女性の薄毛の特徴|男性とは異なる症状・原因・治療法などを解説

男性にとっても女性にとっても抜け毛は見過ごせない悩みですよね。

しかし男性の脱毛症であるAGAとは違い、女性の薄毛は髪が抜け落ちてしまうことはありません。

しっかりと特徴を把握して改善していけば以前の元気な髪を取り戻せるんです!

男性と女性の薄毛の違い

薄毛と聞くとまず思いつくのが男性ですが、女性にも薄毛の方は多くとても深刻な悩みを抱えているのは男女ともに多いですよね。しかし薄毛といっても男女ともに同じ原因があるのではありません

そこで男女の薄毛の違いについてご説明したいと思います。

薄毛のイメージは男性の場合は「ハゲ」てしまうのに対して、女性の場合は髪全体のボリュームが減るという印象を受けます。

その違いは薄毛の進行の仕方が違う為。女性の薄毛の特徴は全体的に減るもので、「びまん性脱毛症」とも呼ばれています。びまんというとは範囲が広く広がる意味があり、脱毛が部分的ではなく全体的に広範囲で進むもの。特につむじが目立ったり、分け目が気になるような脱毛が女性の薄毛の特徴といわれています。

女性 薄毛 特徴

なんとなく髪型が整わない。いつも分け目が同じになってしまう。このようなトラブルは薄毛が進行しているサインです。

これに対して男性の薄毛の特徴は額や頭頂部分から始まること。額のこめかみが広くなり、徐々に頭皮まで広がる男性の薄毛。頭頂部から始まるO型の脱毛症や、剃り込みをいれたようなM字型の脱毛症、またこの二つが一緒になった複合型があります。

抜け毛を見るとその特徴がわかりますが、短い毛や産毛などの発育途中の毛髪が多いことが特徴。頭皮がつるつるになってしまうほど進行してしまうケースも少なくありません。

男性に多いのがAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、20代から50代の広い年齢層でとても多い脱毛の病気です。進行性の為、早く対処をとらないとどんどん症状が進行する特徴がありますので、遺伝が不安な方は早めに予防対策をとることも必要ですね。

このように男女とも薄毛にはなりますが、症状や進行の具合も異なりますので、それぞれに合った治療方法が必要になります。

男性ホルモンが薄毛を促進する?

薄毛の原因として忘れてはいけないのがホルモンの働き

男性型脱毛症の場合は男性ホルモンの分泌量が影響しているといわれていますが、薄毛を進行させるのが男性ホルモンのテストステロン。このホルモンは酵素の5a-リラクターゼと結びつき、毛母細胞を攻撃するジヒドロテストステロンに変化することが原因と言われています。

そのため男性ホルモンが薄毛を進行させる原因になる為、治療ではホルモンのバランスを安定させる内服薬や外用薬なども使用されています。

それに対して女性の薄毛の特徴ですが、ホルモンの分泌が減少することが薄毛が進行する原因になっています。

加齢により女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、更年期障害などの症状にもつながり、抜け毛が増えて髪全体のボリュームが減ってしまうのです。女性の薄毛の特徴は毛穴から発毛する本数が3本から2本、または1本に減り全体的な量が少なることが特徴。

女性の体にも男性ホルモンがありますが、女性の場合は男性ホルモンよりも女性ホルモンのほうが優位になっているため、男性の薄毛原因とは若干異なります。

男性の薄毛原因になるジヒドロテストステロンの量も少ない為、男性のような薄毛にはならないのです。男女ともにホルモンの働きは健康を司る大切なもの。

生活習慣や食生活、そしてストレスなどによりホルモンのバランスは大変崩しやすく、ホルモンの分泌異常が始まると抜け毛のような症状として体に現れてきます。

髪は健康な人でも1日70本から100本ほど抜けるといわれていますが、普段以上に抜け毛の数が増えてきた時は要注意。ホルモンバランスも意識しながら頭皮ケアをするとよいでしょう。

深刻な薄毛の場合は医療機関で治療を受けて治すことも可能なため、早期対処するように心がけると安心ですね。

女性の男性化による薄毛の進行を阻止(関連記事)

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因はホルモンの分泌が大きく関係しています。近年環境ホルモンや排気ガス、また化学物質や環境汚染物質によりホルモンの働きが乱れやすいといわれています。女性の男性化も問題になっている為、薄毛の原因も幅広く複雑化しています。

このような環境の変化は女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを崩し、今まではあまり考えられなかった男性ホルモンの分泌により女性の薄毛が進行するケースも増えているのです。

また女性の薄毛の原因になるのはストレス。精神的な負担を抱えているとリンパ球が毛母細胞を攻撃して薄毛を進行させてしまいます。またストレスは首の後ろの筋肉が緊張するため、血行不良となり頭皮に必要な栄養分が十分に届かなくなる原因でもあるのです。栄養不足になると毛髪は成長を止めて、抜けて落ちてしまいます

さらに女性の薄毛の原因になるのが睡眠不足。睡眠中はホルモンの活動が活発になり、肌の新陳代謝も活性化される時。しかし深夜まで起きているような生活習慣が続くとホルモンが不安定になるため薄毛が促進されてしまいます。

女性 薄毛 特徴

また女性はダイエットでいきなり食事制限をすることもありますよね。体全体の栄養不足は毛髪にもダメージとなります。食べ物から得た栄養分は臓器など生きていく上で必要なものから吸収する仕組みになっているため、最後に残る栄養分が毛髪にまわります。

しかし栄養分が不足していると髪に届く栄養が足りない為、薄毛の原因になってしまうのです。ダイエットをするときはまずは体に無理をしないように、栄養補給はしっかり行いましょう。

そして薄毛の原因として注意したいのがヘアケア商品。洗浄力の強いシャンプーや香料などの添加物が使用されたものは頭皮の乾燥を招き、皮脂が過剰に分泌する原因になります。

またドライヤーの使い過ぎ、パーマやカラーリングなども頭皮にダメージを与える為薄毛の進行原因になってしまいます。

女性の抜け毛予防に大事なことって?日常で気をつけること(関連記事)

女性の薄毛の治療方法

女性の薄毛の治療方法は、男性の薄毛と異なり病気としてとらえるよりも、生活改善が主な治療方法として有効的です。男性型脱毛症の場合は、プロペシアと呼ばれる内服薬やミノキシジルという成分を頭皮に塗布する治療方法がありますが、これらな男性の薄毛に効果がある方法で、女性には効き目がないといわれています。

プロペシアは特に妊婦さんが使用すると胎児に影響がでる場合もありますので十分に取り扱いには注意しないといけません。女性の薄毛を治療するためにはまず規則正しい生活習慣を作ることがポイント

ストレスと上手に向き合いながらリラックスできる時間を持つこと。そして栄養バランスの整った食生活も薄毛を食い止める大切なポイントです。

特に女性の場合はホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆のイソフラボンがおすすめ。納豆や豆腐、豆乳などは女性の発毛を促進する働きがあるといわれていますので、積極的に摂取すると良いでしょう。

食生活が不規則な方にはサプリメントも効果的ですね。不足する栄養分をサプリを補いながら頭皮ケアを行いましょう。

女性 薄毛 特徴

髪は女性の命。おしゃれの一部である為、カラーリングやパーマなども定期的に行う方が多いですよね。しかしこれらのダメージは頭皮に与える負担が多く、抜け毛を悪化させる原因になっています。

白髪染めなどはできるだけ間隔をあけて行うと良いでしょう。そしてシャンプーも低刺激タイプを使い、頭皮をマッサージしながら丁寧に洗うと血行改善にもメリットになりますよ。

女性専用の育毛剤も最近では大変話題になっています。薄毛の治療は毛周期に合わせて時間がかかりますが、毎日コツコツと努力することが一番効果的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です