M字はげの原因と対策|セルフチェック方法とあわせて解説

頭頂部に10円禿げができたり、全体的に髪の毛が薄くなって頭皮が見えるなど、薄毛や脱毛症の症状というのはかなり種類があります。今回ご紹介するのはその中でも前頭部の薄毛、いわゆるM字はげについてご紹介します。

おでこの左右から生え際が後退していき、真ん中だけ髪の毛が残るためアルファベットのMのように見える事からM字はげと呼ばれる薄毛について詳しく説明いたします。

他の薄毛の症状や脱毛症との違い、それからM字はげに対する対策をいくつかご紹介していきますので、生え際が気になり始めてきた方はぜひこの機会に対策していきましょう!

M字はげの原因は?

まずM字はげの原因を説明いたします。

m字はげ 対策

実はM字はげというのは特殊な脱毛症というわけではなく、AGA(男性型脱毛症)の症状の1つとして認識されています。AGAというのは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変わることで起こる脱毛症です。この5αリダクターゼという酵素は、前頭部と頭頂部に多く存在しているためM字はげという形となって表れることがあるのです。なのでM字はげはAGAと考えてください

ではそのAGAを引き起こす原因は一体何かというと、生活習慣遺伝ストレスではないかと考えられています。

ストレス生活習慣の乱れというのはホルモンバランスの乱れを引き起こしやすいです。基本的に髪の毛の健康をサポートしているのは女性ホルモンなので、男性の方が薄毛になりやすいと言われています。その女性ホルモンが生活習慣の乱れによってさらに少なくなると、当然ながら薄毛になる可能性も高くなります。

また遺伝の場合は先ほど説明した5αリダクターゼがより活発に働き性質を受け継いでいる可能性があります。こちらの場合はこの酵素の活動を抑制するための対策が必要なので、生活習慣の乱れが原因の場合とは少し異なる対策が必要です。

このように原因によって対策が変わってきますので、自分のM字はげの原因はしっかりと把握しておきましょう。

 

M字はげの原因を詳しく解説

M字はげの大まかな原因が分かったところで、さらに詳しい原因を解説していきます。具体的に、どのような原因でM字はげになってしまうのでしょうか。

遺伝

先ほど説明した通りM字はげの主な原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換されること。この男性ホルモンが、毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプターと結びつくことで軟毛化現象が引き起こされます。

軟毛化現象とは、通常は2年~6年程度あるといわれるヘアサイクルの成長期が、数カ月~1年程度に短縮されること。ヘアサイクルの成長期が短縮されることで、髪の毛は太く・長く成長できなくなります。やがては、抜け落ちた髪の毛が生えてこなくなりM字はげとなってしまうのです。(※ヘアサイクルとは髪の毛が生えかわるサイクルです。)

男性ホルモン・テストステロンの分泌量に個人差はそれほどないと考えられています。個人差があるのは、5αリダクターゼの活性とアンドロゲンレセプターの感受性です。これらが高い方はAGA・M字はげを発症しやすいといえます。

5αリダクターゼの活性、アンドロゲンレセプターの感受性は遺伝により決まります。前者は優性遺伝により受け継がれます。つまり、両親のどちらか一方が活性の高い遺伝子を持っているとその体質が遺伝します。後者は両親の一方から受け継がれます。詳細は「こんな人は要注意!」で説明します。

生活習慣

遺伝が大きな影響を与えていることは事実ですが、遺伝だけですべてが決まるわけではありません。生活習慣もM字はげの発症に大きく関わっています。特に、関わりが大きいといわれているのが以下のポイントです。

・乱れた食生活
脂っこい食事は、頭皮の皮脂を増やします。頭皮環境の悪化はAGAの進行を早めます。塩分の多い食事にも注意が必要です。高血圧や動脈硬化により、頭皮の血行が悪くなるからです。栄養を届けにくくなるのでM字はげを進行させる恐れがあります。

・睡眠不足
髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、主に睡眠中に分泌されます。睡眠不足になると、髪の毛の成長は滞りやすくなります。

・喫煙
煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させます。頭皮の血行が悪くなるので、髪の毛に悪影響を与えます。また、喫煙は髪の毛の成長をサポートするビタミンCを破壊します。

・ストレス
過度なストレスが続くと、自律神経のバランスが崩れてしまいます。自律神経の乱れはホルモンバランスなどに影響を与えます。過度なストレスもM字はげやAGAを進行させる要因になります。

以上のほかでは、運動不足やお酒の飲みすぎなどにも注意が必要です。遺伝にこれらの要素が加わることで、AGAやM字はげは発症・進行します。

特徴からM字はげをセルフチェック

明らかなM字はげとは言えないものの、何となく薄くなったように感じている方がいるはずです。あてはまる方は、セルフチェックをすると良いでしょう。

M字はげは「角額の先端と頭頂線の間隔が2㎝を超えていないか」で判断します。角額はいわゆる「そりこみ」部分のこと、頭頂線は頭頂部と耳の穴を結んだ線のことです。この間隔が2㎝を超えている方は「M字はげではない」、2cm以内の方は「M字はげの可能性がある」と考えられます。ただし、結果は絶対的なものではありません。2㎝を超えている方でもM字はげ、AGAということはあり得ます。

AGAで最も典型的なはげ方、M字はげの判断基準は?(関連記事)

M字はげは進行が速い?

気が付いたら言い訳しようがないくらいに綺麗にM字はげになっていることも多いと思います。M字はげはそのせいで進行が速い脱毛症ではと考える人がいますが、これは誤解です。

先ほども説明したようにM字はげはAGAの症状の1つにすぎません。AGA自体は人によって進行の速さが違いますが、M字はげだから薄毛の進行が速いということにはなりません。

ではなぜ急にM字はげになったと気づくのかというと理由は主に2つあります。

1つ目は前髪を下していると中々生え際の変化に気付けないからです。普段から生え際をチェックしている人は中々いないと思います。そのため薄毛の初期症状が出ていても気づけない事が多いのです。

2つ目はそもそも前頭部の生え際は髪の毛が少ないからです。頭頂部付近の髪の毛に比べるとかなり少ないため、ほんの少し抜け毛が増えるだけでも、見た目の変化がより大きく感じられるのが前頭部の生え際というわけです。

なのでM字はげは進行が速いというのではなく、単に元々の髪の毛が少ないから早く進行していると感じやすいだけです。とは言え見た目の変化がはっきりしているからこそ余計に気になってしまうのもM字はげの特徴です。抜け毛が増えてきたなと思ったらまずは生え際をチェックして、どこに症状が現れているのかを探しておきましょう。

こんな人は要注意!

m字はげ 対策

先ほど説明したように、M字はげは中々気づきにくいものです。その上進行が始まったらすぐに見た目に変化が出てしまうので、症状が出てから対策しては遅いのです。そのためにも覚えておいてほしいのが、どんな人がM字はげになりやすいのかという点です。

まず1人目はストレスを抱えている人です。仕事や勉強など、人間関係なんかもストレスの原因になるかと思います。日常的にストレスを感じている人は血行が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れたりと体に様々な悪影響を及ぼします。問題はこのストレスを発散できない人です。溜め込んでしまっている人の方が、M字はげの可能性が高くなります。

2人目は不規則な生活を送っている人です。食生活が偏っていて、髪の毛に必要な栄養を摂取できていないと薄毛になりやすいです。また睡眠に関しても髪の毛の健康には重要です。睡眠不足はストレスの原因にもなりますし、髪の毛の成長を阻害することにもなります。日々の生活の中でもこの2点は髪の毛の健康と特に関わりが深いので注意しましょう。

3人目は母方の祖父がM字はげになっている人です。AGA自体は遺伝でなりやすい体質を受け継ぐことがあると説明しました。この遺伝が受け継がれるのは遺伝子の関係で、母方からと言われています。なので親族の中でも母方の方に注目しましょう。もし薄毛やAGAの人がいれば、将来的にM字はげになる可能性が高くなります。※母方から受け継がれるものと両親から受け継がれるものがあるとする説もあります。

M字はげの対策、オススメ生活改善方法

これまでにM字はげの原因となりやすい人の傾向をお伝えしてきました。ではここからは実際にどのように対策をしていくべきか、特に生活習慣についてご説明します。

M字はげ、AGAには生活習慣が関わっている可能性があるというのはこれまでに何度も説明しましたよね。特に重要なのが食事睡眠です。

m字はげ 対策

食事の場合、髪の毛に必要とされているのがタンパク質ビタミンB亜鉛と言われています。役割的にはタンパク質が髪の毛の元となる成分で、ビタミンBと亜鉛はその髪の毛の生成時に必要なエネルギーだと思ってください。食生活を見直す時は特に亜鉛に注目しましょう。亜鉛は生活している多くの人にとって不足しがちな栄養素と言われているほど、摂取量が足りない事が多いです。大豆だと亜鉛だけでなくタンパク質も一緒に摂取できるので、納豆や豆腐の味噌汁がおすすめですよ。

睡眠に関してはとにかく睡眠時間をしっかりと確保する事です。とは言え社会人の方ですと、仕事で中々睡眠時間を確保できないということもあるでしょう。そういう方は睡眠の質を高めるようにしましょう。方法としては寝る30分前にはテレビやパソコン、スマホの光を見ない、飲食もしないという2点が特に効果的です。理想は1時間前なので、その辺りの時間調整を上手く心がけて質の高い睡眠をしましょう。

他にも運動を日常的にしたり、過度な喫煙や飲酒を控えるなども挙げられます。自分の生活習慣と照らし合わせて、上手くM字はげの対策を行っていきましょう。

毎日のシャンプーも重要な対策

以上の生活習慣に加え重要なのが、毎日のシャンプーです。間違えたシャンプーを繰り返していると、頭皮環境が悪化してM字はげは進行しやすくなります。

シャンプーの基本的なポイントは、スカルプシャンプーなど頭皮環境に優しいシャンプーを使用すること。そのうえで、次のポイントに注意します。

  • 38度程度のぬるま湯を使用する
  • シャンプーを塗布する前にしっかり予洗いする
  • シャンプーは手で泡立ててから頭皮に塗布する
  • 指の腹で頭皮をマッサージするように洗う
  • シャンプーのすすぎ残しがないようにしっかり流す
  • シャンプー後はタオルドライをしてドライヤーで乾かす

以上に注意すれば頭皮環境は整いやすくなります。

M字はげにオススメ!一歩進んだ対策

生活習慣の改善は重要な対策といえますが、それだけでM字はげを改善することは難しいかもしれません。M字はげが気になる方は、次の対策も検討しましょう。

市販の育毛剤

M字はげが気になり始めた方やM字はげを予防したい方などにオススメの対策が市販の育毛剤です。中でも、注目したいのが医薬部外品に分類される育毛剤です。

医薬部外品には、特定の目的に対して効果を認められている成分が一定濃度で配合されています。育毛剤では、「育毛や脱毛の予防」などに効果を認められている成分が配合されていることが多いようです(商品により異なるので効果を確認してからご利用ください)。だから、M字はげが気になり始めた方やM字はげを予防したい方などにオススメです。

ただし、人体に対する作用は緩やかです。M字はげがある程度進行している方などは、他の対策を講じる必要があります。

市販の発毛剤

育毛剤では効果を期待しづらい方にオススメなのが市販の発毛剤です。育毛剤との違いは、その名の通り発毛を期待できることです。現在のところ、市販の発毛剤として大正製薬が発売しているリアップが挙げられます。

リアップに発毛を期待できる理由は有効成分・ミノキシジルを含むから。ミノキシジルには、毛組織の血流を改善させる働き、細胞成長因子の産生を促進する働き、ヘアサイクルの成長期を延長する働きなどがあります。日本皮膚科学会も「行うよう強く勧める」と評価しているので、M字はげが進行している方は対策のひとつとして検討すると良いでしょう。

医療機関で処方されるAGA治療薬

残念ながら、市販の発毛剤だけでは効果を実感できないことがあります。ミノキシジルに、脱毛の根本的な原因である5αリダクターゼを阻害する働きはないからです。この働きを期待できるAGA治療薬が有効成分・フィナステリドを含むプロペシア、有効成分・デュタステリドを含むザガーロなどです。

これらのAGA治療薬は、5αリダクターゼを阻害することでジヒドロテストステロンの産生を阻害します。フィナステリドとデュタステリドの違いは、阻害できる5αリダクターゼの種類です。5αリダクターゼにはAGAに深くかかわっているⅡ型、関わりは浅いと考えられているⅠ型があります。フィナステリドはⅡ型のみ、デュタステリドはⅠ型とⅡ型を阻害します。両者の効果差は分かっていませんが、一般的にはデュタステリドの方が効果は高いといわれています。

医療機関で処方されるAGA治療薬はAGAの原因である5αリダクターゼを阻害できるので、M字はげの有効な対策になります。

M字はげが進行している方は植毛を検討

M字はげが進行していて、AGA治療薬などの効果を期待できない方には植毛がおすすめです。植毛は、ナイロンなどで出来た人工毛を頭皮に植える人工植毛とAGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分(M字部分)に移植する自毛植毛に分かれます。人工植毛は過去にトラブルを起こした例が多いので日本皮膚科学会は「行うべきではない」と評価しています。自毛植毛はAGA治療薬が効かないケースなどで、信頼できる医師が施術を行う場合は「行うように勧める」と評価しています。AGA治療薬の効果を期待できない方などは、自毛植毛を検討すると良いでしょう。

医療機関での治療もおすすめ

M字はげ、AGAというは今では珍しいことではありません。薄毛対策の専門クリニックまでできるほどに、多くの方がM字はげに悩まされているのです。なのでそういった医療機関での治療も、生活習慣の改善と一緒に行うことでより効果的な対策になります。

医療機関での治療は様々な実験によって薄毛が改善された治療法を取っていますので、確実に治せる治療法を求めているなら医療機関を利用しましょう。個人差こそありますが、全く改善の傾向が見られないというのはほとんどありません。M字はげの原因の1つにストレスがあるので、まずは医師の方に相談に乗ってもらうだけでも悩みが軽減されて効果があります。

中央クリニックでは無料カウンセリングを行っています。
優秀なドクターが親身に相談に乗ってくれますよ。ぜひ一度相談してみてください。

薄毛・AGA治療の無料カウンセリングを行なっている中央クリニックの公式サイトはこちら

まとめ

  • M字はげはAGAの症状の一つとして考えられている。
  • 生活習慣の改善が鍵。
  • 確実に治すなら医療機関を利用する。

 

AGAの仕組みについて詳しく知りたい方はこちら。

ヘアサイクルからAGA(男性型脱毛症)の仕組みを解剖!(関連記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です