30代女性が注意したい薄毛の特徴と原因を解説!もちろん対策も紹介

女性で薄毛が気になりだす年齢といえば、更年期を迎える40代後半辺りから、というイメージが強いものです。
それでいて、老化現象だからしょうがないと、30代のあなたはそれを見過ごしてはいませんか。

まだ若いから薄毛とは無関係と思っていては危険です。
現代人ならではの生活習慣の、ちょっとした落とし穴に潜むことが原因で、誰にでも薄毛になってしまう可能性はあるのです。
薄毛にならないようにしっかりとした知識を蓄え、普段から自分で対策をとっておきましょう。

30代女性の薄毛の特徴は?

30代 女性 薄毛
30代という若さで起こってしまう薄毛や抜け毛のことを「若年性脱毛症」と言います。
これは、俗にいう老化現象とは異なり、若い男性が薄毛になるのと同じようなメカニズムで起こるものです。
そのため、男性型脱毛症(AGA)に対し、女性型脱毛症(FAGA)と呼ばれることもあります。

男性型脱毛症は、男性ホルモンが毛乳頭に入り込み、変化することによって毛母細胞の細胞分裂を不活発にします。それが、髪の毛の成長を阻害し、薄毛を引き起こすことになります。
実は、この男性ホルモンが女性の体にも存在しており、女性型脱毛症を発症した場合には同じような働きをするのです。
正常であれば、女性ホルモンが優位で、そのような働きを抑制するものの、何かしらの異常で女性ホルモンの分泌が抑えられた場合に男性ホルモンが優位に立つ、という逆転現象が起こります。

また、女性ホルモンは、逆に髪の毛を育てる働きがあるので、分泌が減った場合にはヘアサイクルが乱れます
すると、抜け毛が増えたり、髪が痩せ細ったり、健康で新しい髪の毛に生え変わらなくなったりしてしまうのです
このようなメカニズムが、若い女性の薄毛を引き起こすのです。

ただ、その原因と特徴には違いがあります。

男性の薄毛は頭頂部やM字型の額など、局所的に薄毛になり、頭皮がむき出しになるのが特徴です。
その原因は男性ホルモンの分泌異常や遺伝的な要因が多いと言われています。
これに対し、女性の薄毛の場合は、完全に禿げあがることはありません
また、男性の薄毛は放っておくと進行するのに対し、女性の場合はそういった現象は起こりません。それは、女性ホルモンの分泌が少なからず起こっているからです。

女性型脱毛症の特徴としては、髪の毛がヒョロヒョロと細くなり、全体的にボリュームが減ってきます
また、髪の分け目から薄毛が目立ってきたり、地肌が透けて見えてきたり、と見た目に老けたような印象になります。
それが30代で起こるのであれば、相当ショックですよね。しかし、実際にそういった女性が増えてきているのです。
最近髪にハリやコシがなくなってきた、白髪が生えてきた、などと感じたら、それは薄毛になり始めのサインかもしれません。ハッキリとした症状が現れる前に、早い段階で自分なりのケアをしておきましょう。
そのためには、まず原因を知ることが必要です。

薄毛の鍵を握る女性ホルモン!ポイント4つ(関連記事)

30代女性の薄毛の原因

30代女性の薄毛の原因は、男性型脱毛症や更年期の女性が薄毛になる原因と全く同じではありません。また、老化でもないので、自分でその進行を止めることが可能です。
それでは、一体何が大きな要因になっているのか見ていきましょう。

無理なダイエット

30代 女性 薄毛
30代といえば、母親になってもまだまだ若く美しく見られたいと外見を磨く年齢でもあります。確かにスリムな体は魅力的ですが、そのダイエットの仕方が極端な食事制限であれば見直す必要があります。
人間が若々しく、健康に生きるために必要な最低限の食事をしていなければ、脳や体の隅々にまで栄養が行き渡らなくなります。
するとホルモンバランスが崩れ、ヘアサイクルも乱れてしまうのです。また、ストレスで自律神経をも崩してしまうと、血流が悪くなることで頭皮や髪に栄養が届かなくなり、抜け毛や薄毛を引き起こします。

行き過ぎたヘアカラーやパーマ

30代 女性 薄毛
ヘアカラーやパーマは少なからず、毛根頭皮に刺激を与えます。それが頻繁になってくると明らかにストレスになり、ヘアサイクルを乱します。
そしてそのダメージによって健康な髪の毛も育たなくなるので、ヘアカラーやパーマをする場合は、髪の毛がきちんと休める期間を設けなくてはなりません

「誤ったヘアケア」も頭皮や毛根を傷つけることに繋がります。
洗浄能力の高いシャンプーなどを1日に何回も使っていれば、頭皮に必要な脂分まで洗い落としてしまい、傷がつきやすくなったり、炎症が起きたりします。
また、乾燥を放っておくと逆に脂分が異常に分泌するようになり、いずれにしても髪の毛が生える環境を悪化させてしまいます。

女性ホルモンの減少

30代 女性 薄毛
そして「女性ホルモンの減少」は30代という、出産する女性が多い年齢ならではのものです。
髪の毛の成長を促す働きもする女性ホルモンが、産後にその分泌をピタッと止めると、反動で抜け毛が目立つようになります。しかし、これは1年程度経てば収まります。

遺伝

もし家族に薄毛の人がいれば、未然に対策をとっておくことも可能です。

こんな30代女性は薄毛に注意!

30代 女性 薄毛
先述したように薄毛の原因を作る人、そのようなタイプの女性は注意しなければなりません。

まず「生活習慣が乱れている」女性です。過激なダイエット、飲酒や喫煙、睡眠不足などの不規則な生活は健康を害します。それはもちろん、頭皮にも悪影響となり、薄毛を引き起こします。

次に、頻繁にシャンプーを行う等「誤ったヘアケアを続けている」人も、そのやり方を見直さなければなりません。また、ヘアカラーやパーマを常にあてている人も、その間隔を調整しなければ頭皮や髪の毛が傷む一方です。
髪の毛を清潔に保ち、美しく見せたい、という思いが強ければ強いほど、過度な行動に出やすいので、時には自分を振り返ることが必要です。

何かとストレスにさらされやすい時代ですが、自分の生活習慣が引き金となって余計にストレスを溜め込んでしまうような人が増えています。
乱れた生活は体も心も不健康にするうえに、やがて薄毛となって表面に現れてきます。そうならないためにも、自分にもこのような薄毛のリスクがあるのであれば、早めに見直すことが大切です。

30代女性の薄毛に効く対策方法

30代 女性 薄毛
薄毛の原因を把握し、間違いのない対策をとれば、女性の薄毛は改善させることができます。
それは、その原因のほとんどが生活習慣の乱れによるものであるからです。

まずは「生活習慣の改善」に取り組みましょう。質の良い睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動で体調を整え、血行を悪くする飲酒や喫煙を控えることで、健康的な生活に一歩近づけるのです。

また「正しいシャンプーをする」「ヘアカラーやパーマをしすぎない」ことも効果的です。髪にできるだけ負担をかけないように、清潔かつ美しい髪の毛を保つようにしたいものです。
そして「ストレスを溜めない」ことで、健康な髪の毛が育つ環境を整えることができます。
もしくは、「育毛剤を活用する」ことも一つの手です。

上記のような対策をしたうえで、まだなお補うことが必要であれば、頭皮の血行促進や保湿成分が配合された育毛剤が強い味方になります。

このように30代女性の薄毛には、自分の意識次第でいくらでも改善できるものが多いのです。

女性の抜け毛予防に大事なことって?日常で気をつけること(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です