抜け毛が気になり出したらAGA(男性型脱毛症)を疑うべき?

抜け毛や薄毛は多くの男性が抱えている悩みで、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

30代後半から40代にかけて進行し始める薄毛の症状ですが、最近では20代の方にも多く見られるようになってきているのです。

今回はそんなAGAについて詳しく解説していきます。

AGAとは?

まずそもそもAGA(男性型脱毛症)とは何かという説明からしていきます。

正式名称はAndrogenetic Alopeciaで、直訳すると「男性ホルモンによる脱毛症」と呼ばれる物です。成人男性の3人に1人がこれに悩んでいるというデータがあります。

AGAは進行性の脱毛症ですので、一度発症したら自然に治る事はありませんし、対策をしないとドンドン薄毛が進行していく事になります。ではそのAGAはどのようにして薄毛を引き起こしているのか、そのメカニズムをご紹介します。ここに男性型とわざわざ男性を強調する理由があります。

まず薄毛に直接関係あるのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。この活性型男性ホルモンは毛母細胞に働きかけて、細胞分裂を食い止める力を持っています。髪の毛は毛母細胞の細胞分裂によって成長していくため、これを妨害されると髪の毛が成長しなくなり、すぐに抜けやすくなってしまうのです。

このDHTは元々体内にあるわけではありません。それだったら世の男性は皆薄毛と言う事になってしまいます。このDHTはテストステロンという男性ホルモンと還元酵素の5αリダクターゼが結びつく事で初めて生成されるのです。

男性の多くに見られるAGAですが、全ての男性が発症するわけではありません。その違いはこの5αリダクターゼが活発に活動できているかどうかで変わってきます。この違いは女性ホルモンが関わっているのです。

女性ホルモンにはこの5αリダクターゼの活動を抑える効果があるため、年齢と共に女性ホルモンが減少しやすい男性の方が薄毛になりやすいのです。そして人によってAGAが発症する年齢に違いがあるのも、この女性ホルモンがいつ減少していくかで変わっているからなのです。

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが頭髪に悪影響を及ぼす様になるからこそ、男性型脱毛症と呼ばれるわけです。

DHTについてはこちらから

AGAの疑いがある抜け毛とは?

抜け毛や薄毛の原因としてよく名前の挙がるAGAですが、他にも薄毛の症状として円形脱毛症というのが有名ですよね。AGAと円形脱毛症は薄毛の症状として似ている部分もあるので、自分の薄毛がAGAかどうかをしっかりと判断できるように、AGAの疑いが強くなる薄毛の特徴をご紹介します。

円形脱毛症についてはこちら

AGAかどうかを判断するポイントは薄毛の症状が表れているのはどこかと言う点です。

まず1つ目はM字はげU字はげなど、前頭部から薄毛が進行する場合です。前から生え際を見た時にそれぞれアルファベットのMやUの形に見える事から名前が付けられていますが、これらの薄毛の進行の仕方というのはAGAの特徴の1つです。

そして2つ目が頭頂部から全体的に広がっていく薄毛の場合です。頭頂部付近からはげが進行し、かっぱの皿のようになってしまうのもAGAの特徴です。

この2つがAGAの症状の代表的な例として挙がりますが、ではなぜこれらが円形脱毛症ではなく、AGAとはっきり言えるのでしょうか。それはAGAのメカニズムが関係しています。

先ほどAGAは男性ホルモンによって発症するという話をしましたよね。そのテストステロンや5αリダクターゼが、前頭部と頭頂部付近にしか存在しないため、AGAの症状はこの2つの部分に表れるのです。AGAは進行性の症状ではありますが、最後までほったらかしにしたからと言って全ての頭髪が無くなるわけではありません後頭部と側頭部は最後まで残りやすいのがAGAの特徴なのです。

前頭部と頭頂部が薄くなってきた場合、これはAGAの可能性が非常に高いので、早めに対策をするようにしましょう。30代後半から発症しやすいと言っても個人差がありますので、自分は若いからまだ関係ないと思わず、次に説明するAGAになりやすい人の特徴に当てはまっていないかチェックしましょう。

AGAの発症パターンと治療法

こんな人は気を付けましょう

ここではAGAになりやすい人はどんな人かと言うのを説明していきます。薄毛の症状と言うのは遺伝が深く関係しているのではと思っている方もいるかもしれませんが、実はそこまで直接的な原因にはならないのです。

もちろん遺伝によって薄毛になりやすい、AGAになりやすい体質は受け継がれる事があります。しかしメカニズムの所で話したように、女性ホルモンが体内に存在して5αリダクターゼの活動を阻止していればAGAは基本的に発症しません。つまり遺伝よりも日々の活動によって直接的な原因を作っているかどうかの方が重要なのです。それでは具体的に人物像を紹介していきましょう。

まず1人目はストレスを溜めやすい人です。薄毛の原因としてよく言われているストレスですが、これはホルモンバランスを乱すだけでなく、血行不良などの原因も含めて薄毛に関わってくると言われています。血行不良と薄毛は実は関係性があります。そもそも髪の毛の成長には栄養が必要で、その栄養は血液から送られてくるためです。なのでホルモンバランスが乱れてAGAの原因であるDHTを作るだけでなく、さらにはその進行をサポートするかのように血行不良まで引き起こすストレスは、非常に薄毛になりやすい原因と言えるでしょう。

2人目は喫煙の習慣がある人です。タバコに含まれている成分の中には血行を悪くする物もあるので、習慣的に吸っている人は薄毛になりやすいと言えます。若い内から吸っている人は特に注意するようにしましょう。

3人目は食事バランスが悪い人です。先ほど髪の毛の成長には栄養が必要と言いましたが、その栄養のほとんどが食事から摂取されます。なので髪の毛の成長に必要な栄養を摂取できていない人は、薄毛になりやすいのです。

他にも睡眠時間が短かったり運動不足だったりと薄毛になりやすい人の特徴はいくつかありますが、基本的に血行不良かどうかが肝になってきます。健康診断で血行に何らかの問題があった方はこれからは薄毛にも気を使う事になる可能性が高いので注意しましょう。

AGAの抜け毛を予防するには

これまでにAGAのメカニズムや原因、なりやすい人の特徴を紹介してきました。最後にAGAの抜け毛を予防する方法をいくつかご紹介します。

まずは先ほど説明した原因を1つ1つ取り除いていきましょう。

1つ目は禁煙ですね。しかしいきなり禁煙をしろと言われても、長年タバコを習慣的に吸ってきた人には無理な話ですよね。そこで無理していきなりもうタバコは吸わないってしても、吸えない事に対してストレスを感じてしまって抜け毛対策になっていないどころかより悪化する原因になりかねません。禁煙する場合は少しずつ減らしていくという長期的な目で対策していきましょう。

2つ目は食生活を見直す事です。バランスの良い食事を摂る事が最も大事ですが、特に髪の毛に必要なのはタンパク質、ビタミン、亜鉛とされています。不足しやすいのは亜鉛ですが、これを多く摂取しようとするとレバーや牡蠣などを毎日食べる必要があり、中々食事では摂りづらい栄養素なのです、サプリメントを活用する事も視野に入れておきましょう。

3つ目はストレス対策です。ストレスは大小差はあれど社会で生活していれば絶対に感じる物です。なので溜めないように、発散する事を心がけましょう。運動をストレス発散の1つにできれば、血行不良対策にもなるのでお勧めです。

他にもAGA対策としては育毛剤を使用するというのも挙げられます。育毛剤と言うと薄毛になり始めてから使う物と思うかもしれませんが、実は予防として使うのが1番効果的なのです。薄毛になり始めてから使うのは発毛剤ですので、育毛剤を買う時には種類に注意しましょう。

AGAの原因は男性ホルモンですが、薄毛になる原因はそれ以外にも多く存在し、日ごろの対策が実は重要になってくるのです。適度な睡眠、適度な運動、バランスの良い食事と健康的な生活を送る事で、AGAに悩まされないようにしていきましょう。

まとめ

  • 成人男性の3人に1人がAGAに悩んでいるというデータがある。
  • AGAかどうかを判断するポイントは薄毛の症状が表れているのはどこかと言う点。
  • 遺伝よりも日々の活動によって直接的な原因を作っているかどうかの方が重要。

 

育毛促進は日々の生活改善から?今日から始める抜け毛対策(関連記事)

健康な生活が抜け毛をなくす!抜け毛の原因と対策(関連記事)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です