ワックスが薄毛の原因に?正しい使い方と選び方などを解説

髪にボリュームがなくなって、てっぺんが薄くなってきた気がする・・・そこで、あーでもないこーでもないと朝から少しでも薄毛が隠せるようにヘアセットしていませんか??

でもそのヘアセット、気をつけないと薄毛を助長しているかもしれませんよ。

今回は、ヘアセットにかかせないワックスと薄毛の関係についてみていくことにしましょう。

ワックスは薄毛の天敵?!

整髪料は髪のセットにはかかせませんよね。毎日使用している方は多いことと思います。整髪料には界面活性剤という成分が入っているのですが、実はこの界面活性剤こそが毛髪を細くしてしまうようです。

また、整髪料は、ゴミやほこりがつきやすくなるだけでなく、整髪料をつけすぎて毛穴をふさいでしまうこともあります。毛穴をふさいでしまうと、髪に栄養がいきわたらなくなってしまいます。

入浴の際には、整髪料を落とすためゴシゴシ力を入れて洗います。しかし洗いすぎは必要な皮脂まで奪ってしまうのです。
以上のことから、ワックスなどの整髪料が原因で薄毛に拍車をかけてしまうことが考えられるのです。

ワックス薄毛画像1

 

整髪料を使用する時の注意

しかしながら、髪の毛もセットしたいし、整髪料を使わないわけにはいかないという人もいることでしょう。私も、髪の毛にはワックスとスプレーをつけないといられません。薄毛に悩む方の整髪料を使用する際の注意点についてみていくことにしましょう。

髪に優しいタイプのものを選ぶ

上記で述べたようにできるだけ整髪剤はつけないほうが良いです。髪になるべくやさしいものを選びましょう。

できるだけ少ない量にしておく。

整髪料のつけすぎは厳禁です。髪に直接つけるとつけすぎになってしまうので注意が必要です。いつもいく美容院などでつけ方を聞くのもいいですね。

頭皮に付着しないよう気をつける。

頭皮に整髪料がつくと、毛穴を塞いでしまったりとトラブルの原因になります。髪の表面だけ付けるようにします。これも美容院などでアドバイスをもらうといいですよ。

帰宅したらすぐ入浴。

整髪料は、界面活性剤が入っていますから長時間つけると髪にも負担がかかります。朝つけたら必ず入浴し、汚れをしっかり落としましょう。

しっかり汚れは落とすが、ゴシゴシ洗いはダメ!!!

頭皮もしっかり洗いましょう。整髪料を使った場合、1回のシャンプーでは汚れはとれません。指の腹で優しく丁寧に。38℃の温度で短髪でも2~3分洗い流しましょう。

ワックスがダメならどうしたらいいの?

ワックスなどの整髪剤、つけないでいいのならそれにこしたことはありません。ではどうしたらいいのでしょうか。実は髪が薄い人は髪の毛を伸ばしがち。ここは思い切って短く切りましょう。

短く切ることで、髪のお手入れやスタイリングもずいぶん楽になりますよ。それでは、どんな髪型がおすすめかご紹介していきますね。

トップは長めだけど横はスッキリ。ソフトモヒカン

髪が全体的に長かった人はこの髪形からチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

トップが少し長めですがサイドが短いのでさわやかな印象です。また、この髪形だと毛先だけにワックスをつけてセットすることができ、ワックスのつけすぎを予防することができます。

坊主より少し長い、オシャレ坊主

若くてまだ坊主頭には抵抗のある人におすすめです。シャンプーも楽ですし、ほとんどワックスなどつける必要がありません。年齢問わずできる髪型ですね!

野球部男子!!スポーツ刈り

野球部の男の子たちがやっているあの髪形、スポーツ刈りです。なかなか抵抗があるかもしれませんが、シャンプーも楽ですし、ワックスも必要ありません。そしてなにより薄毛が気にならない髪型です。

以上がワックスなどを使わなくてすむ、おすすめの髪型です。イメチェンは気分転換にもなりますよ!!是非お試しください!

ワックスの使い方

上記で整髪料を使用する際の注意点について述べましたが、皆さんがよく使用するワックスに絞って使い方を見ていきましょう。

髪に優しいワックスを選びましょう!!

天然成分が高い割合で使用されているものや、髪に対してトリートメント成分が配合されているものもありますよ。

ワックス薄毛画像2

頭皮にはつけない!!

ワックスは毛先だけで髪の毛の根元へつけないようにしましょう。汗で垂れてしまうので、つけすぎにも注意しましょう。まずは、ワックスを手に取り手のひらでのばしてつけるとよいですよ!

シャンプー前はトリートメントを使おう!!

その日の汚れをしっかりとることは大切ですが、シャンプーで髪の毛の洗いすぎは頭皮を傷つけるなどかえって薄毛を助長させることにもつながります。そこで、シャンプー前にトリートメントでもみ洗いすることでワックス特有のギシギシ感をとることができます。

その日の汚れはその日のうちに洗い流そう!!

その日の夜には汚れをしっかり落としましょう。ワックスをつけている時間は短ければ短いほどいいです。帰宅後すぐに入浴する方はよい習慣ですね。
ワックスを長時間つけると、頭皮環境が悪くなるだけでなく、髪の毛も細くなります。

また、枕などに髪がくっついて抜け毛が増えるということも考えられます。ワックスなどの整髪料の使い方をもう一度見直してみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です