フライング気味がベスト?女性の育毛ケア

つやつや輝くたっぷりの美しい髪は女性を若々しく、そして、健康そうに見せてくれます。

ところが、最近は髪が薄くなって悩んでいる若い女性が増えているようです。

5年後、美しい髪でいられるように、薄毛の原因と育毛についてご説明します。

女性に多い、女性型脱毛症とは

脱毛症と言いますと、中年以降の男性がなやむものだと思っている方が多いのではないでしょうか。

ところが、最近は女性でも脱毛症に悩んでいる人が増えていました。これを女性型脱毛症といい、思いのほか若い女性でも悩んでいる人が増えました。

若年性脱毛症 女性

この女性型脱毛症の特徴は以下の通りです。

髪のボリュームが全体的に少なくなった感じに見える

全体的にボリュームダウンするので、初期のうちに自分では気がつかない方も多いです。写真を撮った時に、何となく髪の量が少なくなったような気がして気が付く方も多いようです。

髪が細く痩せた感じになる

自分で髪をセットしている時に、何となく触った感じペタっとした感じ、薄くなった感じがして気が付くかもしれません。束ねたり、アップにしたりできる長さの方のほうが、量が少なくなった感じがして、気が付くようです。

髪の色があせた感じになる

髪に栄養が行き渡っていないので、髪に艶がなくなり髪が色あせた感じになってしまいます。こうなってしまうと、髪のダメージも気になりますね。

分け目から頭皮が目立つようになる

自分で女性型脱毛症に気付くのは、この分け目からの頭皮の見え方で、症状からが多いのではないでしょうか。鏡を見ながらヘアスタイルを整えている時に、額の生え際と、分け目の部分の頭皮が随分はっきり見えるようになったことに気がついてしまう多いようです。

明るい所ですと、かなり頭皮がはっきり見えていたりして、ショックを受けるかもしれませんね。それで、よく見てみたら、分け目がずいぶんはっきりと見えるようになって、髪が薄くなったことを確信することになるパターンが多いでしょう。

以上の4点が女性型脱毛症の特徴です。

女性型脱毛症の原因

では、醸成型脱毛症の原因について、お話ししていきます。思い当たることはないでしょうか?

ストレス

ストレスは私達の体のあらゆるところに不調をもたらします。ストレスが原因で胃の調子が悪くなる方がいれば、眠れなくなる方もいます。食欲がなくなる方がいれば、逆に食欲が増進する方もいます。女性型脱毛症の原因になってしまう方がいても不思議ではありません。

加齢

女性もシニアになると、多くの方は髪が薄くなります。若い時には黒々とした髪が重たく見えるくらいにあった方も、還暦、あるいはもっと上の年齢になると、その髪の重みは感じなくなっている方が多いです。頭皮がはっきりと見えるようになっている方も珍しくなりません。

若年性脱毛症 女性

もちろん、今はとても自然に見える女性用ウィッグやカツラがあります。ですから、キレイなヘアスタイルを維持しているシニアの方々も多いです。

今すぐ始める更年期の薄毛対策(関連記事)

毛穴のつまり

1日中素敵なヘアスチルをキープするために、整髪剤をスプレーしたり、つけたりしている時間が長くなっていませんか? その整髪剤がついた髪のまま、髪の毛を洗わないで、眠ってしまうことはありませんか?そのようなことが続くと毛穴がつまってしまいます

その他にも、体質に合っていないシャンプーを使っていたり、トリートメント剤などの間違った使い方をしていたりしても、毛穴をつまらせてしまうことがあります。これが、女性型脱毛症を進ませてしまいます。

髪をポニーテールなどにしてひっぱる

長期に渡って髪をポニーテールなどにしていると、額の生え際あたりから、髪が薄くなってしまうことは知っているでしょう。バレエダンサーや、体操、シンクロナイズドスイミングなど、髪をアップにする必要がある方もいるでしょう。

若年性脱毛症 女性

しかし、長期間髪を引っ張っていると、頭皮によけいな負担を与えてしまい、女性型脱毛症を促進していしまいます。

過度なダイエット、長期に渡るダイエット

オシャレに敏感な若い女性の過度なダイエット、長期に渡るダイエットは栄養不足になりやすいです。栄養不足になると、血行が悪くなります

もちろん、頭皮の血行も悪くなります。それにより、髪は抜け落ちやすくなります。ダイエットにより、髪の艶も悪くなります。度を越したダイエットは女性型脱毛症を促進してしまいます。

睡眠不足

長期的に睡眠不足が続くと、体調が悪くなります。病気にもなりやすくなります。また、睡眠不足という状態そのものが、イライラの原因になったりします。

ストレスがたまりやすくなります。新陳代謝が活発になるはずの夜睡眠時間に充分に睡眠時間をとらないと、体調をくずし、髪が抜けやすくなります

育毛剤を使った育毛ケア

残念ながら女性型脱毛症に気が付いてしまった場合、すぐに育毛ケアをはじめましょう。とにかく少しでもはやいほうがよいです。それ以上、脱毛症を進ませないようにすることがとても大切です。自分にあった育毛剤を使って、育毛ケアを始めましょう。

ただし、男性用の育毛剤ではいけません。今は女性用に開発された、女性型脱毛症に効果のある育毛剤があります。絶対にそれを使いましょう。

女性育毛剤にはスプレータイプの物や、少しずつ頭皮に注げるようになっている物などがあります。

育毛剤の使い方

まず、女性用育毛剤を使い始めたら、しばらく使ってみないといけません。髪はすぐに伸びるわけではありませんので、ほんの数週間使ったくらいでは効果は感じられないで しょう。3ヶ月くらいは使ってみるつもりで、正しく使ってみましょう

清潔な頭皮に育毛剤をつける

毛穴が汗やほこりで汚れていては育毛剤の有効成分が頭皮に作用しにくいです。清潔な頭皮に育毛剤をつけましょう。

マッサージをする

マッサージの仕方はその育毛剤の用法に書いてあれば、それに従うのがベストです。マッサージをしながら、育毛剤が全体に行き渡るようにしましょう

女性型脱毛症の場合、どこか一箇所だけが薄毛になるのではなく、全体的に薄くなる場合が多いです。ですから、育毛剤は頭皮全体に行くようにマッサージしましょう。

若年性脱毛症 女性

マッサージの時、必要以上に力を入れないようにしましょう。せっかく育毛剤を使って育毛ケアをしているのに、強い力であまりにも頭皮に刺激を与えると、毛根を傷めてしまうかもしれません。

育毛マッサージはやさしく、とんとんという軽いタッチで全体的に育毛剤を行き渡らせましょう。

男性用は絶対NG!間違えない女性用育毛剤の選び方(関連記事)

若いうちからはじめる育毛ケア

女性型脱毛症は思っているよりもずっとはやくからはじまってしまうようです。今の10代は若いうちからパーマをかけたりカラーリングをしたりしています。様々な整髪剤を使い、オシャレな髪形を維持したりしているでしょう。

しかし、それが、とても若いうちから女性型脱毛症を発症させてしまいます。特に女性型脱毛症はどこか一箇所がすごく薄くなるというのではなく、全体的にうすくなります。ですから、いつから薄くなり始めたかということはなかなか気が付かないというのが現実です。

ですから、髪が薄くなってきたのを感じてから育毛ケアを始めるよりも、質の良い女性用育毛剤をはやめに使い始めるのが賢い育毛ケアだと言えます。

ただし、育毛剤は余計な添加物などがたくさん入っていない、高品質の物を使いましょう。慣れると、軽いマッサージがとても気持ちよく感じて習慣になってしまうかもしれません。

5年後、美髪でいられるように、今から育毛ケアを始めましょう。

 

関連記事はこちら

忙しい時こそケアを大切に!女性の抜け毛の原因と対策方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です