女性の円形脱毛症の種類・原因・治療法などを解説

女性は男性に比べてストレスを受けやすい場面が多いですよね。

そういった理由で女性は円形脱毛症になりやすいのです。

今回は円形脱毛症ができる原因とその予防法をご紹介します。

女性の円形脱毛症とは?

脱毛症の一つの円形脱毛症は男女ともに多い病気の一つ。女性にとってはとても恥ずかしい円形脱毛症。「10円ハゲ」と呼ばれることもありますが硬貨ぐらいのサイズ、で丸く髪が抜けてしまう症状が特徴です。

円形脱毛症になる年齢層は幅広く、性別も問わず多くの方がこの病気で悩んでいますが、特に女性のほうがなりやすいとも言われています。

最も多い原因がストレス円形の脱毛部分は頭頂部のあらゆるところにできる可能性がある為、人それぞれ円形の大きさや位置なども異なります。小さいサイズの場合は本人が気が付かずに過ごしてしまうケースもある為、ある日突然円形の脱毛を見つけてショックを受ける方が多いですね。

平均的な脱毛箇所の大きさは、10円玉程度のサイズが多く、このサイズが最も発見されやすいとも言われています。

円形脱毛症で抜けてしまう毛髪の共通点は、先端がとがっているモノや、産毛、短い毛髪などがあり、寿命で抜ける毛髪でなく途中で成長が止まったものが多いのです。

毛母細胞に何かしらの原因があり途中で抜けてしまう為、抜ける毛髪を見ると特徴があることが分かります。円形脱毛症はストレスによりホルモン分泌が不安定になることなどが原因と言われていますが、頭皮の丸い脱毛箇所を早く発見しないと、根本的な原因の解明も遅れてしまいますよね。

頭皮の環境は顔のようにこまめにチェックすることがありませんので、なるべく習慣的に頭皮の健康チェックをしましょう。

女性の円形脱毛症の種類

女性の円形脱毛症には種類がいくつかあり、一般的に知られている10円ハゲと呼ばれる単発型の脱毛以外にも多発性の円形脱毛症もあります。

女性 円形脱毛症

まず1番多い単発型の円形脱毛症ですが、この症状は10円玉硬貨の大きさの脱毛があり、なかにはサイズが大きく500円玉程度の大きさで脱毛が進む場合もあります。

それに対して多発型の円形脱毛症は、脱毛箇所が1つだけでなく、頭部にいくつも脱毛箇所ができてしまうもの。また多発型の円形脱毛症は、単発型と比べると再発しやすい特徴があります。

さらにこの二つ以外にも全頭型と呼ばれる円形脱毛症があるのですが、これは多発型の円形脱毛症がさらに悪化した状態のもの。頭部全体の髪がぬけてしまい、ほとんど髪がなくなってしまう場合もあります。

この全頭型になると精神的なストレスも増えてしまう為、なかなか脱毛改善ができない悪循環も増えてしまいますよね。女性にとっては髪はオシャレの一部でもあり、健康で美しい髪を維持したいのは誰でも同じこと。

円形脱毛症が治るまでには時間もかかる為、効果的な改善方法で頭皮ケアをすることが必要になります。

円形脱毛症になった時は、まずどのタイプになるのか判断することが大切。不安なときは医療機関で相談をし、最適な治療方法を見つけることをおすすめします。

女性の場合は髪が長いので、円形脱毛症になっても気が付かない場合もありますので、日頃から頭皮チェックは欠かさず行いたいですね。

女性の円形脱毛症の原因は?

女性の円形脱毛症の気になる原因ですが、まずはじめに挙げられるのがストレス。ストレスが直接的に与える頭皮ヘのダメージに加えて、本来の体質もさらに脱毛を進める原因になります。

まずはアトピー体質の方。アトピーは皮膚に湿疹ができてかゆみを伴うとても辛い症状。肌が赤くなりかゆみを我慢するのが大変ですよね。円形脱毛症の方に共通するのがアトピー患者で、約40%もの方がアトピーであり、ストレスにより症状が悪化してしまうことが原因といわれています。

また自己免疫疾患も原因。自己免疫は自分の体を攻撃する働きがあり、毛根を的として働いてしまうことが原因。免疫はそもそも外部の敵から自分の身を守る働きがありますが、自己免疫は何かしらの原因により逆に体の働きを抑制してしまうものです。自己免疫疾患の場合は、爪に異常がでるという特徴がありますので、脱毛と同時に爪の異常がある場合は自己免疫疾患の疑いがありますね。

さらに脱毛症は家族の遺伝も関係しています。両親が円形脱毛症だった場合は、遺伝の率も高いのでできるだけ予防対策をとることも必要になります。さらに女性はホルモンバランスが崩れることで抜け毛の原因にもなる為、出産した後に円形脱毛症を発症する方も少なくはありません。

育児のストレスや授乳による栄養バランスの偏り、またホルモンバランスが崩れてしまうなど、女性のライフステージでは脱毛のリスクが高くなる時期があるのです。

 

円形脱毛症の原因を詳しく知りたい方はこちらもご確認ください。

薄毛の鍵を握る女性ホルモン!ポイント4つ(関連記事)

女性の抜け毛予防に大事なことって?日常で気をつけること(関連記事)

こんな人は要注意!

円形脱毛症は誰にでも起こる可能性はありますが、特に注意したい人の特徴をご説明しましょう。円形脱毛はアトピーの方がなりやすいのですが、さらにアレルギー体質や喘息の方も注意しましょう。

アレルギー体質の方はアレルゲンとなる物質がありますが、それが体に入った時に脱毛症状となって現れてしまうことがあります。稀ではありますが、子供の頃に歯の治療で金属アレルギーになったことが原因で円形脱毛症になったというケースもあるようです。

またピルを服用している女性にも円形脱毛症が多く見られるケースがあります。すべての方に共通するわけではありませんが、ピルを服用している女性のほうが薄毛になりやすいといわれています。それはピルがホルモンの働きをコントロールするため不安定になってしまうことが頭皮にも影響しているようですね。

ピルは避妊目的だけでなく、婦人系の病気治療としても使用されています、低用量ピルが主流になっていますが、それでも薬には必ず副作用がつきものです。

脱毛の不安がある場合や、ピルを服用して抜け毛が増えた時は必ず医師と相談をしましょう。そしてストレスも抜け毛には影響しています。女性は仕事や家庭の両立など大変ストレスの多い生活を送る方が近年増えていますよね。

完璧主義の方は特にストレスを感じやすく、円形脱毛症にもなりやすいといわれています。また免疫疾患などの持病もストレスにより悪化してしまいますので注意が必要です。

円形脱毛症の治療方法は?

円形脱毛症になってしまったらどうやって治療したらよいのでしょうか。まず最初に自分でできることはストレスをなくすこと。しかしストレスが全くない生活というのはあり得ませんよね。大切なのはストレスとどう向き合って生活するという点。リラックスできる時間を持ち、気分転換するコツを習得することが必要なのです。

そこでおすすめは質の良い睡眠をとること。ストレスは睡眠障害の原因にもなりますが、疲労がたまり心身ともにさらに悪循環となってしまいます。寝る前のアロマセラピーやストレッチ、快眠できる寝具を使うなど工夫をしてみましょう。

女性 円形脱毛症

またストレスは一人で抱え込んでしまうとさらに精神的な負担となってしまいます。家族や友達と相談をして気晴らしをすることも大切ですよ。

そしてアレルギー体質の方は抗アレルギー剤を服用したり、アレルゲンの除去をして脱毛治療を行いましょう。

アトピー性の皮膚炎や鼻炎、気管支炎の持病がある方はまず病気の治療に専念することが必要です。抗ヒスタミン剤を服用して円形脱毛症が治ったというケースもありますので、体質改善と病気治療を同時に行い円形脱毛症の対処を行うと良いでしょう。

このように考えられる原因を改善しても円形脱毛症が治らない場合は専門の医療機関で治療を受けることをオススメします。

脱毛症の治療は有効成分を頭皮に塗布して治療したり、ホルモンの働きを安定させる内服薬など有効的な方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です