛にならないようにするための注意点です。ダイエットはやり方がいくつもありますが、簡単だからと言う理由で食事制限をしないようにしましょう。若い時ほど無理なダイエットをする人が多いですが、若ハゲとなってからでは遅いので、健康的なダイエットをするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です